DMノウハウガイド

【電気業界でのDM事例】DMを活用して2万ドルの契約確定

電気・ガス・熱供給・水道業電気業

電気業者でマーケティングを考えるとなると、新規を獲得することそのものが困難と考えることはありませんか?

実際、電力業界では新規事業者の参入が相次ぎ、利用者はコストやサービスとの兼ね合いなどを考慮することが増え、今まで以上にますますマーケティングが難しくなっています。そこで、事業者ごとに必要なことは、エリアごとにも顧客ニーズに即した施策を展開して、新規顧客を獲得していく必要があるのです。

 

今回は事例も交えて、電気事業でどのようにうまくマーケティングをしていけば良いのかを詳しく解説しています。

【ケンタッキー州の電気事業DM事例】1週間で投資収益が1,000%超え

Lexington Outdoor Lightingは、収益を増やしたいという戦略から、DMマーケティングを始めました。チラシのデザインは次のとおりです。

 

  • 彼らが照明を設置した家の写真
  • 読者に彼らの作品を紹介中

 

「確定申告で戻った資金を家への投資に活用する」というターゲットも実行。納税シーズン中に受取人に関連するアイデアを提供することになりました。

 

はがきを使った割引は、受取人が連絡を取るためのインセンティブを生み出します。

明確な行動の呼びかけとし、読者に無料の相談を予約するよう促すことも行いました。

 

彼らは、ケンタッキー州レキシントンとその周辺の郡に住む35万ドル以上の住宅市場価値を持つ住宅所有者、特に、電気技師が過去に多くの仕事を経験した住宅地を対象とし、6,000枚のはがきを郵送しました。

 

結果として、Lexington Outdoor Lightingは、ダイレクトメール広告キャンペーンの後ですぐにはがきを郵送してから1週間後、彼らは21,000ドルの契約を結びました。

この電気サービスはキャンペーンに1,071ドルを費やし、投資収益率は1,960%になったのです。

なぜ1週間で投資収益率を1,960%にあげられたのか

家族経営をしているLexington Outdoor Lightingは、なぜ成果として1週間で1,000%超えさせることができたのでしょうか。

 

大きな理由としては、次の3つが該当します。

 

  • ターゲットの明確化
  • 確定申告という具体的な言葉から使い道の提案
  • 明確な行動を呼びかけることで顧客行動の誘発

 

これらは効果的にDMをマーケティングで活用するときに必要な条件でもあり、多くの企業が実際にできていない部分でもあります。

 

つまり、これらのポイントをうまくDMで活用できたからこそ、今回のDMマーケティングでは大きな成功をおさめることができたのです。どれかひとつでも欠けていたら1週間で1,900%も投資収益をあげることはできなかったでしょう。

 

情報元:PostCard Mania公式サイト

【ターゲットを明確化!】MAを活用してデジタルにDMマーケティング

MA(マーケティングオートメーション)を知っていますか?

 

マーケティングオートメーションとは、収益の向上を目的として、マーケティング活動の自動化をするツールのことで、大きな導入メリットとしては

 

  • 顧客の動きがわかるようになること
  • 見込み顧客も含めたひとりひとりの興味・関心に合わせてPRがしやすくなる

 

などがあります。

 

つまり、MAを活用することで顧客の動きが明確になり、それだけマーケティングを行うことへのハードルが下がり、効率よく販促活動を行えるということなのです。

 

MAツールと相性が良いといわれているマーケティングは、コンテンツやテレマーケティングですが、DMでも大きな成果を発揮しやすくしてくれるため、電気事業でDMマーケティングをするときは、MAを活用してみましょう。

 

では、実際にこのMAを活用してどんな成功をあげられたのでしょうか。

 

  • BtoBのビジネスにMAの導入・加盟申し込み率を40%増加
  • BtoCのビジネスにMAの導入・転職成功率は昨年対比170%へ増加

 

これらはSNSマーケティングや、コンテンツを活用していますが、明確なターゲットやタイミングを理解しているからこそ、これほどの大きな成果を生み出せています。

つまりDMマーケティングで活用することにより、完成度の高いDMが作れるということになるのです。

まとめ

電気事業において、マーケティングを行うとなると、同業他社のハードルも高く見込み顧客にサービスを理解、利用してもらうまでの道のりも長いことが多くなります。

 

だからこそ、MAを活用して顧客を扱うことへのハードルを下げ、できるだけスムーズにマーケティングを行うことが電気事業においてのマーケティング方法のひとつなのです。

もし今、マーケティングに困っているならまずはMAを活用して事業においての顧客、見込み顧客のリスト作成から始めてみませんか?

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら