費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

集客アップのチラシ作成にはフォント選びが重要!おすすめ5つと注意点

 

チラシをポスティングしていても目を惹くデザインでなければ集客率のアップは見込めません。「見てもらえないチラシ」を、「店舗に行きたくなるチラシ」「問い合わせをしたくなるチラシ」にするには、フォント選びが重要です。

 

反響率を上げるチラシにするためのフォントはおすすめを知るだけでなく、フォントが与える印象や、効果を出せるターゲットを絞っておく必要があります。他のチラシとは一味違うフォントを使う方法を知っているだけで、時間とコストを削減して効果的なチラシが作成できます。

 

見てもらえるチラシにするために…フォントのおすすめ活用法や注意点

23001784 1 - 集客アップのチラシ作成にはフォント選びが重要!おすすめ5つと注意点

 

反響率が上がるチラシを作るためにはフォントの選び方や使い方が重要です。フォントを使う上での注意点を知っておくと、さらに見やすいチラシが作成できます。

 

フォントの印象を知っておく

 

女性らしい印象を与えるものやかしこまった雰囲気、少し砕けた雰囲気などフォントごとに読者に与える印象が変わります。チラシを作成するさいのフォントはおすすめの上位から選ぶのではなく、売りたいサービスのターゲットに合わせるのが大切です。

 

フォントを選ぶ前にはターゲットを決めておきましょう。

 

・性別

・年代

・売りたいサービスや商品の特徴

・何に困っている人か、何を改善したいと思っているか

 

上記のような項目をできるだけ細かく設定していくと、ターゲットにおすすめのフォントが決定できます。

 

太さと大きさを工夫して注目度アップ

 

フォントが決まったら、次はレイアウトです。どこに何を記載するのかを決めます。そのときに重要なのがフォントの太さや大きさを変えて読者の目を惹きやすくすることです。タイトルは他の文字よりも大きくします。

 

例えば、「0歳から始める英語学習」というタイトルであれば、「0歳」の部分を太字にして0歳の子どもを持つ保護者をターゲットにしてみると良いでしょう。期日や効果を実感した人のデータなど数字の情報は目立たせると効果が高いです。

 

【注意点】複数のフォントを混ぜない

 

パソコンに入っているフォントはたくさんあり、ネット上を探すとオリジナルの魅力的なフォントもたくさん発見できます。どのフォントにしようか迷ったときに複数のフォントを1枚のチラシに混ぜるのはNGです。まとまりがなく、伝えたいことが伝わらないチラシになってしまいます。

 

また、チラシを何度か作成してポスティングする場合は、フォントの印象を大きく変えないことが重要です。毎回印象が全く違うフォントを使用すると、同じ企業のチラシだと思ってもらえない場合があるからです。

 

目を惹くチラシ作りのためのフォント5つとおすすめのターゲット

33061bb381d3195067a35dcc6bb17d07 - 集客アップのチラシ作成にはフォント選びが重要!おすすめ5つと注意点

 

チラシ作りのフォントでおすすめのものは5つあります。それぞれの特徴やおすすめのターゲット層を紹介します。

 

①シンプルな「ゴシック体」

 

チラシやweb上の文字でも1番使われることの多い「ゴシック体」は視認性が高く、癖が少ないです。また、太字にすると目立つため、タイトルを際立たせたい場合にもおすすめのフォントです。

 

太字が多いと力強い印象を与えるため、トレーニングジムや男性用の商品など、男性向けの広告を作りたい場合に向いています。細字のままだと柔らかい印象となるため、女性向けの広告に使うと良いでしょう。

 

②知的な印象の「明朝体」

 

縦書きのチラシを作りたい場合のフォントでおすすめなのが「明朝体」です。細字が特徴で文字を小さくしても読みやすいです。知的な印象を与えるため、女性向けのチラシに向いています。

 

ただし、視認性はあまりよくないので、

 

・チラシに写真を入れる

・文字が少ない広告

 

を作るようにすると効果的です。

 

③誰でも見やすい「ユニバーサルデザインフォント」

 

ユニバーサルデザインフォント(UD)はゴシック体と比べると濁点や半濁点の位置が少し離れている特徴があります。1つ1つの文字を判別しやすいので、高齢の方や目の不自由な方でも読みやすいチラシが作れます。

 

・新しく開設した病院やクリニック

・整体院

・介護サービスや介護用品

 

などのチラシを作成する場合は文字をたくさん入れすぎずにユニバーサルデザインフォントを使うのがおすすめです。

 

④おしゃれな「redlightscriptfreedemo」

 

「redlightscriptfreedemo」は公式サイトから無料でダウンロードして使うフォントです。手書き風のブラシフォントなので、若い世代や女性向けの広告にオススメです。アルファベットと数字のみの対応なので、英語表記のお店やキャッチフレーズを表現するときに使うと良いでしょう。

 

シンプルなデザインのチラシにも映えるフォントなので、挿入する写真や画像で勝負したい場合にも最適です。

 

参考:FDR.「RedlightScriptFreeDemo」

 

⑤力強い印象を与える「闘龍書体」

 

闘龍書体はモリサワフォントが発売している製品に収録されているフォントです。力強い筆文字が強いインパクトを与えるため、男性をターゲットにするチラシで使うのがオススメです。また、武道教室の案内や居酒屋など力強さをアピールしたい場合にも最適です。

 

参考:モリサワ「闘龍」

 

印象的なチラシを作る!一味違うフォントを選ぶおすすめの方法

a7809c0bdc0622def507eabe636f0c09 - 集客アップのチラシ作成にはフォント選びが重要!おすすめ5つと注意点

 

印象的なチラシを作るためには、パソコンのデフォルトのフォント以外からも選ぶ必要があります。無料で使える方法や有料で質の良いフォントを選ぶ方法があります。

 

フリーフォントをダウンロードする

 

現在作成しているチラシがあって、フォントだけをオリジナリティのあるものにしたい場合のおすすめはフリーフォントのダウンロードです。手書きフォントやシンプルで見やすいフォントを選ぶと良いでしょう。

 

フリーフォント利用時は商用利用が可能かどうかの確認をします。商標登録はNGの場合が多いため、チラシの作成のみに使いましょう。チラシを作るさいのフリーフォントのおすすめは以下の3つです。

 

・コーポレートロゴ

・藍原筆文字楷書

・機械彫刻用標準書体M

 

チラシ作成サイトやソフトを使う

 

チラシ作成を行うためのサイトやソフトには、個性的なフォントが用意されています。「designAC」や「canva」は種類豊富なフォントだけでなくチラシのテンプレートを利用できます。無料でも使える素材があるので、コストをかけたくない場合にはオススメです。

 

いちからチラシのデザインを作りたい場合は、プロも使っているイラストレーターを使いましょう。イラストレーターは有料ですが、自由度と画像の解像度が高いです。チラシだけでなく、顧客に配るハガキや店舗のポスターなども作成できます。

 

まとめ

 

反響率を上げるには、チラシのフォント選びが重要です。おすすめのフォントは5つあり、それぞれの印象や向いているターゲット層をおさえておくとフォント選びが楽になります。チラシに使うフォントのおすすめを知るだけでなく、文字の大きさや太さを変えることや複数のフォントを混ぜないようにすると、顧客に見てもらえるようになります。

 

印象的なフォントを使うためには、フリーフォントやチラシ作成サイト、ソフトを使うのがオススメです。売りたいサービスや商品に合ったフォントを見つけると、集客率アップに繋がります。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら