費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

ポスティングで失敗しないために|失敗事例や効果の出る方法を解説

「ポスティングしたけどなかなか効果が出ない」「ポスティングでクレームが来てしまった」こんな悩みをお持ちではないでしょうか。ポスティングの効果は、ただチラシを配るだけでは得ることができません。

 

では、効率のよいポスティングのためにどのような工夫をするべきでしょうか。

 

今回は、ポスティングを失敗しないためにはどうするべきか、失敗事例や対策について紹介します。ポスティングのコツを知って、売り上げアップにつなげましょう!

 

ポスティングの失敗事例と対処方法|事前に知って防止しよう!  

70bf50a106beab983f9b6e72c6c24ee7 - ポスティングで失敗しないために|失敗事例や効果の出る方法を解説

ポスティングの失敗事例を知っておくことで、事前に失敗を防ぐことにつながります。失敗事例と対策について説明します。

 

配布禁止の住居だった 

 

ポスティングの失敗事例で最も多いのが、配布禁止の住居へ投函してトラブルになってしまうことです。「チラシ不要」の文字が書かれているポストに配布してしまうと、クレームにつながる可能性が高いです。

 

夜間のポスティングは「不要」の貼り紙や文字が目立たず見落としてしまうこともあるので注意するか、素人であれば夜間のポスティングを避けましょう。

 

複数のチラシを配布してしまった

 

ポスティングをスタッフ間で手分けして行う際に起こりがちなポスティングの失敗として、チラシを複数配布してしまう例があります。手分けする場合は、配布場所が同じにならないように範囲をしっかり分けましょう。

 

このような失敗を起こさないために、GPSも活用している会社もあるので、こういった業者を選ぶのも成功するためのポイントです。

 

チラシが濡れていた

 

雨の日にポスティングを行ったことで、チラシが濡れてしまうことがあります。そして、その塗れたチラシを投函することで、元々ポストにあった郵便物まで塗らし、クレームにつながることもポスティングの失敗事例です。(当たり前ですが・・・)

 

ポスティングは、できる限り雨の日には行わないほうが良いでしょう。雨が降っていると気をつけていても配布物を濡らしてしまうことはよくあります。

 

ポスティングが違法になるケース 

 

ポスティングが違法になるケースもポスティングの失敗といえます。住宅の敷地内にポストがある家へのポスティングは、正当な理由がないのに住居に立ち入ることになり、住居侵入罪に該当してしまう可能性があります。

 

この場合の住居とは、戸建てなどで、そこに至るまでの通路や敷地も該当するので、ポスティングする場合は注意が必要です。ポスティングという行為自体が違法ではなく、無断で敷地内に入ってのポスティングは違法になる場合もあるということを念頭に置いておきましょう。

 

ポスティングで失敗しないためにできること|成果を得る方法とは 

641ef4980c0b87f55ef2a21e81d5d9b4 - ポスティングで失敗しないために|失敗事例や効果の出る方法を解説

ポスティングで効果が出ず、諦めてしまうこともポスティングの失敗です。ポスティングの効果を出すためには何をするべきか解説します。

 

顧客や競合店をリサーチ 

 

ポスティングを失敗しないための顧客を選ぶ方法として、ターゲティングが有効です。ターゲティングとは、顧客のイメージを具体的に絞り込むことです。ピンポイントで具体的な顧客像を想定して、自社がPRしたい商品を「どんな人が求めているか」明確にすることで、より反響率の高いポスティングにつながります。

 

ポスティングを実行するに当たって、商圏(集客できる範囲)を同じくする競合店舗の存在を無視することはできません。ただし、競合店舗のいるエリアにポスティングしても意味がないと決めるのは早計でしょう。

 

圧倒的な差別化ポイントや、競合にはない付加価値をつけることで、競合エリアからも集客できる可能性は大いにあります。(あえて競合エリアを狙う場合もあります)

 

戦略的なエリア選定

 

ポスティングで失敗しないために、戦略的なエリア選定を行いましょう。エリア選定を綿密に行わずに、広範囲のポスティングを行うと、見込み客以外にも配布されてしまいます。その結果、反響率の低下につながってしまうでしょう。

 

配布エリアの選定は、商圏からエリアを絞っていくことから始めます。商圏は、「若い人が多いエリア」「〇〇が多いエリア」など細かく分けることができるので、商圏の中から目的にフィットするエリアを選ぶことが大切です。

 

インパクトのあるチラシを作る 

 

ターゲットにの感性に合わせたデザインのチラシを作ることも、ポスティングを失敗しないためのポイントです。ポスティングのチラシでは、一目で商品の魅力を伝えることが重要なので、キャッチコピーを最も目立つ位置に、紙面全体の3分の1以上のサイズで掲載しましょう。

 

また、キャッチコピー以外にも画像を効果的に使うことで反響を高めることができます。画像は、イラストより写真のほうが効果的だといわれていて、それが顔写真なら顧客からの信頼性や安心感が高まります。

 

参考:J-STAGE「感性工学を用いた食品広告のデザイン分析」

 

ポスティングを失敗しないために|配布会社を選ぶ4つのポイント 

eca88b540c737a97c8ba45dbe1016c16 - ポスティングで失敗しないために|失敗事例や効果の出る方法を解説

ポスティングで効果を得たいなら、配布会社を料金が安いだけで決めてはいけません。料金が安い会社は、人件費や教育コストを抑えて質の悪いポスティングを行っているので高確率で失敗します。

 

配布会社を選ぶポイントを4つ紹介するので、会社選びの参考にしてください。

 

しっかりとしたスタッフの管理体制 

 

ポスティングで失敗しないためには、配布会社におけるスタッフの教育や管理がどのように行われているか知っておくことも大切です。

 

配布スタッフによって、配布の品質に差が出ないようにするためにも、配布マニュアルや注意事項がスタッフに周知されているか確認しておきましょう。

 

配布スタッフをGPS機能付きのスマートフォンで管理することも一般的になってきています。なかには、仕事をさぼって別の場所に移動しているなど問題行動を起こすスタッフも存在するので、GPSで管理すれば、行動の抑止になります。

 

適切なクレーム対応 

 

ポスティングは、クレームが発生しやすい販促方法です。そのため、万が一クレームにつながってしまった場合の対応がきちんとしている会社を選ぶことも、ポスティングを失敗しないためには重要です。

 

クレーム対応をしっかりしているか確認するには、まずはホームページをチェックしてみましょう。クレーム時にどのような対応をとっているか記載している会社もあります。ホームページに記載がなければ、どのようなクレーム対応をしているか発注前に確認してみるのも良いでしょう。

 

反響アップに向けて提案してくれる

 

チラシの投函後、自社で反響の有無をしっかりと分析しつつ、しっかり報告書を提出してくれる会社かどうかも、ポスティング会社選びで失敗しないためのポイントです。報告だけでなく、さらに反響が出る配布方法や、配布エリアの選び方などの提案がある会社は、効果を出しやすい会社といえるでしょう。

 

豊富な実績や信頼に足る証拠があるか 

 

ポスティングで失敗しない業者選びのポイントの一つに、実績があるかどうかがあります。実績が豊富な会社なら、依頼者の希望に合わせた最適なポスティングの提案や、的確な分析も行ってもらえます。ホームページも見せ方にも気配りがありますので、見られ方を意識している企業かどうかも判断できます。

 

また、大手企業が継続的に利用している会社であれば、信頼できる会社である可能性が高いです。大手企業には、販促専門の部署があるので、業者の費用対効果を厳しく行っているためです。

 

まとめ

 

ポスティングの失敗事例から対処の仕方、ポスティングで失敗しないための方法を紹介しました。ポスティングは、失敗しないためのポイントを把握して実践することとで、確実に集客アップできる販促方法です。

 

特に、ポスティングで過去に失敗した経験がある方は、ポスティングの失敗事例を参考に原因を探って対策して少しづつでも反響率を上げていきましょう。より効果的なポスティングをするためには、常に改善点を見つける努力が大切です。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら