費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

新規顧客の集客にはお客様の視点を中心としたチラシ作成やポスティングが大切!

 

ポスティングにおいて成功のカギとなるのは、いかにお客様の視点から考えたチラシを作成できるかによります。

 

どんなにインパクトのある優れたチラシでも、自分の伝えたいことばかりが書かれたチラシではお客様は手に取って見てもらえないだけでなく、お店に行ってみたいとも思ってもらえません。

 

そのためチラシ作成では、お客様がどんな情報を欲しがっているのか、またどんな色合いで内容を書けば見やすいのかを常に考慮することが大切です。

 

新規の顧客を増やしたい場合はポスティングがおすすめ!

3a721faafad84dd9a8e97a111d803c9c - 新規顧客の集客にはお客様の視点を中心としたチラシ作成やポスティングが大切!

 

チラシを作成する前にまずは、ポスティングについての基礎知識を正しく理解しましょう。

 

なぜポスティングがおすすめなのか

 

【直接手に持って見てもらえる確率が高い】

 

ポストは公共料金の請求書なども入っており、一日一回は確認のためポストを見るという人は多く、そのためチラシを手に持ってもらえる確率が高いです。

 

【配布したいエリアを選べる】

 

他の広告手段では配布したいエリアを細かく選ぶことはできませんが、ポスティングでは一軒家とマンションだったり、ファミリーや独身または年代別など、希望するターゲット層が多く住んでいるエリアのみの配布ができます。

 

ポスティングにかかる費用の相場

 

自社でポスティングを行う場合は、主にチラシに使用する紙代やインク代の他に、チラシを配布する人件費などがポスティングにかかる費用ですが、プロの業者に依頼する際にかかる費用の相場は、A4サイズで都内の場合1枚あたり4.2円~7円で他の地域なら4.8円~8円です。

配布方法・配布効率によってチラシ一枚の費用に幅があるため、サービス内容や特徴を考慮してから予算に合う業者を選ぶようにしましょう。

 

ポスティングと相性の良い業種

 

ポスティングと相性が良いのは、ターゲット層とするエリアの範囲内に店舗があるお店はもちろんですが、業種によっても合う合わないが出てきます。

 

・宅配サービス

・塾や教室といった教育関連

・美容や健康関連

・飲食店

 

といった業種がとりわけ相性が良く、反対にポスティングとは相性が良くない業種は、

 

・大型商業施設

・大手スーパーマーケット

・家電量販店

・アパレル店

・インテリア家具店

 

など、特定のユーザーを決めず多くの顧客を集めたい業者で、そういった業者はポスティングよりも、ネット広告など広範囲で伝えられる手段の方が相性がいいでしょう。

 

お客様の視点を中心としたチラシ作成やポスティング方法とは?

f0b2c4b0014454f2c46646c345462ddc - 新規顧客の集客にはお客様の視点を中心としたチラシ作成やポスティングが大切!

 

お客様の視点に合わせたチラシを作成するためには様々な工夫が必要となり、お客様が何を考えているのかを正しく理解することが大切です。

 

手に取って見てもらえるようなチラシ作成

 

【インパクトのあるデザイン】

 

チラシのデザインは、読む気になるかならないかの判断材料になるほど重要なため、インパクトのあるデザインを心がけましょう。またデザインに使用する色は赤や青といった、誰が見ても分かるはっきりとした色を使用するとより効果的です。

 

【レイアウトのバランスを考える】

 

メインで伝えたい文字は大きく、説明文に使用する文字は小さく記載するなど、チラシのレイアウトのバランスを考慮し、読みやすいようにするのがポイントになります。

 

【割引クーポンなどの添付】

 

ただお得な情報を載せているだけでは集客につなげることはできません。「これならちょっと行ってみたいかも」と思ってもらうには、割引クーポンなどを添付するのも1つの有効な方法です。

 

効果を上げるポスティング方法

 

【狙いたいターゲット層を明確に決める】

 

ポスティングの効果を上げるにはターゲット層を明確にすることも含め、事前準備をしっかりと行っておくことが重要になります。チラシを作成する前にまずはどの客層を集客したいのか決めておきましょう。

 

【効率良く回れる配布ルートを確認する】

 

チラシを配布する際に、行ったり来たりするのでは配布に時間がかかってしまい効率が悪いため、最短距離で回れるように配布ルートを確認することが大切です。

 

ポスティングする際の注意点

 

【ポスティング禁止のポストへの投函は絶対にNG】

 

住宅の中には、ポストにチラシを入れるのを禁止しているところもあり、それを無視してチラシを投函してしまった場合、住民とのトラブルを起こしてしまうおそれがあるので絶対にしないようにしましょう。

 

【不法侵入にならないように注意する】

 

ポスティングが許可されていない私有地に入ってしまうと、「不法侵入」になってしまい最悪、罰せられることもあるため注意が必要です。ご心配な方はプロに任せましょう。

 

お客様の視点に合わせたチラシ作成でやってはいけないこと!

4329f65ebd36cee814bcef394341cb6d - 新規顧客の集客にはお客様の視点を中心としたチラシ作成やポスティングが大切!

 

お客様の視点に合わせたチラシを作る際、失敗しないためにもやってはいけないことをしっかりと把握しておきましょう。

 

背景や文字での色の組み合わせ

 

インパクトのあるデザインを考えるあまり、ついつい多くの色を使用してしまいがちになりますが、基本的に使用する色は「3色」までにすることがポイントになります。

 

また使用する3色の配分率は、

 

・ベースとなるカラーが70%

・メインに使用するカラーが25%

・アクセントとなるカラーが5%

 

が、理想的な数字とされているため、チラシを作る際は意識して色を組み合わせるようにしましょう。

 

情報の載せ過ぎに注意!

 

チラシにおいて最も重要なのは「見やすく読みやすい」ことです。そのためあまり多くの情報を載せてしまうとかえって見えづらく、読む気もなくなってしまうおそれがあります。

 

 

載せる情報は少なく、お店にとってコレだけは外せないといった情報だけを記載するようにして、コンパクトにまとめるとお客様の視点から見ても好感を抱かれやすいです。

 

またチラシに載せる情報は、できるだけ他店と差別化できる「このお店を選ぶことのメリット」などを記載するといいでしょう。

 

無理な場合は業者に依頼する

 

チラシ作成やポスティングを行う時間が取れない人や、作業を行う自信のない人は無理して自分でしても、他の作業をすることができずかえって効率が悪いため、自社で行うのが難しい場合は、プロの業者に依頼することも1つの有効な手段になります。

 

プロによるポスティングでは、数多くの実績を活かしたノウハウで、自社で行うよりも高い効果が期待でき、プロの業者に依頼することで空いた時間を違う作業に使え、自動化によってより効率的な運営が可能です。

 

まとめ

 

ポスティングを成功させるには、伝えたい情報だけを載せた「自分視点」でのチラシではなく、お客さまが欲しい情報を載せた「お客様の視点」に合わせたチラシを作成することが大切になります。

 

お客様から見て分かりやすい内容で、読みやすいように背景や文字などのカラーにも気を配り、また行きたいと思ってもらえるようなキャンペーンや、クーポンなどを添付するなどの工夫が必要です。

 

またポスティングにかかる作業を行う時間がない人は、無理をしてまで行う必要はないため、プロの業者に依頼するなど効率良く行える方法を選びましょう。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

まずはお気軽にご相談ください

無料相談・お問い合わせ ノウハウ無料ダウンロード