費用対効果で選ぶオフライン集客

オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

DMで大切なのは「何を届けるか」よりも「誰に届けるか」 460万件以上の法人データベースから 成約確度が高いターゲットリストを作成します

反応しやすいDMを徹底解説!ターゲットが魅力を感じる効果的なDMデザイン

どんなデザインであればターゲットに魅力を感じてもらい、捨てられないDMになるのでしょうか。

本記事では、効果的なDMを作る重要性やポイント、おすすめの工夫などをまとめています。これからターゲットに魅力を感じてもらうデザインを探している方は必見です!

効果的なDMのデザインとは?ターゲットが魅力を感じる作り方

効果的なDMのデザインとは?

 

ターゲットが魅力を感じるDMを作るといわれても、今までのデフォルトの形からどう変えていけばイマイチわからないものです。

ダイレクトメールはそもそも個人や法人に宛てる郵便型の広告、販売促進媒体のことですが、インターネットが普及してきた今、ポピュラーなDMでは少々難しく感じるところもあるようです。

 

DMのデザインを考える重要性はデザインを見たときの印象にある

自社で制作したDMのデザインを客観的に見たことはありますか?

 

そのDMを見たときに、「とっておきたい」と思えるような印象は持つでしょうか。

もちろん制作をした背景を知っているからこそ、捨てたくないと思うでしょう。そういったときは制作背景を知らない顧客を想定して、社内の何も知らない社員に見せてみて下さい。受け取ったときの反応や、見ている時間なども実際に計ってみましょう。

 

DMのデザインは構成要素を踏まえてわかりやすく伝えなくる必要があります。DMを受け取ってすぐに「これはわかりやすい」「捨てたらだめ」と思ってもらえることは、なかなか難しいことです。中身をざっと眺めて3秒程度で捨てるかどうか決められるからこそターゲットにとって、捨てたらだめだと思わせる必要があるのです。

 

デザインからタイミングまで効果的なDMを作るために考えるポイントは3点

効果的なDMを作るために考えるポイントは3点

 

効果的なDMを作るために考えるポイントは3点です。ひとつずつ解説しましょう。

 

【1】効果の測定および改善!DMをマーケティングとして考えよう

DMはマーケティングであり、販売促進媒体です。効果の測定及び改善をする必要があります。

1度送ったら終わらずにそれぞれの目的別、期間、イベントごとにファイリングし、ユーザーの反応を分析しましょう。

反応の是非によっては、デザイン面での改善もし、どんどん変えてみて下さい。

 

初めてDMを送るならバリアブル印刷のDMテストを行ってみましょう。

バリアブルDMとは印刷をするときにひとつひとつデザインを変えられるDMのことで、会員の顧客や見込み顧客へ送る際のDMとしてよく使われています。

 

地域へのDMテストをバリアブルDMで行ってから、DMマーケティングを始めてみると良い結果につながる可能性も広がりますよ。

 

【2】デザイン+送付時期とタイミングを考えてみよう

DMを送付するタイミングや時期を考えて送ってみませんか?

時期によってDMのデザインを変えることも出来ますよね。春であれば若草色や桜色などの「春感」をイメージできるようなデザインや文章を送ることで、DMを見た顧客が捨てずにとっておいてくれる可能性もあります。

 

また、送付時期を顧客によって変えてみるという方法も試してみましょう。

 

普通であればDMを送る頻度はイベントごとや季節ごとなど定期的に送るようにしていますが、適切な期間をあけて再び送るのです。

発送をやめるタイミングの目安は10回DMを送付しても顧客からのレスポンスがないときです。

 

この時期は顧客も「定期的にくるDMが煩わしい」というような状況になっていて、送り続けても開封はおろか、レスポンスもなく、効果はないと言えるでしょう。

 

DMの復帰は2か月後です。2か月という期間は同じDMが届くことに対しての煩わさが多少薄れる頃で、会社を忘れない頃合いでもあるのです。

 

DMとしての効果を高める方法は、デザインを変えることや、内容を詳しく書くということ以外にも、「顧客の反応に合わせてアプローチを変えること」も重要な手法のひとつといえます。

 

【3】キャッチコピーやお知らせしたいことを盛り込もう

開封される、レスポンスをもらえるDMを作るならキャッチコピーで興味を引いてみましょう。

 

ダイレクトメールは、正確に見てもらえるチャンスが2度あることを知っていますか?

 

  1. 最初に宛名を見たとき
  2. 内容を確認するとき

 

いうなればそのときに興味を如何に引き付けるかがポイントなのです。

 

キャッチコピーを作る前に、まずはダイレクトメールを送る相手を絞り込んでからどのようなポイントでアピールをするのかを決めましょう。ターゲットを絞り込む前に伝えたい内容を正確にまとめておくことで、ターゲットに響きやすいアピールができるのです。

また、キャッチコピーを制作する前に、次のフレームにあてはめて考えていくことをおすすめします。

 

  • 何を
  • どのような
  • なぜ

 

顧客・ターゲットにとって、訴求ポイントが書いていないDMをもらっても、何を伝えたいのかイマイチわからなくなります。伝えたいことは顧客目線で伝えることを意識しましょう。そう伝えることによって魅力が伝わりやすくなり、効果的なDMとなるのです。

 

効果的なDMのデザインにおすすめ!企業の個性をターゲットに伝える工夫

【効果的なDMのデザインにおすすめ】企業の個性をターゲットに伝える工夫

 

効果的なDMのデザインを作る上でのおすすめは、企業の個性をターゲットに伝えることです。DMを作る上で意識してしまいがちなことが、「他社との差別化」ですが、自社の個性を表現していますか?

 

他社との差別化を図ることは、顧客を獲得できる効果につながるとは言い切れません。最初から他社との差別化を図るのではなく、自社の個性を表現しましょう。

 

どんなことに意識してデザインを作っていけば良いのでしょうか。まずは次の図を見て下さい。

 

訴求ポイントが正確にわかり、情報がシンプルかつ写真もうまく取り入れているチラシ(DM)と見えますね。

印象に残るDMデザイン

 

何を伝えたいのかがよくわかり、DMの写真だけでもパッと見て印象に残るDMですが、このDMには文字が少ないため、顧客へ向けたPRとしては向いていないともいえるのです。そもそもアクセスの仕方などがいまいちわかりません。

 

この場合は、「パット見て印象に残っても、どこに行けばよいのかわからない」という大きな欠点のあるDMでレスポンスをしたくてもできないDMなのです。

 

では、改善をしたDMをポイントごとに確認していきましょう。

 

【1】メリハリ強く伝えるなら目の流れも意識して反応しやすく

印象に残るDMデザインー2

 

ターゲット(顧客)に伝えたいことや、気付いてほしいことを目立つように表現することがDMをデザインする上でもっとも重要なポイントではありますが、既述の印象に残るDMはメリハリだけ強くわかりにくいといえます。

 

つまり、メリハリをつけた印象のあるDMを作るなら次のポイントも一緒に意識するとターゲットにとってもレスポンスがしやすく、効果のあるDMになるのです。

 

  • 顧客の目の動きを活用し、左上に伝えたいことを持ってきていること
  • 顧客にどんなアクションをしてほしいかを伝えていること
  • 住所を書くだけでなく、誰でもわかるポイントからどれくらいの距離かを書くこと

 

人の目は左上から右下へと自然に移動します。DMもこの動きを活用しましょう。目の流れを無視した要素だと内容が掴みにくくなってしまうため、わかりにくくなります。

まずは顧客に伝えたいこと、どんなアクションをしてほしいのかをまとめておき、左上から順番に配置してみることをおすすめします。

 

【2】アイキャッチを活用してストーリー性を作る

DMやチラシのアイキャッチを活用して、ストーリー性を作ってみて下さい。

DMにアイキャッチ

 

既述のDMでは、アイキャッチの印象も強く自然とどこのDMなのかが理解できます。

紙面に掲載する情報が多くなってしまうと顧客も読みにくくなってしまうため、あらかじめ、どんなDMなのかを写真やアイキャッチを活用して表現してみましょう。

 

【3】個性的!変形サイズのDM

変形サイズDM

 

特に個性を表現したい!というときは変形サイズのDMもおすすめです。変形型のDMはポストの中でも大きな存在感を示します

それぞれ個性が表現されていて、パッとどんな会社、店舗のDMかがわかるメリットがあり、捨てるにはもったいないと思わせる大きなメリットもあるのです。

 

また変形型DMに付加価値をつけておくことで、大きな効果のあるDMとなります。

郵便に出す際は、定型郵便として出すことは出来ないため、定型外郵便で出す必要があるため、その点は要注意です。

 

まとめ|効果的なDMのデザインなら反応しやすいDMにしよう

効果的なDMのデザインなら反応しやすいDMにしよう

 

効果的なDMを作るなら、競合他社との差別化を図るだけではなくまずは顧客が反応しやすいDMを作ることが重要といえるでしょう。

いうなれば、顧客が反応しやすいDMとは差別化を図ることではなく、自社の個性を出したDMや、顧客が反応しやすいDMであるということなのです。

 

DMを作る前に一度、自社のDMを顧客目線で確認してみて下さい。自社作成のDMに何が足りないのか、どんなポイントを足したらよいのかがきっとわかりますよ。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 9:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド