費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

音楽・ピアノ教室で集客したいときにできる|集客のコツとは

 

「ピアノ教室の集客を増やしたいけど方法がわからない」「今のホームページの反響が少ない…」音楽教室の先生や講師で集客のことで悩まれている方は少なくないでしょう。

 

自社のピアノ教室で教えてる内容は良いはずなのに、集客につながらない…実は、最近のお客さんに合った方法でないと集客は難しいかもしれません。

 

今回は、音楽・ピアノ教室で集客を成功させたい人に向けて、うまくいかない理由から集客のコツを紹介します。

 

音楽系の教室で集客がうまくいかないのはなぜ?3つの理由を紹介

23911355 m - 音楽・ピアノ教室で集客したいときにできる|集客のコツとは

 

音楽系の教室で集客がうまくいかないときはどのような原因があるのでしょうか。3つ紹介するので、まずは原因を明らかにしましょう。

 

集客力が低い

 

まず、生徒が集まらない理由を考えたときに、よく勘違いされてしまうのが「レッスンの内容が悪いから?」と考えてしまうことです。指導の内容は大切で、こだわりを持つべきポイントですが、レッスンの内容が良いからといって、そのまま集客につながることはありません。

 

音楽系の教室で集客力が低い場合、音楽教室に通いたい「ターゲット」に自身の教室の存在を知られていない可能性があるので、ターゲットに上手く自身の教室をアピールできる方法を考えましょう。

 

インターネットを活用していない

 

スマートフォンの普及により、最近ではオンラインで音楽系の教室を探す人が増えています。音楽系の教室も例外ではなく、情報収集の方法は日々変化しているので、時代に合わせた情報発信力が効率良い集客のために大切です。

 

ホームページがない教室は、まずホームページを作り、ホームページがスマホに対応していないならスマホでも見れるホームページに作り替えましょう。最近は、インスタやTwitterを活用している教室もあるので、活用すると反響につながります。

 

自社の強みを理解していない

 

音楽関係の教室で集客に悩む方が意外と気づかないことの一つに「自社の強みを理解していないこと」があります。自社の強みをしっかりと把握して、ターゲットにアピールすることで、集客の効果が得られます。

 

では、実際にどうやって自社の強みを理解するかというと、競合他社などライバルを知ることで自社の強みがわかります。

 

「競合他社のチラシを集めて、どんなところをアピールしているのか」「ホームページも隅々までチェック」など行動し、他教室の情報と自社が発信している情報にどんな差があるのかをまずは確認してみてください。

 

音楽系の教室で集客を狙うなら…お客さんがとる行動を予測!

23635291 m - 音楽・ピアノ教室で集客したいときにできる|集客のコツとは

 

お客さんが教室選びでどのような行動をとるのか予測することで、効率の良い集客につなげられます。

 

地域の音楽教室をネットで探す

 

お客さんはまず、地域の音楽教室を探すことから始めます。そのなかでも長く続けたい人や真剣に習いたい人ほど、地域の音楽教室をできるだけたくさん探そうとします。より多くの選択肢から選ぶことで、自分に合った教室が見つかる可能性も高くなるからです。

 

音楽系の教室で集客するなら、チラシやSNSなどで教室の宣伝をして、お客さんの選択肢にまず入ることが大切です。ポスティングなら3km程度が目安。

 

各教室のホームページを比較する

 

気になる音楽教室をある程度絞れたら、お客さんは各教室のホームページで、どんな先生がいるのかや、レッスン費用などについて比較します。

 

ホームページは、お客さんにとってはその教室を表す鏡ともいえます。そのため、「ホームページが見づらい」「ホームページが更新されていない」ような教室であれば、すぐに別の教室のホームページに流れてしまうでしょう。

 

音楽の教室で集客がうまくいかない場合、ホームページがお客さんの目を惹く内容になっていない可能性があります。今一度ホームページの内容も確認しておくと良いですね。

 

良いと思った教室に問い合わせする

 

お客さんは、さまざまな音楽系の教室を比較して検討した後にお問い合わせをするので、お問い合わせがくるということは、集客面では非常に貴重なことです。そのため、お問い合わせをしていただいたお客さんには、なるべく迅速に真摯な態度で対応してその後の入会につなげましょう。

 

お問い合わせが少ない場合は、「認知されていない」または「他の音楽教室のホームページと比較して負けてしまった」可能性が高いので、まず原因を探ることから始めましょう。

 

集客を成功させるホームページとは?伝わりやすいHPのポイント

0f6e3f5c25ec6be3a4aa44956bc2461a - 音楽・ピアノ教室で集客したいときにできる|集客のコツとは

 

ホームページもただ作れば良いというわけではなく、自社の強みをアピールした伝わりやすいホームページにすることで集客効果が得られます。

 

検索上位表示(SEO)対策しよう

 

SEOとは、「検索エンジン最適化」を意味する言葉です。そしてSEO対策は、Googleなどの検索エンジン上で自社サイトを検索上位に表示させることで検索流入を増やすための対策です。

 

検索流入を増やすことで音楽系の教室のホームページ集客が加速し、多くのお客さんを自社サイトに引き込むことができるようになります。最近ではSEO対策を依頼できるホームページの制作会社も増えてきているので、自社対応が難しければ、プロに依頼するのもありですよ。

 

参考:J-STAGE「SEOって何?」

 

デザインで注意すべきポイント

 

音楽系の教室で集客しやすいホームページとは、お客さんや保護者にとって見やすく伝わりやすいホームページです。スマートフォンやタブレットで見てもデザインが崩れないことも大切ですが、デザインにこだわりすぎて表示速度が遅くならないように注意しましょう。

 

そしてピアノ教室を探す方は、男女問わず年齢層も幅広いでしょうから、文字の大きさは誰が見ても見やすいように、また使いやすいホームページを心がけてくださいね。

 

集客に必要なコンテンツとは

 

音楽系の教室のホームページ集客で必要なコンテンツとして、まずは料金表があります。お客さんがピアノ教室を選ぶ判断材料の一つになるので、可能な限り全てのコースを掲載することが重要です。

 

また、講師紹介のページでは、経歴や挨拶文だけでなく講師の顔写真も掲載することで、どのような先生が教えてくれるのかがわかり、安心感につながるでしょう。

 

さらに、可能ならブログページも制作しましょう。ブログページを掲載することで、教室の最新情報やお客さんに有益な情報を発信することもできます。

 

まとめ

 

音楽・ピアノ教室の運営に欠かせない集客の知識や方法について紹介しました。音楽系の教室の集客はいろいろな方法がありますが、インターネットを使用した集客が一般的になっているので、生徒のことを考えた最適な方法で情報を発信してくださいね。

 

音楽教室は、さまざまな人の人生を豊かにすることができます。あなたの持っている音楽の知識や経験を生かしながら効率の良い集客をしてより素敵な教室を作り、社会貢献に役立てましょう!

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら