ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

受け取る人の心に響く、ポスティングチラシの広告表現の基礎知識

受け取る人の心に響く、ポスティングチラシの広告表現の基礎知識

チラシはポストから必ず手に取ってもらえる宣伝媒体

ポスティングは、各家庭のポストに直接チラシ広告を投函するという性質上、ポストから必ず手に取ってもらえる宣伝媒体なのである。しかし、手に取ってもらえる=読んでもらえるということではない。

ほとんどの人は、手に取った瞬間に瞬時に判断し、興味がなければ即ゴミ箱行きとなってしまうのが、実際のところなのである。いかに、手に取った人の心に響くチラシであるのかが、重要なポイントとなるのである。

興味を持ってもらうためには、まずキャッチコピーが鍵

手に取った瞬間に興味を持ってもらうためには、まずキャッチコピーが鍵となる。そもそもキャッチコピーとは、チラシ広告を作る時に、目を引くことを目的として、目立つように大きめに広告表現する文章のことなのである。

ここでは、読む人の心に響くキャッチコピーの基礎知識について、ご紹介しよう。

チラシの本文にいくら良い広告表現がなされていたとしても、キャッチコピーが悪ければ、読んでもらえない確率は非常に高い。キャッチコピーを考える際には、短い文章の中で商品やサービスのアピールポイントを、上手に広告表現しなければならない。

チラシで重視される基礎知識とは、パッと見た瞬間に目を引きとめるということなのである。瞬時にいかにその人の心に響くのかが、鍵となるのである。

読む人の潜在意識に働きかけるキャッチコピーの基礎知識

そもそも人間は、自分に関係のある話題には、脳が反応しやすいという性質があるので、キャッチコピーで「これは自分に関係があることだ」と思わせることなのである。結果、チラシ広告の本文を読んでもらうことができる。

キャッチコピーの基本は、メリットや事実を書くことなのであるが、少しの工夫でほかにはないような、心に響くキャッチコピーにすることができるのである。

目を引くキャッチコピーでよく使われるテクニックのひとつとして、数字の単位を変えて強調するというテクニックがある。例えば、低カロリーの商品をアピールしたい場合には、「1食300Kcalでヘルシー」と書くよりも、「1食のカロリーがおにぎり1個分」と書く方が、明らかに印象に残る。

これは、同じ商品をアピールするにしても、いかに広告表現が重要であるかという実例となる。

また、人間はお得なものに興味を示す。ゆえに、チラシ広告に何らかの付加価値をプラスするというのも、有益な方法となる。例えば、クーポン付のチラシや、サンプル付きのチラシを配布するのである。

ポスティングのメリットとして、新聞の折り込み広告では不可能な、サンプル付きのチラシや小冊子などを、配布することができるという点がある。ポストに投函できるサイズであれば、厚みがあっても、形が変わっていても、配布することが可能なのである。
 
 

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド