費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

地域広告に効果があるのはどの広告・販促方法?エリアマーケティングの手法も解説

 

学童施設やスポーツジムなど地域に住む人を集客するには地域広告が効果的です。しかし、一言で地域広告といっても、さまざまな種類があります。最近では、精度の高い地域指定ができるWeb広告の導入を検討している企業も増えているようですよ。

 

そこで今回は、地域広告におすすめの広告や販促方法についてご紹介したいと思います。また、より反響率をアップさせるには、エリアマーケティングの知識が必要です。地域に密着した自社の商品・サービスのファンを獲得していきましょう。

 

地域広告の効果がアップする3つの広告・販促方法とは?

255db7379a27928278fd987b57e96144 - 地域広告に効果があるのはどの広告・販促方法?エリアマーケティングの手法も解説

 

ではさっそく、地域広告に効果がある広告・販促の方法をみていきましょう。あらかじめエリアを限定しておくことで、効率的な集客が期待できますよ。

 

地域の人が集まる場所でサンプリング

 

サンプリングは、事業所の近くにある、多くの人が行き交う場所でチラシを配布する方法です。通行人に受け取ってもらえれば自社商品やサービスの認知度がアップします。

 

また、性別や年齢などある程度ターゲット層が決まっている場合には、目視の段階で配布する人を選定できることがメリットです。人通りの多さやタイミング、直接手渡すので笑顔や丁寧な挨拶が大切です。

 

特定エリアやターゲットをしぼってポスティング

 

ポスティングは、作成したチラシを住宅のポストに投函する方法です。一度にたくさんのチラシを、確実に情報を届けられます。戸建て住宅やマンションを問わず軒並み配布するよりも、特定のエリアや建物を絞り込んでポスティングをおこなったほうが費用対効果が高くなります。

 

株式会社フィーオブレインでは、マンションや集合住宅に特化したポスティングサービスをおこなっております。膨大なマンションのデータを細分化し、見込み客となるターゲット層に直接アプローチいたします。ぜひ、ご相談くださいませ。

 

目にする頻度が高い交通広告

 

交通広告とは、バス車内に掲載される広告や、駅構内のポスターなど、公共交通機関といった移動性をもつ施設を利用した広告のことです。通勤や通学など普段の移動生活のなかで目にする頻度が高いにもかかわらず、押しつけがましく感じないことが特徴です。

 

掲載場所や移動範囲などエリアの限定性がありますが、幅広い層に認知してもらうことができます。

 

地域広告に欠かせないエリアマーケティングの手法とは?

062a2784f190e20a0d400dab6d817e6c - 地域広告に効果があるのはどの広告・販促方法?エリアマーケティングの手法も解説

 

上記のような地域広告は、エリアを限定して認知度をアップさせることができます。しかし、まずはエリアマーケティングをおこない自社商品やサービスが売れるエリアを絞り込むことが必要です。

 

エリアマーケティングに必要なデータ

 

その地域における自社商品・サービスの市場調査を、エリアマーケティングや商圏分析といいます。次の項目についてひとつひとつ調査をおこないます。

 

・「どんな場所なのか」:

暖かい地域なのか寒い地域なのか、都会なのか田舎なのかなど、

自然環境や周辺環境を調査する。

 

・「どんな人がいるのか」:

政府統計の国勢調査をもとに、地域の人口や世帯数、家族構成、年収などを調査する。

 

・「どんなニーズがあるのか」:

ライフスタイルや価値観、消費動向の特性からどんなニーズがあるのか分析します。

 

・「どんな競合他社がいるのか」:

ライバルの店舗づくりやサービスの内容、営業時間、立地などを調査し、差別化戦略をおこないます。

 

エリア戦略のプロセス

 

エリアの特性や住民、ニーズ、ライバルを把握したら、具体的に次のようにエリア戦略をたてていきます。

 

①地域における自社商品・サービスの強みを明確化する

②ニーズの高いエリアを絞り込む

③地域やターゲットに適した広告方法を選ぶ

④施策の効果を測定して、広告や販促方法の改善を繰り返す

 

エリアマーケティングにおすすめのツール

 

ここではエリアマーケティングに役立つツールをご紹介します。どちらも無料で利用できますよ。

 

・JSTATMAP:

総務省が出している地理情報システム(GIS)で、国税調査による統計データを地図上で見ることができます。

 

・RESAS:

経済産業省と内閣官房が提供している地域経済分析システムで、人口や地域経済構造などから経済状況を把握できます。

 

地域広告にWebを活用すれば精度が高い地域ターゲティングも

330923e99aa380fd4249690460d06506 - 地域広告に効果があるのはどの広告・販促方法?エリアマーケティングの手法も解説

 

最近では、Web広告を導入する企業も増えています。精度が高い地域設定やターゲティングができるので、地域広告に最適ですよ。

 

Web広告はターゲティングに適している?

 

Web広告とは、インターネットを介して掲載される広告のことです。少ない資金で始めることができること、反響が出るまでの期間は早いこと、また施策の効果を測定しやすいことから、多くの企業が導入しています。

 

しかし、なによりも、「どんな人に」「どのタイミングで」「どの広告を」などの設定を細かくできることが大きなメリットです。つまり、地域広告におけるターゲティングの精度をあげることになるのです。

 

地域広告に向いているWeb広告とは?

 

緻密な地域ターゲティングができるWeb広告には、次のようなサービスがあります。

 

・SNS広告:

SNS広告はターゲティングに最適といわれます。とくにFacebook広告やLINE広告は、配信する地域を設定することができます。ユーザーの年代にあわせて、プラットフォームを選ぶことも重要です。

 

・リスティング広告:

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで調べた結果に連動して掲載される広告です。すでにニーズや悩みをイメージできるので、潜在顧客層に直接アプローチできます。広告を配信したいエリア、反対に配信したくないエリアを選ぶことができます。

 

地域ターゲティングには注意点もある?

 

しかし、地域設定は100%の精度ではありません。たとえばGoogle広告の場合、ユーザーの設定や使用しているデバイスなどによってユーザーの位置情報を推定します。そのため、必ずしも指定した地域にいるとは限らないこともあるからです。

 

また、広告サービスによっては、ユーザーのプライバシー保護の観点から、狭いエリアの絞り込みには制限があることもあります。まずはあまりエリアの限定し過ぎないように、効果を測定しながら範囲を決めていくとよいでしょう。

 

まとめ

 

近隣に住んでいる人や、アクセスの機会が多い人をターゲットにした地域広告では、サンプリングやポスティングが効果的です。また、人がよく目にする交通広告も印象に残りやすいですよ。また、より反響率をあげるためには、エリアマーケティングが欠かせません。地域の特徴や人の属性などを調査すると潜在的なニーズを把握することができます。

 

さらに、地域ターゲティングができるWeb広告は費用対効果が高いことがメリットです。効率よく地域広告ができますよ。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら