費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

歯医者さんの集客のコツ!歯科医院として顧客を獲得していく方法とは?

 

「歯医者さんに行く」というのはほとんどの人が経験したことがあるのではないでしょうか?いわゆる歯医者さん=歯科医院は全国の総数ではコンビニエンスストアを上回る数があるのだそうです。

 

日常でよく使う人も多く、街中でも常に見かけるコンビニよりも多いということは、競争率も高いと言えるでしょう。歯医者さんが集客をする時にどんなことに気をつければ良いのか、どのような集客の方法や宣伝の仕方があるのか、ご紹介します。

 

歯医者さんの集客ではどんな人をターゲットにするべき?

ef4a664da8f96fa53ed0d48303e6abf1 - 歯医者さんの集客のコツ!歯科医院として顧客を獲得していく方法とは?

 

どのような職種でも言えますが、その仕事をすることで誰のためになるのか、誰がよろこぶのか…など、需要がどのような人にあるのかを知ると、集客をする際の指標になります。歯医者さんが集客を考えるなら、ターゲットにするべきなのはどんな人でしょうか?

 

歯の不具合を訴えやすい若年層

 

若年層といっても幅がありますが、特に小中学校の児童や生徒くらいの年齢層は歯の不具合を訴えることが多く、また、学校での歯科検診などで判明した虫歯の治療など、歯科医院に行くきっかけが多い年齢層です。

 

・乳歯から永久歯への生え変わり

・虫歯

・過去に治療した虫歯の再治療

 

また、子供のうちにやる人が多い歯科矯正もターゲットの一つと言えるでしょう。

 

歯のケアをしようと考える高齢者層

 

若年層と違って高齢者層は自ら歯のケアを考える人が多い年齢層です。

 

大人になるにつれ、歯そのものの不具合だけではなく、歯茎などをはじめとした口腔内全体の悩みや、部分入れ歯や総入れ歯など、若年層に比べると大掛かりとも言える治療を必要とする人も少なくありません。

 

歯は人間が生きていく上で欠かせない衣食住の「食」に直結するものなので、自分で気づき、自ら歯科医院で悩みを解消しようとする人が多いです。そのような人がいつでも頼れる歯科医院の一つになることができれば集客力も上がるでしょう。

 

老若男女問わず必要な「歯医者さん」

 

上記のように詳細を挙げましたが「歯医者さん」は冒頭にも書いたように行ったことがない人はいないといっても過言ではないでしょう。もし、今まで行ったことがないという人がいたとしても、年齢を重ねれば行く機会も増えてくると思います。

 

老若男女問わず必要な歯科医院ですから歯医者さんの集客のポイントは「歯に何かあったときはあの歯科医院に行けば大丈夫」と思ってもらうことかもしれませんね。

 

歯医者さんの集客アップに欠かせないポイントを押さえておこう

fe4fbc1b6b8747d960051180a2fbbd70 - 歯医者さんの集客のコツ!歯科医院として顧客を獲得していく方法とは?

 

歯医者さんの集客に欠かせない要素とはどんなものでしょうか?歯医者さんをはじめとする「病院」にはやはり「怖い」などのネガティブな要素を感じる人が多くいます。少しでも歯医者さんのイメージをポジティブにする工夫も必要と言えます。

 

歯科医院はなんといっても「清潔感」

 

これは言うまでもないでしょう。清潔感は何よりも大切にするべき事項です。出入り口・待合室・治療場所・治療器具はもちろんのこと、歯科医師をはじめとする歯科医院のスタッフの清潔感も大切ですね。

 

また、心理学的な知識を駆使して、待合室全体の色味にもこだわる歯科医院もあります。そういった清潔感や、心が少しでも安らぐような工夫を色々考えてみるのはとても効果があります。

 

治療内容をきちんと説明してくれる

 

自分が虫歯だとして、何も説明がなく淡々と治療が完了されたらどう思うでしょうか?たとえ虫歯が治ったとしても、「なんか怖い」と思われてしまいます。

 

治療内容をきちんと説明することは患者さんとの信頼にもつながることです。どのような状態で、だから、どのような治療をするのか。治療した後の注意事項は何なのか。医療知識のない人でもわかるように説明することは信頼・安心感につながるのです。

 

予約の取りやすさも大切

 

歯医者さんに行くときの特徴として「予約してから行く」ということがあります。それこそコンビニのように急にふらっと行くところではないのが歯医者さんですね。

 

ですから、予約を取ろうとしてもなかなか電話が繋がらない、ネット予約の仕方が分かりづらい、などがないようにしておきたいところです。

 

歯医者さんが集客するための効果的な宣伝方法とは?おすすめ3選

96681a2580c3e4aba55bee14b75c1f4a - 歯医者さんの集客のコツ!歯科医院として顧客を獲得していく方法とは?

 

歯科医院は現代ではインターネットですぐに調べられるということもありますが、それ以外でも積極的にアピールしていくことは大切です。歯医者さんが集客するならどんな方法があるのでしょうか?

 

歯科医院の近くの人向けに

 

歯医者さんは多くの人が自宅の近所を中心に探します。信頼できる歯医者さんが近くにあるならそれに越したことはありませんよね。歯科医院の近所の人たちをまずはターゲットに宣伝するのがまず第一と言えます。

 

また、職場から近いところを選ぶ人も多いです。会社などが近くにあるなら、その会社全体をターゲットに宣伝するのも良い考え方です。会社帰りにそのままスムーズに歯の治療に行くという人もいますし、休憩時間を使って行くという人もいます。

 

そこで、歯医者さんの集客に効果的なのが「ポスティング」です。一軒家・集合住宅・会社のどれであってもたくさんの人に知ってもらえます。インターネットが普及している現代でもやはり紙媒体での宣伝は一番シンプルに多くの人の目に触れさせることができます。

 

初めて受診する時はポイント

 

初診はいわゆる「リピーター」を作る最大の機会です。もちろん、初診のときだけではありませんが、丁寧かつわかりやすい施術を受けられれば「また何かあったらこの歯科医院にお世話になろう」と思うものです。

 

また、子供の施術の場合なら、一緒に来た保護者の方にも丁寧に説明するなど、信頼を得られれば、その保護者自身が歯に不具合を感じた時に「この歯科医院に行こう」と考えてもらえます。

 

また、現代ではインターネット上でも口コミは拡散されますし、病院や歯科医院のように地域が色濃く関係する業種は「クラスメイトの〇〇ちゃんが行って良かったって言ってたよ」のような形で昔ながらの口コミでもその評判は拡散されるものです。

 

初診が集客に直結するというところは重要視しておいたほうが良いでしょう。

 

SNSも効果的に使う

 

歯科医院はエンターテインメント系の仕事のように派手な内容はなかなか発信できないかもしれませんが、日常の歯科医院内の様子やスタッフのちょっとした話など、発信してみるのもありでしょう。

 

既出の通り歯科医院には治療のイメージなどから「怖い」と思われることも少なくありません。少しでも身近に感じてもらえれば行きやすさにつながります。

 

まとめ

 

歯医者さんの集客についてご紹介しました。口内のトラブルを解消するため、老若男女とわず歯の健康を保つために通うのが歯医者です。つまり、歯医者さんは一般的にいう「病院」と同じなので、やはり「何かあった時に頼れる」という信頼があることが大切です。

 

一つ一つの診療が信頼につながればそれが集客に直結します。しかしそれも、歯科医院の存在を知ってもらうことからはじまります。その第一歩としてポスティングをご検討してみてください。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら