費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

チラシを配布したい方必見!方法や注意点を知ると効果が高まる!

最近ではSNSを使った広告なども多くなってきましたが、まだまだチラシを作成して配布する方法も健在です。チラシといえば新聞を思い浮かべる人が多いと思いますが、ほかにもチラシを配布する方法があります!

 

それぞれの方法にメリットやデメリットがあるので、ご自分のターゲットとする客層にリーチできる方法を選べるようになりたいですね。広告をうまく活用するとビジネスに良い効果が出ることでしょう。

 

チラシを配布する前に作成方法を知っているとスムーズ!

 

なんとなくチラシを作っても思ったようにリーチが伸びない可能性が高いです。チラシを配布する前に作成方法を知っておくと、より効果的な広告になります。

 

チラシ作成で決めておくこと

 

まずは作成するチラシのターゲットを決めます。そのチラシの効果を出したいのが、女性なのか男性なのか、若年層なのかシニア層なのかなどを絞りましょう。その後、デザインを決めていきます。

 

デザインは注意を引きやすい写真やイラストを使ったり、分かりやすいキャッチコピーを載せます。チラシの表面に何を載せるかでお客さんが来店するかどうかが変わってくるというデータもありますので、チラシの表面のデザインは慎重に決めると成功しやすいです。

 

自分でチラシを作る場合

 

デザインを作る場合は、デザイン専用ソフト(AdobeのIllustratorやPhotoshopなど)を使ったり、WordやPowerPointで作成します。最近ではSNS用の投稿を作るアプリなどでもチラシのテンプレートがあり、簡単に作成できます。

 

自分でチラシを作る場合は使う画像が商用に利用しても良いか確かめるようにしましょう。ネットから無断でダウンロードした画像などは著作権に抵触する可能性があります。印刷は自社のプリンターで行ったり、ネット印刷で発注する方法があります。

 

業者にチラシ制作を頼む場合

 

自社でチラシ作成が難しい場合やクオリティの高いチラシを作成したい場合は、チラシ作成の専門業者に頼みましょう。費用はかかりますが、発注するとデザインから印刷まで全て行ってもらえます。

 

発注してからデザインが完成し、修正などを行うのでチラシが出来上がるまでは2〜3週間かかる場合が多いです。地域の印刷会社やネットのチラシ作成会社などを利用する方法があります。

 

参考:プロモーショナル・マーケティング研究「チラシ構成要素が客数変動に及ぼす影響」

 

チラシを配布する5つの方法!特徴やメリット・デメリットとは

チラシを配布する方法には主に5つあります。新聞折込やポスティングなどはよく見かける方法ですが、最近では電子チラシもあります。効果的なチラシを選べるようにそれぞれの特徴を知っておきましょう。

 

①地域性に強みあり「新聞折込チラシ」

 

新聞折込はチラシを配布する方法の中でも、地域性の高いビジネスに強みがあります。オススメのターゲットはシニアや主婦層です。配布エリアを決められるメリットがあります。しかし、新聞を購読していない世帯には見てもらえないデメリットがあります。

 

②各家庭に届く「チラシポスティング」

 

各家庭のポストに直接チラシを入れるポスティングは、配布するエリアや建物を指定でき、いつでも届けられるのがメリットです。ターゲットはファミリー層や単身世帯、高齢者などが中心です。

しかし、配布不可なマンションが増えているので、マンションが多い地域には不向きかもしれません。また、一枚ずつ人の手で入れるため一度に配布するエリアに限りが出てきます。

 

③サンプルも渡せる「街頭手渡し」サンプリング

 

街頭でチラシを配布する方法は、ターゲットを絞れて、サンプルも一緒に手渡せる点がメリットです。ターゲットは通勤している人や学生、買い物客などです。デメリットは一般歩道で配布する場合は警察への許可を取らなければならない点です。

 

④郵便局にお願いする「タウンプラス」

 

日本郵便のDM配達サービスでチラシなどを郵便ポストに配達してもらえます。リーチ率が高く、マンションにも全戸配布できる点がメリットです。顧客リストがない場合や高層マンションに住んでいる人たちをターゲットにできる場合があります。しかしタウンプラスは費用が高く、配達日の指定ができない点がデメリットです。

 

⑤印刷費用が不要の「電子チラシ」

 

印刷費用がかからずネットを通じてチラシを発信できる方法です。若年層の主婦や自分から買い物情報を検索する人をターゲットにできます。チラシをチェックした人数などを数字で見られるメリットがあります。しかし、ネットを使い慣れていないシニア層をターゲットにするのは難しい方法です。

 

自分でチラシを配布する方法はアリ?気をつけるべき点は?

ポスティングでは業者に頼む方法と自分で行う方法があります。チラシを自分で配布する方法をとる場合、気をつけたいポイントがあります。

 

外注費用や手間がかからないのが魅力

 

業者やチラシの配布方法にもよりますが、ポスティングを外注すると一枚あたり4〜10円ほどの費用がかかります。費用が安すぎる業者では、適当に配布されるケースもあります。また、業者にチラシを渡したり、打ち合わせをする手間や時間がかかります。

 

それに対し、自社のスタッフが行う場合はコストカットや時間を節約できます。空いた時間に行えて、自分で歩くことで地域の情報も入手できます。

 

チラシ投函の時間帯に注意

 

自分でチラシを配布するときは時間帯に注意しましょう。日中にポスティングしてしまうと他の郵便物と混ざったり、大量のチラシと共にそのまま捨ててられてしまうケースもあります。よほど興味のあるチラシでなければ見てもらえないのです。

 

チラシを認識してもらう可能性を高めるには、早朝や夕方の時間帯にポスティングすると良いでしょう。郵便受けにチラシや郵便物が溜まっていないと見てもらいやすくなります。しかし、あまり早すぎる時間や深夜などに行うのは迷惑になるので避けましょう。

 

身分証を携帯しよう

 

チラシ配布が初めての場合や初めての地域にポスティングする場合は身分証を必ず携帯しましょう。マンションや集合住宅では見かけない人が歩いていると警戒される場合があります。住民や管理人に声をかけられたときにすぐに名乗れるよう、会社の身分証カードや名刺を持ち歩くと安心です。

 

「チラシお断り」などの表示がある家やマンションなどのポストには配らずに配慮を見せると良いでしょう。

 

まとめ

チラシ広告はブランドを認知してもらうためであったり、購買意欲をかき立てる効果的な宣伝方法です。SNSなどで広告を出す人が増えていますが、実際に手に取れるチラシにも効果があります。チラシを作成する場合はターゲットを絞り、表面のデザインにこだわるようにするとうまくいきやすいです。

 

チラシを配布する方法は5つほどあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。ご自分のターゲットとする層に届くようにチラシの種類を選ぶと良いでしょう。効果的なチラシを作成して、ビジネスを成功させましょう。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 9:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド
無料提案は
こちら