ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

住宅ローン借り換えの販促アイデアにお困りならマンションポスティングがおすすめ

住宅ローン借り換えの販促アイデアにお困りならマンションポスティングがおすすめ

住宅ローンを選ぶ時に金利は大きな注目ポイントとなる。金利が低いほど返済総額を安く抑えることができるからだ。借入額が一千万単位ともなるため、数パーセントの金利の差でも大きな金額となってしまうのである。

金利は金融機関によって違いがある

金利は金融機関によって違いがあり景気に左右されたり経済政策による影響も度々受けるものだ。また変動制や固定制などそれぞれのローン商品の選び方によっても将来的に返済する総額は大きく変わってくる可能性も考えられる。

住宅を購入すればあとはもう毎月決められた金額を返済するだけと考えるのではなく、常に情報に目を配りお得な条件の住宅ローン借り換えについて関心を高く持っている人は少なくないのである。

政治経済などの知識や興味が高い層であればマンションポスティングで投函されるDMにも興味を持って目を通していると考えらえるのである。富裕層は経済的に困っていないのでお得な住宅ローン借り換えには興味をあまり持っていないのではないかと推測するのは間違いである。

潜在ターゲットを絞るという集客効率

富裕層ほどお金の使い方にはこだわりがあったり、節約できる部分は節約するという考えを持っていることは珍しくないのだ。特に住宅ローンのように政治や経済が関わってくるものに関しては基本的な知識をしっかり持ち合わせている場合も少なくない。

居住している住居の価格も全体的に高く、収入が高いことから高額を借り入れることが可能ということを考えれば住宅ローンを提供することによる利益も当然大きくなるということが言えるのだ。住宅ローン借り換えの販促アイデアとして富裕層にターゲットを絞るということは効率の面から見てもおすすめなのである。

さらにマンションポスティングが販促アイデアとして適しているのは、物件によってだいたいの価格を推測しやすいという点にある。新築での販売価格はもちろんのこと、その後の中古価格の推移なども把握することは難しいことではない。高級物件を対象としたマンションポスティングを扱う業者ではエリアや物件ごとの傾向についての知識が豊富である。ある程度の残債想定からセグメントできることが魅力的なのである。

マンションターゲットとなる層とその特徴を認識する

販促アイデアを考える時に欠かせないことは、ターゲットとなる層とその特徴をしっかり認識しておくことである。どのようなエリアに居住し、どのような媒体に興味があるのかということを掴まなければ、販促アイデア自体が素晴らしいものであったとしても徒労に終わってしまうということもあるのだ。

的確な場所と方法を見極めることは販促アイデアを結果に結びつけるための基本である。マンションポスティングはターゲットとしたい層に対して住宅ローン借り換えを効率よく認知させて勧めることができる近道であり、販促アイデアとしてもおすすめの方法なのである。

住宅ローン借り換えに対するマンションポスティングは借り手側の立場に立った販促アイデアが必要

住宅ローン借り換えに対するマンションポスティングは借り手側の立場に立った販促アイデアが必要

住宅を購入した後はローンを毎月返済するだけになりますが、この住宅ローンも定期的な見直しが必要になってくる。年月が経てば、店頭金利の引き下げなど、より有利な商品が登場することもたくさんある。景気が良くなれば金利が上昇し借りる側には負担になるが、逆に景気が悪くなれば金利が低下し借入した時よりも魅力的な商品が登場することもある。

住宅ローンが借入金額が大きいため、金利差がたとえ0.1%であっても支払総額に大きな差が出てしまう。そのため、ローンの期間が多数残っているのであれば、金利の動向からローン商品を乗り換えることも積極的に検討するのが賢い方法である。また、変動型の金利を固定型金利に変えるなど金利タイプを変更する場合もある。残りの返済期間を延ばして毎月の返済額を変動させる場合にも、金利の動向を見て乗り換えを検討することも検討すべきである。

住宅ローン借り換えは新しい金融機関で現在のローン残高を借り入れて現在の銀行の借入を全額返済する方法となる。そのため住宅ローン借り換えの手順は新規で住宅ローンを組む際と全く同じである。変更になるのは住宅の担保状態価値である。最初は新築であったが、築件数を重ねることで担保価値が低くなっていることがあるからである。

分譲マンションは住宅ローン借り換えポスティングの需要ターゲット

分譲マンションでは、間違いなく住宅ローンを組んでいる。そのため住宅ローン借り換えの宣伝広告はマンションポスティングが有効である。それは口コミ効果も高いからである。販促アイデアは、そのマンションの価値や販売価格など情報を収集しないと全戸に対して当てはまらない宣伝になってしまうため、事前の情報収集は重要なのである。

事前調査するのは、現在平均どの程度の住宅ローンが残っているのか、年間どの程度の金利を支払っているのか、金利が安いローンに乗り換えるとどの程度家計の負担を減らすことができるのかである。それに加えて、築年数におけるその分譲マンションの担保価値を見出しておくことである。

指標となるのは下記のように、1棟あたりの専有面積と新築時の売出価格もしくは流通価格でセグメントするのが明確で分かりやすいだろう。ターゲット外のオフィスビルや賃貸などに配布されることはないからである。

分譲マンションは住宅ローン借り換えポスティングの需要ターゲット

そして、具体的な計算をしたうえで、マンション全戸に対して一斉にポスティングを行う。住宅ローン乗り換えは、手続き上面倒なことはあっても、金利が安くなり支払総額を減らすことができるため、メリットはあってもデメリットはないのである。そのため、数回にわたり同一建物にマンションポスティングを繰り返すことが大事である。これは業種が異なる方に住宅ローン借換メリットを伝えるということは、新卒に教えているのと変わらない。思い浮かべてみてください、あなたの部下やスタッフは初めてのことについて一度教えて理解して行動出来るだろうか?きっと浅はかなまま行動するだろう。

その他には、他のマンションの借り換え事例などを掲載することも販促アイデアの一つである。住宅ローン借り換えの際は諸費用もかかるため、諸費用がどの程度かかるのかを明確に記載することも販促アイデアである。これら借り手側の立場に立った広告宣伝をマンションポスティングすることで宣伝効果も高まるのである。企業の認知度を向上させるため複数回にわたって刷り込み効果への投資をもって宣伝することがロングテールで最も大事である。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド