費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

ふるさと納税を広告でPRしよう!メリットやおすすめの宣伝方法

 

応援したい地方自治体に寄付することで、自身の税負担を減らすことができる「ふるさと納税」は、2008年に地方創生の一環で設けられた税制上の仕組みです。

 

各自治体が、ふるさとの魅力を知ってもらい、納税の寄付増加につなげようと宣伝活動に力を入れているなかで、「ふるさと納税を導入してみたけど、効果的にアピールする方法がわからない…」と悩んでいる方も少なくないしょう。

 

今回は、ふるさと・納税を広告を使ってアピールするメリットや宣伝方法について紹介します。広告の内容にいれるべきポイントについても説明しているので、宣伝活動を行う際の参考にしてみてくださいね!

 

ふるさと・納税は広告でアピールしたほうが良い?メリットを紹介

AdobeStock 84405189 1 - ふるさと納税を広告でPRしよう!メリットやおすすめの宣伝方法

 

ふるさと納税を広告でアピールすると、どのようなメリットがあるでしょうか。メリットを3つ紹介します。

 

地域の魅力を知ってもらえる

 

ふるさと納税を広告でアピールすることで、より多くの人に地域の魅力や地場産品について知ってもらうことができます。

 

また、納税者のなかには、納税した地域の詳細を知ろうとしたり、その地域独自の魅力など多面的にリサーチを行う人も多くいます。

 

ふるさと・納税の広告からその土地の新たな魅力に気づいたり、寄付金の使途として自治体が抱える今後の課題を伝えられることもメリットです。

 

商品の購買・観光など行動してもらえる

 

納税者が、その地域の魅力を知ることで「実際に行ってみたい」と考え、観光など行動にうつしてもらえるメリットもあります。

 

または、ふるさと・納税ではないタイミングで、ウェブサイトなどで商品を購入してくれるケースもあります。広告でまずは、納税者に地域の魅力を知ってもらって、行動してもらうことで一人でも多く地域を好きになってもらいましょう。

 

定住人口の増加につなげられる

 

ふるさと納税から地方の自治体を知ることは、納税者に自治体の現状や課題を知ってもらうきっかけにもなります。自治体に興味を持ってくれた人は、地域と多様に関わる「関係人口」となり、多くの自治体が抱える少子高齢化などの課題を解消する担い手不足の一助となってくれるかもしれません。

 

そのように関係人口の創出からゆくゆくは定住人口を創出する可能性もあるというのもメリットです。

 

ふるさと納税で納税した人が将来的に納税した地域に移住した場合には、納税先の地域から手厚いサポートを受けることができる取り組みも実施されていますよ。

 

ふるさと納税の広告に入れるべき!内容の3つのポイント

4078170 m 1 - ふるさと納税を広告でPRしよう!メリットやおすすめの宣伝方法

 

ふるさと納税の広告ではどのような内容を訴求するべきでしょうか。ふるさと納税の広告に盛り込みたい内容のポイントについて紹介します。

 

地域の特徴や課題

 

ふるさと・納税の広告には、自治体の持つ魅力や特色を余すことなく掲載しましょう。位置や一年の気候だけでなく、地場産業や特産物など他の地域にはない魅力を伝えることで、より多くの人に興味を持ってもらえます。

 

さらに、「高齢者の生活環境の改善」や「子育て支援」など地域の課題を共有することで「少しでも助けてあげたい」「なんとかしてあげたい」と思ってもらえる可能性もあるでしょう。

 

寄付に必要な情報を具体的に

 

寄附金額や、申込み期限、どのふるさと納税のサイトを通じて利用できるのかなど、寄付に必要な情報を明記するとともに、返礼品の詳細も具体的に記載しましょう。

 

アピールしたい返礼品がどんな商品か、特産物ならどのような由来があるのかなど簡潔に記載して、ふるさと納税の利用者にまずは読んでもらいます。

 

魅力が伝わるデザインにしたり、作り手の顔写真や想いを伝えるコメントを記載して親しみを持ってもらうこともふるさと・納税の広告を作るポイントです。

 

自治体担当者のコメント

 

「ふるさと納税の寄付を何故募るのか」「どういった自治体を目指したいのか」など、自治体担当者のコメントを掲載することもふるさと・納税の広告に掲載するべきポイントです。

 

自治体がアピールしたい魅力や解決したい課題について、担当者の真摯な想いをこめて伝えることで、読んでいる人の「応援したい」「頑張ってほしい」という気持ちをさらに強めて

くれるでしょう。

 

参考:J-STAGE「ふるさと納税の寄付者の地域貢献に対する意向に関する研究」

 

ふるさと納税の広告を効果的に行うには…おすすめの宣伝方法

4029890 m 1 - ふるさと納税を広告でPRしよう!メリットやおすすめの宣伝方法

 

ふるさと納税が多くの方に利用され、定着してきたことで、地域の魅力を知ってもらい、納税の寄付増加につなげたいと広告に力を入れる自治体も増えてきました。

 

ふるさと納税の広告を効果的に行うためにおすすめの宣伝方法について紹介します。

 

動画を活用する

 

ふるさと・納税の広告では、地域の魅力を知ってもらい、親しみを持ってもらうことが大切です。そのために、動画を活用している自治体も増えてきました。

 

地域の魅力を伝えるには、他地域との差別化が重要ですが、動画は地域ブランディングと相性が良く、より多くの魅力を発信できます。

 

例えば、返礼品が食材であれば、食材が育つまでをストーリー風に紹介したり、調理に慣れない方にもわかりやすいレシピ動画にしてみたりなどの表現を行うと、視聴者に特産品を手に入れた後のイメージを想像してもらいやすくなります。

 

また、返礼品の食材に携わった生産者の想いや、ふるさと納税による自治体の生活の変化を伝えることで視聴者の感情に訴求し、「寄付しよう」という行動につなげやすくなるでしょう。

 

SNS広告を活用する

 

ふるさと・納税の広告にLINEなどSNS広告を活用している自治体もあります。

 

近年のスマートフォン利用者の増加により、年齢を問わず多くの人がSNS広告を目にしているので、年齢、性別や興味関心などのターゲティングを広くして多くの利用者にアピールすることが可能です。

 

ある自治体では、紙媒体の広告では正確な効果がわかりづらいという理由から、SNS広告でふるさと納税のアピールを行ったところ、前年度の1.5倍の寄付金を達成しています。

 

ライセンサーDM

 

弊社のサービスである「ライセンサーDM」は、主要都市の経営者、医者、士業の方へダイレクトにアプローチできるメディアサービスです。

 

主に不動産、自動車、旅行、高級ブランドなど富裕層向けのプロモーションに利用されているので、富裕層に向けたふるさと納税の広告にももちろん対応可能です。

 

無駄打ちせずに広告展開できるので、費用対効果も良いとのお声を広告主様からいただいております。

 

まとめ

 

ふるさと納税を宣伝するメリットやおすすめの宣伝方法について紹介しました。近年のネット環境の普及や技術の発展に伴い、ふるさと納税のPR方法も進化しています。

 

動画を活用することで、多くの伝えたい情報や魅力を発信でき、視聴者の心をつかむことができますよ。

 

また、SNSは、拡散も可能なアピール方法なので、観光地のPRとしてはとても有効です。

 

弊社のライセンサーDMなら、ネットを利用しない人や高齢者にもダイレクトにアピールができるのでふるさと・納税の広告の効果を得たい場合におすすめのサービスです。ふるさと納税を効果的に宣伝して、地域の活性化につなげましょう!

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら