費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

DMで大切なのは「何を届けるか」よりも「誰に届けるか」 460万件以上の法人データベースから 成約確度が高いターゲットリストを作成します

デジタルマーケティングの失敗事例にはどんなものがある?施策成功への3つのポイント

 

昨今のインターネットユーザーの増加により、デジタルマーケティングの重要性が注目されていますよね。ユーザーとの接触機会を増やしてデータを蓄積すれば、ひとりひとりのニーズに合わせた情報を発信することができるからです。

 

しかし、デジタルマーケティングをしても、なかなか売上げにつながらないことも少なくありません。そこで今回は、デジタルマーケティングの失敗事例をあげながら、成功させるための3つのポイントをご紹介したいと思います。

 

とくにSNSやインフルエンサーマーケティングと、コンテンツマーケティング導入をしている人はぜひご参考くださいね。

 

SNS・インフルエンサーマーケティングでよくある失敗事例って?

59db1c2a351171b06840fb3e8b4ce831 - デジタルマーケティングの失敗事例にはどんなものがある?施策成功への3つのポイント

 

SNSマーケティングは、企業がSNSを通して情報を発信してユーザーとのコミュニケーションを測ることができます。そこにインフルエンサーを起用して商品のPRをしてもらえば、より広告感がアップしますよね。しかし、マーケティングにおいて次のような失敗例もありますよ。

 

不快感をあたえて炎上してしまった

 

こちらが意図していなくても、投稿内容がユーザーに不快感をあたえてしまうことがあります。不謹慎な言葉や個人に対する不適切なコメント、男女差別などジェンダー問題にかかわる発言などは、ネット炎上に発展しやすいです。

 

いちど起こってしまった企業への批判や非難は、商品やサービスにも悪いイメージがつくものです。企業内で投稿内容のガイドラインを策定したり、第三者の監視サービスを利用したりしましょう。

 

反響がまったくえられなかった

 

フォロワー数がまったく伸びない、コメントやいいねなどの反響が少ないというのもよくある失敗例です。まずは何のためにSNSマーケティングをするのかはっきりさせましょう。売上げの増加やブランディング、集客など目的によって、適切な投稿内容や投稿頻度が異なるからです。

 

また、SNSといってもさまざまなプラットフォームがあります。それぞれのメディアにあった世界観やユーザー層を意識してコンテンツを作成しましょう。

 

法律に違反してしまった

 

広告に関する規則を守らなかったために、罰金や多額の賠償請求の措置がとられる例もあるようです。最悪の場合には企業活動の停止にまで発展してしまう恐れもあります。次のような法令を順守しなければいけません。

 

・景品表示法:商品やサービスの品質、内容、価格などを偽って表示することを厳しく規制するなど・

 

・薬機法:とくに医薬品や化粧品、健康食品などの宣伝文言は、誇大広告の法令に抵触することが多いです。

 

参考:消費庁「景品表示法」

参考:消費庁「医薬品などの広告規制について」

 

サイト運用・コンテンツマーケティングの失敗事例はどうなの?

27aebe317e2216d5b45cf9963a9be350 - デジタルマーケティングの失敗事例にはどんなものがある?施策成功への3つのポイント

 

つぎに、企業のホームページやブログを運営したり、コンテンツマーケティングをおこなったりするさいの失敗例をみていきましょう。サイトの力をあげるためには長期的な視点も大切です。

 

ターゲットを絞り切れていない

 

ニーズがないターゲットに向けて情報を発信しても反響は得られません。これは、市場分析がうまくできていないことが原因です。性別や年齢、家族構成、収入、職業などのデータをもとに顧客を分類し、どんな人に求められているのか見込み市場を細かく分析しましょう。

 

また、自社商品・サービスのコンセプトを明確にすることも大切です。ライバルの分析をおこない、自社にしかない強みは訴求のポイントになります。

 

サイト構築に予算をかけ過ぎた

 

企業のオウンドメディアを開発するための費用をかけ過ぎるという失敗例も少なくありません。もちろん、運用するにも費用はかかりますから、開発費用と運用費用をわけて予算をたてる必要があります。

 

また、とくにコンテンツマーケティングは短期間で効果を出せる手法ではありません。たとえ量質ともに有益なコンテンツを提供できていても、収益につながるまでに時間がかかることを知っておきましょう。最低でも6カ月は伸び悩み期間があります。

 

マーケティングのスキルが乏しい

 

コンテンツマーケティングの目的は、ユーザーにとって有益な記事を配信することで自社商品・サービスを購入してもらい、さらに自社のファンになってもらうことです。つまり、営業活動をしなくても売れる仕組みをつくることができれば成功といえます。

 

そのためには、ユーザーにも気づいていない課題を発見する力と、顧客の視点になって課題を解決に導く企画力が必要です。

 

デジタルマーケティングの失敗事例からみる成功への3つのポイント

261ca27ff38faa28c518278aa8d22e8b - デジタルマーケティングの失敗事例にはどんなものがある?施策成功への3つのポイント

 

デジタルマーケティングでよくある失敗例を参考に、成功させるための3つのポイントをみていきましょう。デジタルマーケティングだけでなく、従来のマーケティング手法も取り入れてみるとよいですよ。

 

デジタル広告の施策を講じる

 

デジタルマーケティングには、デジタル広告が欠かせません。デジタル広告には次のような種類があります。一般的な広告とは異なり、興味や関心がすでにあるターゲット層にダイレクトにアプローチできることがメリットです。

 

・リスティング広告

・ディスプレイ広告

・リターゲティング広告

・アフィリエイト広告

・タイアップ広告

・動画広告

・SNS広告

 

SEO・MEO対策を徹底する

 

また、デジタルマーケティングには「検索対策」も重要です。SEO対策で検索エンジン最適化をすれば、自社の商品やサービスに興味があるユーザーが検索するKWで、自社サイトを上位表示させることができます。クリック率があがるため、サイトへの流入が増加します。

 

また、地図検索エンジンで上位表示を狙うMEOでは、特定のエリアに興味がある層にアプローチできます。飲食店やサービス業など実店舗を構えている事業所の集客や認知度アップがのぞめます。

 

従来のマーケティング手法も取り入れる

 

デジタルマーケティングが主流になってきたとはいえ、業界・業種によっては従来のマーケティング手法が効果的なこともあります。商圏エリアに絞ってダイレクトに配布できるポスティングなどです。

 

また、最近では、顧客ひとりひとりに向けて内容や配布のタイミングを変えるDMも注目されていますよ。

 

まとめ

 

最近では多くの企業がデジタルマーケティングを導入していますが、なかなか収益につながらないことも少なくありません。これらのマーケティングの失敗事例を参考に成功に導くポイントは3つです。デジタル広告の施策や検索対策をおこなうこと、そして、従来のマーケティング手法も取り入れることです。

 

とくにポスティングやパーソナライズされたDMの配布は、エリアや顧客を限定してアプローチできるマーケティング手法です。

 

弊社フィーオ・ブレインでは、マンション居住者に限定したポスティングサービスや、膨大な法人データベースをもとにしたDMサービスをおこなっております。精度の高いターゲティングをぜひお試しください。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら