ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

サッカースクールの集客は指導計画からヒントを得ることで成功する!?

サッカースクールの集客は指導計画からヒントを得ることで成功する!

集客といっても同じような内容となっていて、欲しい情報がなかったときもあるでしょう。

そういったときは、「方法」を調べるのではなく、「基盤」を知り、集客を実践すると良いのです。

 

本記事では、「不特定多数のジャンルにある塾」の集客ではなく、サッカースクール専門の集客を紹介しています。

読み終わったときに、あなたは集客の基盤を理解した上で、生徒を集めることができるようになりますよ。

うちのサッカースクールだからこそ!という訴求が方法を知る近道!!

塾にはさまざまなタイプや教え方がありますが、それぞれのブランドなるものがあります。

顧客目線で「ここじゃないとだめなんだ!」というような気持ちにさせることが集客の基本でもあるのです。

マーケティングの方法や、考え方をお話する前に、まずは思ってもらうためのコツを紹介します。

 

知名度に依存した集客は失敗する?集客の基盤は生徒(顧客)目線

中には、有名な選手が開くサッカースクールもありますが、有名なのは「選手」だからであり、これはチームで培った技術に対する信頼があるから有名で集客に用いて成功できるのです。

つまり、「有名なチームに所属していたから」というような事実や宣伝文句は、一部に通用はしますが、集客をしたいとなると別の情報でないといけません。

 

集客をするにあたって、必要な情報は次の通りです。

 

  • どんなニーズに応えられるかという情報
  • できることや特徴、競合他スクールとの差となる強み
  • ターゲット

 

つまり、「主観的」な情報は必要なく、サッカースクールとしての必要最低限な情報のみで問題なく、どんな希望をもって、通うことができるのかということがわかれば、情報として揃っていると言えるでしょう。

 

ターゲットとしては次のようなことがあげられます。

サッカースクールの集客ターゲット表

これらのターゲットを明確にしておくことが何よりもまずは重要です。

ひとつずつ解説をしていきましょう。

 

ターゲット1|生徒の年代や性別

年代や性別はターゲットの情報としてはとても大きく分類される情報といえます。

現在、教えられる範囲が子ども向け、もしくは園児や小さい子ども向けであれば低学年向けというような文言が必要となります。

 

また、ここでターゲットとなった年代が大きくなった頃に、同じスクールでそのまま学ぶことができるのかという点でも考慮が必要となります。

 

  • 今後、徐々に年代を増やしていくのか
  • 中学校などの部活にバトンタッチができるようにしていくのか

 

などの考え方となるでしょう。

 

この考え方は指導計画というカテゴリーにも属するため、運営をする前にまとめておくと良いでしょう。

 

ターゲット2|地域

地域というターゲットは、PRをするときに「親近感」をわかせるために重要です。

店舗のマーケティングにおいて、「地域の特性」を理解していない情報をかかれたPRよりも、ある程度地域の特性を理解した内容であり、の地域に住む人にしかわからない」情報をDMやチラシに書いてPRされた場合、「あ!こんなに近いのか!」と理解できますよね。

その瞬間に、情報としての親近感もわき、「先生はあのお宅の人なんだ」という二次的な情報も得られるのです。

 

となると、さまざまな面で、保護者も信頼材料を得ることができるため、集客に対するハードルも低くなります。

 

集客をする際には、地域性の特徴なども交えて明記しておくと良いでしょう。

 

ターゲット3|生徒のサッカー実力

生徒のサッカー実力

実力は他の生徒との平均性を図るためにも大切な情報のひとつと言えるでしょう。

 

例えば、集めた生徒の中に誰よりも実力が高いという子がいたとします。

周りの生徒はそのレベルの高い生徒についていくのに大変です。

サッカースクールの中での士気は上がりますが、ついていくことが大変であるため、中には休んでしまったり、サッカーが苦手となってしまう子も出てくるでしょう。

 

そうならないようにレベル別、最初からレベルを決めて集客をすることで、課題のクリアを図りますよね。

 

子どもたちや生徒の実力(レベル)を図ることでサッカースクールとしての在り方を確立することもできるのです。

つまり、この過程はブランディングもつながっていると言っても過言ではありません。

 

ターゲット4|家庭事情

ここで低学年から中学高校と子どもたちを対象とするのであれば、もしくは大人を対象としても家庭の事情をターゲットに入れておくことで、PR物の文言にも次のようなワードが追加できるのです。

 

  • 子ども向け「家にひとりで留守番をする必要なく学校終わりにそのまま参加できる」
  • 大人向け「子どもも一緒に参加でき、親子でコミュニケーションスキルを図れる」
  • 大人向け「サッカースキルを培いたい方は深夜まで教えられるうちに来ませんか?」
  • 子ども向け「友だちとサッカーをしながら家庭以外の居場所を作れる」

 

など、ほかにも出てくるワードはありますが、顧客目線でさまざまなメリットを話すことができますよね。

こういったことをPR物に明記しておくことは、顧客にとっても良い情報となり、他のスクールとの差を図る判断材料となり得るのです。

 

以上、サッカースクールにおいて必要となりえるターゲットを詳しく解説しました。

スクールによっては必要となる情報は変わってくるでしょう。

サッカースクール運営を成功させるために、選定をしながらどんな集客をするか考えてみることをおすすめします。

 

サッカースクールの集客としておすすめな方法は4種

サッカースクールの集客としておすすめな方法は4種

スクールとしてのおすすめの集客とは、「地域性」においてもローカルにPRを欠かさず行い、WEBやSNSを用いてDMやチラシを見ていない地域の顧客にも、PRをしてみましょう。

 

SNSからの連絡を受けて、生徒になったという事例も少なくはありません。

マーケティングを適した方法で行うことで、効果の期待もできるのです。

ではどのようなマーケティングが、サッカースクールに適しているのかをそれぞれの特徴も交えて解説します。

 

地域の生徒にPRしよう!ポスティングをするDMマーケティング

ポスティングというマーケティング方法は、次の3点をDMで伝えるために最適な方法です。

 

  • 地域の特性を如何に理解しているか
  • 親近感をDMにもたせられるか
  • 丁寧さを表現できるか

 

また、DMはダイレクトメッセージというもので、チラシとはまた少し違う「手紙」のようなものです。

はがきサイズの広告がポストに入っていたことはありませんか?

そのDMは、「近所」や、サッカースクールの顧客としてターゲットとしたい家庭のポストに入れることで、「ダイレクト」に伝えられるというマーケティングです。

 

ネットがあまり得意でない場合や、WEBを持たずにマーケティングを行うときにはおすすめでしょう。

効果測定の方法は、「チラシやDMに番号をふっておき、各家の特徴のメモをとっておく」というものです。

このとき、地域ごとにアルファベットをふっておくと、集計を取るときに楽になります。

 

WEBを用いて知識を発信!コンテンツマーケティング

現在、講師として知識が多いと思う場合にはコンテンツマーケティングもおすすめです。

コンテンツとは、WEBメディア記事などのことで、動画なども含まれます。

このマーケティングを行うことで、間接的にサッカーの「学ぶこと」を提供でき、サッカースクールを開いている広場やグラウンドへ足を運ぶことにもつながるでしょう。

 

いわば知名度を上げることにもつながっているのです。

内容は薄いものだと、あまり意味はなくなるため段階ごとに動画やコンテンツを作り再生数をあげていくことも動画マーケティングとして成り立ちます。

 

コンテンツマーケティングを成功させるコツは「すぐに実践できるか」というところです。

 

SNSを用いてスクールの雰囲気を伝えよう!SNSマーケティング

SNSマーケティングは、年代別によって使い分ける必要があります。

SNSマーケティング

主に50代はFacebookをメインとして利用、20代や30代はInstagram、一部10代はInstagramとありますがTwitterの利用もしています。

 

以上のことから、親子向けであればInstagramやFacebookを用いてPRをしたり、逆に若者向けであればInstagramやTwitterを用いていくことで、ターゲット年代への訴求がしやすくなると考えて良いでしょう。

 

SNSのマーケティングは、フォロワーが多ければ多いほど拡散力も大きくなるため、大変反響率も良いとされるマーケティングですが、専門的な知識も必要となることから、難易度は高めのSNSともされています。

運用をするのであれば「ターゲット」を明確にしていることが重要です。

 

まとめ|集客はターゲットを明確にして行い、効果をあげていく

集客はターゲットを明確にして行い、効果をあげていく

広告商圏のマーケティングを行うということは、集客を効果的に行うということです。

サッカースクールで生徒を集めるには、それぞれのターゲットを明確にする必要があるでしょう。

 

もしあなたが今、集客を行いたい、生徒がほしいと感じるのであれば、指導計画から見直し、どのようなターゲットにサッカーを教えたいかを考えてみると良いのです。

それがターゲットの選定し直しにもつながり、体制を立て直すこともできるでしょう。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド