ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

スクール集客方法で学習塾や子供教室の効果的なマンションポスティングのコツ

スクール集客方法で学習塾や子供教室の効果的なマンションポスティングのコツ

スクール集客を図る上で、チラシポスティングも超有効的

近年は子供向けや社会人向け、定年退職世代向けなど、様々な習い事やスクールがあり、その中で生徒を集めるには宣伝も必要になる中で、新聞折込のチラシは、不特定多数の購読者に広くチラシを届けることができるが、その分非効率になりがちであります。

また、どの地域で反応が良かったか、マンションと一戸建てで反応が違うかどうかなどを調べることが難しい。しかしチラシポスティングは、駅前のマンションを狙ったり、郊外の住宅地を対象にするなど、届ける顧客層を明確に絞って行うことで、ポスティングの効果をハッキリさせることができるのが特徴です。

集客情報をフィードバックすることで一層効率の良いスクール集客の戦略を立てられる

このようなポスティングの効果を狙う場合には、当社のようなチラシポスティングの専門業者を利用するのが良いし、もちろん自分の脚でチラシを配ることもできますが、どうしても配り漏れがでたり、思いのほか時間が掛かって絶妙なタイミングを逃してしまうことがあります。

集客情報をフィードバックすることで一層効率の良いスクール集客の戦略を立てられる

それは、ポスティングには時期が大切だからです。

スクールで集客を狙うならば、春と秋の新しいことを始めようという時期に宣伝をすることで、ポスティングの効果を高めることができます。この点でチラシポスティングの当社では、地域を絞り込んだうえで網羅的に潜在顧客をセグメンテーションしてチラシを配ることができ、時期も指定できるので効果が通常のポスティングより契約率の高い層を釣り上げることが可能です。

チラシを作成する場合には、手に取る人に印象に残るチラシを作ることが必要

極端ではありますが、まったくスクールに興味のない人の気を引き付けるのは難しいかもしれない。すでに興味のある人に、例えば子供をスクールに通わせたいとか、自分のために通いたいという人に、必要な情報を届ければおのずと反響が上がります。ポイントはスクールの理念や学習方針を説明すること。

特に子供を通わせたい親世代は、教育方針に興味があるので、費用がどれくらいかかるか、都合のよい日程に通えるか、習得するまでにどれくらいの時間が見込まれるかなどを、明確にする必要があります。

チラシを作成する場合には、手に取る人に印象に残るチラシを作ることが必要

月額費用が不透明なスクール媒体が多いので明確にしていて分かりやすい所は安心して通いやすい印象を与えやすいです。また、講師の人柄ややる気が伝わることもビジュアルから読み取りやすくするのも重要です。個人事業主であれば、プロが作ったチラシよりも、手書きのイラストチラシのほうがかえって喜ばれることもあるので、テストして良いでしょう。

その他には、月額費用を他校に知られたくない場合、無料の説明会や、無料体験教室、見学会なども集客に効果があります。誰でも、教室の雰囲気を知ってから通いたいと思うことが多いことは間違いないのでイベント形式でアプローチする集客方法として参考にしてほしい。

お客様は興味はあるが、個別に相談に行くことにためらいを感じるという人も意外と多いもの。そういう人のために、定期的にイベントとして、気楽に参加しやすい、集団での説明会や見学会などを開き、チラシで募集することも効果がある戦略にもなります。

学習塾や子供教室のプロモーション手法として、マンションポスティングは有益な方法

学習塾や子供教室のプロモーション手法として、マンションポスティングは有益な方法

人は日常生活で、1日に1回はポストを確認するので、ポスティングした学習塾や子供教室のチラシを、郵便物と一緒に取り出してもらえることが大前提として考えると、もちろん、手に取ってもらえる=読んでもらえるということではないが、新聞定期購読をしていない世帯にも、学習塾や子供教室の存在を知ってもらえる有益な宣伝媒体なのです。

学習塾や子供教室のチラシであれば、単身用マンションは避けるのが基本

習い事の集客では、ファミリー向けマンションを中心に、チラシ広告を投函するようになるのは鉄板の集客戦略です。マンションの場合には、集合ポストになるので、一度にたくさんのチラシを同じ顧客属性にお届けできることができ、集客戦略においても効率が良い特徴でもあります。

ただし、ご自分でやられる場合にはポスティング自体を禁止しているマンションがあったり、管理人が常駐しているマンションの場合には、ポスティングを止められる場合もあるので注意しよう。

集合ポストに、強烈な配布禁止の貼り紙が貼られている場合には、投函はNG

そのような行為はクレームへとつながり、結果、学習塾や子供教室自体の評価を、下げてしまうことになるからである。管理人がいる場合には、声をかけて断りを入れてから、チラシを投函することが、マンションポスティングの基本となります。

学習塾や子供教室は、地域密着型のビジネスとなるので、教室の場所から最低2km圏内にある、マンションや戸建てへのポスティングが効果的となり、エリアによっては最大でも3km程度である。

ターゲットとする地域を絞り込むことが費用対効果を良いポイントとなります。

ポスティングは、同じポストへ2度、3度と、継続することが重要なポイント

実際に、1度のポスティングだけで、反響率を実感するよりも数回実施することでマーケット市場で見えないことが見えてきます。認知促進として教室の存在を知ってもらい、興味をもってもらい、通ってもらうためには、繰り返しチラシ広告を配布するということが重要なのです。

前述したように、ポストから取り出してもらえる=読んでもらえるというわけではない。

ポスティングは、同じポストへ2度、3度と、継続することが重要なポイント

どんなチラシも即ゴミ箱行きになるチラシ広告は、少なくないのが現状なのです。学習塾や子供教室の存在を知ってもらうには、まずチラシを見てもらわなければならない。

見てもらうためには、チラシの内容が重要であり、塾に通わせる年代の子供を持つ親の、心をつかむようなキャッチコピーや書き出しがポイントとなります。

また、ファミリー向けマンション以外では、新興の住宅地は若い家族が多い傾向にあり、ほかの土地から引っ越してきた人も多く、地域の情報にまだ詳しくないという理由から、チラシ広告を見る確率が高く、ポスティングの反響率が良いのです。

時代の商流、英会話集客におけるチラシポスティングでポスティングの効果を最大限に高めよう

時代の商流、英会話集客におけるチラシポスティングでポスティングの効果を最大限に高めよう

英会話の需要は社会のグローバル化とともに非常に高まっている

文部科学省が小学校の英語教育義務化を発表してから、現在小学校では、「外国語活動」として英語が必修化されてます。殆どの小学校では、5年生、6年生の授業の中に英語がデフォルトで組み込まれており、授業では、英語の歌やゲームなども取り入れられています。その新たな制度がもたらす変化は、小学校の英語教育だけにとどまらず中学校や高校、さらには大学受験の英語にまで影響を及ぼしますが、英会話教室が増えているのも理解しやすい状況です。

英会話集客は英会話事業を提供する者にとって関心をもつべき話題の一つです。さて本題に入りますが英会話集客においても、チラシポスティングという昔ながらの方法が、意外にも大きな効果を発揮するのです。ここでは、ポスティングの効果を最大限に高め、英会話集客のチラシポスティングを効率的に行えるオススメの方法を2つ紹介します。

まず一つ目は、チラシの記載事項

英会話に通う人は、講師が外国人なのか日本人なのかをとても気にしています。外国人なら、いきなり英語ばかりに喋ることに抵抗がないよう、日本語でのサポートもできるように記載しておく必要です。

また、日本人であればどれくらい英語を自分が使いこなせて、教室の生徒はどのレベルまで到達することができるのかを具体的にイメージできることを明記するのも必要。その際、顔写真も載せていると安心感が増し、ポスティングの効果を高めることができます。

英会話の需要は社会のグローバル化とともに非常に高まっている

また、英会話集客は入塾を希望する人が問い合わせをした時を逃すわけにはいかない。授業中だと電話が取れない場合も考えられるので、メールアドレスなど他の連絡手段も記載し、問い合わせを受けたらいつまでに返信するかも添えていると、入塾希望者は安心して問い合わせをすることができます。

このように、チラシポスティングはまずチラシの内容がしっかりしていることが大切です。

次のポイントとして、チラシポスティングを行う対象が挙げられる

業者に丸投げで頼むなら任せればいいが、校舎の教室スタッフで行う場合は、小さい子がいそうな家庭と高齢者の家庭に絞ることで、ポスティングの効果と効率を高めることができます。

中学生や高校生は学校の英語の授業が英会話だけでは対応できなくなるため、学習塾に通っていることが多く、英会話集客の対象としてはあまり期待できない。

一方で、外国語習得は小さいころからの積み重ねが重要と言われているため、幼いころから英語を子どもに習わせたいと思っている家庭は非常に多く、そこにチラシを入れれば入塾の絶好の機会となります。また、高齢化に伴って再び様々なことを学びたいという高齢者は非常に多く、その中でも特に人気があるのが実は英会話です。

英会話集客におけるチラシポスティング

子どもがいる家庭か、高齢者がいる家庭かは外から見える遊具や盆栽などの範囲で判断

特に高齢者に対応した教室はまだ少ないため、対応可能であればその旨をはっきり書いてチラシ投函すると良い。もちろん、ポスティング禁止の場所には投函しないことには注意が必要です。

上記のように、チラシの内容とポスティングを行う家庭の精選が英会話集客におけるポスティングの効果を最大限に高められます。

そのために様々な層に対応できるようなプランを教室に設けておくことも重要指標の材料になるので自社のノウハウを蓄積しておくと年間通してのプロモーション戦略を構築しやすいでしょう。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド