ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

不動産集客で意外と知られてない賃貸マンション限定ポスティング

不動産集客で意外と知られてない賃貸マンション限定ポスティング

不動産集客のチラシポスティングについて効果を上げやすい賃貸マンションポスティングの成功方法をピックアップしています。他の媒体よりも有効的で効果的な方法として定期的に採用されている不動産集客方法になるので利用用途に応じて参考にしてください。

不動産集客において賃貸住宅に住んでいる居住者はメインターゲット

不動産業界に入る方々なら納得がいく潜在顧客といえば、やはり持ち家よりも賃貸にお住まいの方にどれだけ自社の広告がリーチできるかというのが第一段階で優先順位の高い課題かと思います。ただし昔ながらの方法で軒並み配布というポスティング方法を現状では何十年もやっている集客方法です。この方法で本当に集客できるんだあれば安い集客方法かと思います。ところが軒並み配布の場合市地域に対して設定数の部数を設けることが多いので実際のリーチ数と統計データによるリーチ数は完全に一致することは絶対にありません。

よって配達会社によって反響の浮き沈みが出てしまうのが避けられないというのがございます。

そこで、今回は当社のディマールのセグメントにて、賃貸マンションをどのようにセグメンテーションしているか、そして実際に当社をご利用している不動産会社がどのような切り口でポスティングされてるかも一部紹介できればと思います。

不動産集客において賃貸住宅に住んでいる居住者はメインターゲット

不動産集客の賃貸マンションセグメント方法について

賃貸マンションの場合には、ポスティング対象となる住宅をセグメントする方法として専有面積から地図上で検索をいたします。対象となる分類する建物としては、「賃貸マンション・アパート・団地・社宅官舎」を賃貸住宅として定義しています。分譲マンションと呼ばれる住宅に関しては除外していますのでご安心ください。

不動産集客の場合賃貸マンションへのポスティングは、実際に販売される不動産の専有面積より小さい面積の賃貸マンションへポスティングすることが最もオーソドックスなポスティングの方法として採用されています。例えば60平米台のファミリーマンションを販売の場合には、55平米以下の賃貸マンションへポスティングする方法を行います。これは販売する面積より大きい面積単位に配っても、当然のことですがわざわざ小さい面積帯の住宅を選んで購入する方はほとんどいないからです。不動産集客での住宅契約率が賃貸の割合が70%を占めていることが多いために賃貸マンションへの限定したポスティングというのは有効的だと判断しています。

不動産集客は賃貸マンションポスティングの優位性が高い

不動産集客のお仕事を請け負いしておりますと色々と集客対象を分けている不動産会社がいらっしゃいます。賃貸住宅の入居募集に社宅官舎限定ポスティングや、ワンルーム限定のポスティングなどです。ワンルーム限定のポスティングは非常に試行錯誤がされて考えられた作戦でした。当社の方で指定市区町村のワンルームの賃貸マンションを算出し、そこから統計データの平均年収を地域別に割り振りしてから、平均年収の高い地域のワンルームマンションのみ限定してポスティングするという方法です。

このように集合住宅をセグメントする場合には、 ある程度のターゲティング層が明確になっていることが集客を勝ち取る重要なポイントです。軒並み配布のようにばらまき型で認知させるような方法も有効な手段ですが、不動産集客の場合軒並み配布で集客できなかった場合、 オフライン広告の紙媒体を使うにはマーケティング戦略なしにはターゲットとなる居住者にチラシ広告をお届けすることは難しいです。

住宅展示場への広告展開においては、賃貸マンションに限定するポスティングをすることで明確に今後住宅を購入検討するであろうターゲット層にチラシ広告をお届けすることが可能になりますので、ばらまき型の方法よりも確度の高い効果的なポスティング方法となります。住宅展示場集客の場合には分譲マンション以外に配ることで新聞折込を取ってない有力な顧客層へのリーチが可能となる方法です。

ポスティングのターゲティング精度の考え方について

紙媒体というのはターゲティングの制度や顧客情報の属性情報が多いほど、よりダイレクトにリーチできることになりますので、同時に一通あたりの配布単価というのは高騰します。より多くのお客様を呼び込むために予算と、にらめっこにはなりますが、潜在顧客となるターゲティング層が明確であればリーチ率が高いオフライン広告で予算を使った方が集客するには一番近道です。また、広告展開をする際は同一時期で実施することを推奨します。同一時期で実施することで相乗効果が生まれますので、反響を取りやすいと言うことになります。

配布する物量設定に関してですが、ポスティングに関しては、最低でも1万部は行っていただいた方が指標が取りやすいです。 チラシ配布するポスティングの部数が少ないほど反響は同時に少なくなりますので予算を見ながら調整していただけると良いと思います。

ポスティングのターゲティング精度の考え方について

不動産集客のチラシ配布戦略のまとめ

不動産集客においては、色々な不動産業者の販売する住宅に分けてセグメントポスティングすることで他社が真似できない広告展開が可能となります。整理しますと広告プロモーションで成果を上げるためには、お届けしてほしい顧客層に対してマッチング率がどれだけ高くチラシ広告を届けられるかが勝敗を分けます。

これは極端な話ですが、全く関係のない方々へチラシをポスティングしても全く関係のない興味のない方々になりますのでそもそも反響以前の問題なわけです。小学生に不動産チラシを渡して渡した反響が取れるでしょうか?違いますよね。誰でもわかってますので、チラシ広告に関わらず、見て欲しい人に見てもらうことが重要なことが伝えられたかと思います。ぜひあなたの広告展開で参考にしてください。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド