費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

飲食店の売上げをアップさせるアイデアとは?考え方や効果的な方法を紹介

 

長引く物価高や感染対策の影響から、多くの飲食店では、売上げアップや集客力の向上に大きな課題を持っています。

 

飲食店の課題を解決するためのアイデアは、さまざまな方法が考えられますが、認知度を高めるポスティングやSNSなど、まずは手広く手法や戦略について検討したうえで自店舗に合う方法を選ぶのが、集客力を上げるためにもおすすめです。

 

今回は、飲食店の売上げアップするアイデアや効果的な集客方法について紹介します。

 

飲食店で売上げアップするアイデアを出す前に|集客の基本を確認

9b39e3ba648a23286ed587188a5897cf - 飲食店の売上げをアップさせるアイデアとは?考え方や効果的な方法を紹介

 

飲食店の売上を上げるためには、集客力を高めることが大前提です。集客の基本について見ていきましょう。

 

売上を構成する要素

 

飲食店の売上は、最も基本的な算出方法だと「売上=来店客数(来店した顧客の人数)×客単価(1回の飲食で顧客が支払う平均金額)」で表されます。

 

飲食店の売上を上げるためには、集客やリピーターを増やす工夫、商品やサービスを見直して客単価を上げることなどの方法がありますが、経営規模や資金力の違いによりどの部分を改善していくべきかが異なります。

 

「曜日によって客数にバラつきがある」「売上げが伸びない」などどの要因によって伸び悩んでいるかを分析して対策を練ることが、飲食店の売上げアップするアイデアを考えるうえでも重要なことです。

 

売上を伸ばすには集客が欠かせない

 

先述したように、飲食店の売上げは、「客数×客単価」で表されるため、売上を伸ばすには

客数か客単価を上げる必要があります。

 

客単価を上げようと無策で値上げすれば、飲食店の客数が減少してしまうリスクを伴います。客単価を下げず客数を増やす「集客」は売上げアップのためのアイデアを出す際にも重要です。

 

「集客」は大きく分けて2種類ある

 

集客とは、自社の商品やサービスの顧客になってくれそうな人を集めて接点を持つことです。

 

一口に集客といっても、見込み客にアプローチしたり、リピーターに常連客になってもらうなどの方法がありますが、大きく分けると「新規顧客を獲得する集客」と「既存顧客に再来店を促す集客」の2種類があります。

 

新規顧客を獲得する方法は、お店の認知度を上げるためにチラシやSNSなどの販促ツールを使う方法が一般的です。

 

再来店促進の集客は、お店を忘れられないようにしたりファンを作ったりする活動を、DMやメルマガ、クーポン券、イベント開催などで行います。

 

飲食店の売上げアップ!アイデアを生み出す3ステップを紹介

a46435c97d5945b176be040b3a5735cd - 飲食店の売上げをアップさせるアイデアとは?考え方や効果的な方法を紹介

 

飲食店の利益を拡大するためには、さまざまな施策を打ち出して、上手く活用していくことが大切です。アイデアを生み出すためには、まずは課題と目標を明確にして、顧客のニーズを満たせるものを実践していきましょう。

 

対策すべき課題と目標を明確にする

 

飲食店の売上げアップするアイデアを考えるなら、まずは自店の売上げを構成する要素を分析して、そのなかで障害となっているものが何かを把握することから始めましょう。

 

例えば客単価が低いことが売上げの上がらない原因だとすれば、提供するメニューの見直しをして、デザートのセットメニューを作成したり、ランチメニューのバリエーションを増やすのも効果的で

 

そして、売上げアップの障害となっている要素は、どの程度まで上げるべきなのか目標を明確にすると、実行すべき施策の規模や期間を決めやすいです。

 

客層を把握してターゲットを決める

 

飲食店の売上げアップできるアイデアの一つに、客単価を上げることがありますが、その場合はどの客層をターゲットとするかも考えるべきでしょう。

 

例えば、カフェ利用が多い子供連れの主婦をターゲットとするなら、キッズメニューやキッズスペースを充実させたり、若いビジネスマンをターゲットとするなら、大盛り無料などボリュームの多さを売りにするなど、ターゲットの違いで施策の内容も変わってきます。

 

ターゲットをうまく定められない場合は、既存顧客にアンケートを実施したり、競合店舗の客層を調べてみると、売上アップの障害となっている客層を認識できますよ。

 

効果測定を行い継続的に取り組む

 

資格を実行するには、多くの労力が必要ですが、実行しただけで満足してはいけません。施策を実行したら効果測定を行うのも、飲食店の売上げアップするアイデアとして大切なことです。

 

どんなアイデアでも1回実行しただけで、集客がうまくいくことは滅多にありません。効果測定をして良かったところ、悪かったところを徹底的に割り出し、悪かったところは改善して継続して施策に取り組むことで、お店自体の集客力も上がっていきます。

 

優良飲食店が利益を出し続ける理由とは…認知度拡大がポイント

03856ee3badd8471e1c4b01e2177c636 - 飲食店の売上げをアップさせるアイデアとは?考え方や効果的な方法を紹介

 

優良な飲食店は、自店舗に合った販促活動を戦略的に行うことで売上につなげています。継続的に利益を得るなら、多くの顧客に自店舗を知ってもらうことから始めましょう。

 

認知度拡大!チラシ・DMのポスティング

 

顧客個々人に店舗を紹介するチラシやDMを届けるのも、飲食店の売上アップするアイデアの一つです。

 

弊社の画期的なポスティングプランでは、個人情報が無くても新聞未購読者層を含め、狙ったターゲットに効果的にDMを届けることが可能で、ターゲットクリエイティブが合致すれば最高12%の反響を得ることが可能です。

 

ネット時代になっても一定の効果を打ち出せるのがチラシのポスティングのメリットで、地域を特定して多数の顧客に宣伝できます。マンションや住宅のポストに入れるだけでなく、店前の通行人や、来店した顧客に直接渡すのも効果的ですよ。

 

目玉商品を開発してブランディングを確立

 

飲食店で売上アップを目指すなら、目玉商品の存在が必須です。鮮度や調理法、食材を工夫してアイデアを出し、他店にはないメニューを開発してみましょう。

 

また、「〇〇ならこのお店」というようにお店のブランドイメージを構築(=ブランディング)しておくことも大切です。

 

店舗ブランディングに成功することで、顧客は店舗名や看板を見るだけで品質や価格をイメージできるようになり、リピート率の向上や新規顧客に選ばれやすくなるなどのメリットがあります。

 

テイクアウト販売で客層を広げよう

 

テイクアウトやデリバリーサービスを導入するのも、飲食店で売上アップできるアイデアの一つです。

 

近年のお家時間推奨による中食の普及から、デリバリーサービス業界の需要は高まり続けているので、デリバリーをきっかけにリピーターになってくれる顧客にも期待できるでしょう。

 

また、テイクアウトは、店舗周辺の見込み客の開拓にも適していて、ビジネス街でのランチタイムや、駅前での帰宅者が集中する時間帯は特に売上アップに期待できます。

 

 

参考:中小企業診断協会「飲食業を取り巻く現状」

 

まとめ

 

飲食店の売上げアップするアイデアを生み出す方法や、優良飲食店も行っている集客方法について紹介しました。

 

飲食店の売上げアップを図るなら、直感的な判断でいきなり施策を決めるのではなく、まずは自店舗が置かれている状況を客観視して、弱点を見つけ出し、それを解決できるアイデアを選びましょう。

 

そして集客率が上がれば、再来店を促す施策をしっかり行うことで、リピーターが増え「また行きたくなるお店」のイメージを確立していけますよ。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら