費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

チラシのタイトルで顧客の心を掴もう!効果的な作り方や注意点を解説

 

チラシは、ポスティングや新聞折込、最近ではデジタルチラシなど消費者にアピールする方法として知られています。

 

不特定多数に店舗の情報をアピールできるメリットがありますが、売上げにつなげるには、チラシの情報に興味を持ってもらう必要があります。

 

チラシを配布しても売上げにつながらない場合、チラシのタイトルが顧客の目を引くものになっていないかもしれません。

 

今回は、初心者でも実践できるチラシタイトル作成のテクニックやチラシのタイトルに入れるべき言葉を紹介します。

 

チラシのタイトルで反響が変わる!初心者も実践できるテクニック

80852ad087619baef01be7e77c4f50cd - チラシのタイトルで顧客の心を掴もう!効果的な作り方や注意点を解説

 

顧客にとってチラシは、「自分に関係がある情報だ」と思ってもらえてはじめて目に留まります。そのためには、チラシのタイトルに「対象者に呼びかける」ような内容を入れましょう。

 

「自分のためのチラシだ」と思ってもらう

 

ターゲティングは、顧客を「性別や年齢」「居住エリア」「ライフスタイルなどパーソナルな観点」などから市場を細分化してターゲットを絞り込むことです。

 

顧客に「自分のチラシだ」と思ってもらうためには、ターゲットとして選定した顧客の悩みを解決するために商品の魅力を最大限に伝える必要があります。

 

そのため、チラシのタイトルには、「〇〇地域の方限定!」「つらい関節痛に悩むあなたへ」といった顧客に訴えかけるような内容を入れましょう。

 

チラシを読む理由を伝える

 

顧客がチラシを読む理由は、個人向けなら「顧客の欲求が満たされ不安が解消されること」、事業者向けなら「課題が解決すること」について記載されていることです。

 

「〇〇ができるようになる」など顧客にとって最も良い結果である欲求の満足や課題解決を一つ取り上げ、チラシのタイトルに盛り込みましょう。

 

「プロスペクト理論」という、人間は「得をしたい」気持ちより「損をしたくない」気持ちのほうが強く働くという心理を利用して「今読まなければ損をする」と顧客に思わせるような内容もおすすめです。

 

例えば「お客様感謝デー!お得な◯日間」「先着◯名様限定」など期間や人数制限を入れると顧客の損をしたくない気持ちに訴えかけます。

 

信頼できると思ってもらう

 

顧客にチラシの情報が「信頼できる」と思ってもらうには、売り手の言葉ではなく、口コミや専門家など「第三者から認められている」ことや、受賞歴がある情報をチラシのタイトルに入れるのも効果的です。

 

これは、人間の、ある対象を評価するときに、その一部の特徴的な印象に引きずられて全体の評価をしてしまう「ハロー効果」という心理を利用しています。

 

参考:J-STAGE「2次因子分析によるハロー効果の測定」

 

チラシのタイトルを付けるさいの注意点は?文字数や表現方法を紹介

692b4dfdb649efc6c9cb1204ea15510d - チラシのタイトルで顧客の心を掴もう!効果的な作り方や注意点を解説

 

チラシのタイトルは、どんな言葉でも使って良いわけではなく、タイトルに使用できないフレーズもあります。そんな見落としてしまいがちな注意点について見ていきましょう。

 

短文でわかりやすいタイトルにする

 

チラシのタイトルに情報を詰め込み過ぎると、何のチラシかわかりにくくなるので、短文でわかりやすいタイトルにしましょう。

 

人が一瞬で認識できる文字は9〜13文字程度と言われているため、チラシのタイトルはできるだけ短くすることで、読み手の印象に残りやすく、限られたスペースのなかで文字サイズを大きくして目立たせることもできますよ。

 

どうしても長くなるようならメインタイトルとサブタイトルにわけてメリハリをつけましょう。

 

過度で誇張した表現は避ける

 

過度な表現のチラシのタイトルは信ぴょう性が薄くなり、「嘘っぽい」と思われやすくなります。「嘘っぽい」と思われないためには、事実と主観を分けて、事実を語るのが良いでしょう。

 

例えば「世界一」と入れてしまうと「本当に世界一?」と思ってしまいますよね。事実をもとにした情報や、「10人いたら8人はそう思うだろう」という表現など、顧客に想像しやすい内容にすると、信頼できる情報として受け入れられます。

 

著作権のある言葉を避ける

 

論文や小説などに含まれる著作権を持つ言葉をチラシのタイトルに入れるのは避けましょう。誤って使用してしまうとトラブルに発展するおそれがあります。

 

ネットなどで著作物に触れる言葉は紹介されているので、事前に著作権に触れないか調べておくと安心です。

 

チラシタイトルに入れる言葉は?読む人の興味を惹くのがポイント

42d2faedaa8ca7d3cf998f73a6e82217 - チラシのタイトルで顧客の心を掴もう!効果的な作り方や注意点を解説

 

チラシタイトルを作るときは、顧客の興味を惹くワードを入れることが大切です。興味を惹くワードはさまざまありますが、特に商品やサービスをアピールするチラシで効果を出せるワードを紹介します。

 

新しさやレア感を伝える

 

日本人は、新しいものに飛びつきやすいと言われる傾向にあるので、チラシのタイトルでも、「これまでにない新しさ」を伝えると効果的ですよ。

 

「新発売」「日本初上陸!」「最新の〜」「どこよりも早く先行入荷」などのワードを使用して新しい物には目がない人の購買心理をくすぐりましょう。

 

また、「◯周年限定セール」や「あなただけの〜」などのワードでレア感を出すとより反響に期待できます。

 

権威性を示し特別感を出す

 

前述した「ハロー効果」の心理を利用して、権威性を持つワードを入れるのも効果的です。例えば、「有名人や専門家が認めている」ことをストレートにチラシのタイトルに入れたり、「〇〇お墨付きの」「〇〇も注目している」などのワードは、顧客に対する説得力があります。

 

また、「セレブ気分を味わえる!」「ちょっとした贅沢してみませんか?」などのワードも普段とは違う体験ができると、特別感を与えられる表現です。

 

数字を入れたりお得感を出す

 

チラシのタイトルに数字が入っていると、視認性が上がり、記憶に残りやすくなります。例えば「1か月で体重が2kgダウン!」というワードがあると、自分の体重が2kg減る具体的なイメージが湧き、信頼性が上がります。

 

そして、数字を使いながらお得感も出せる「◯%オフ」などのワードを使うのも、お得感がストレートに伝わるのでおすすめです。

 

「売りつくし」というワードは安くて価値があるイメージを持たせられますし、「〇〇優勝記念!」というワードは、野球チームが優勝したさいに使われることが多いですが、その野球チームが好きな顧客を取り込むことができるでしょう。

 

まとめ

 

チラシのタイトルの作り方や注意点について紹介しました。たかがタイトルですが、チラシの内容が良くても、タイトルで興味を惹くことができなければ、せっかく作ったチラシも売上げにつながりません。

 

弊社は、戦略的集客のセールスプロモーションを専門としております。効果的なチラシ配布から、これまでにない反響率を打ち出せるエリア戦略コンサルティングまで対応可能ですので、集客についてのお困りごとはぜひ弊社にお問い合わせください!

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら