費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

ポスティングは違法?違法を回避するポイントや優良業者の選び方を解説

「ポスティングは違法なの?」こんな疑問を持っている方もいるでしょう。ポスティングは、クレームや違反が発生してしまう場合もありますが、クレームにつながらないようにマナーを守りながらポスティングすれば反響につなげることもできます。

 

今回は、ポスティングが違法になってしまう理由から違法にならないような優良業者の選び方まで解説します。ポスティングの違法性を正しく理解してトラブルを避け、集客を成功させましょう!

 

ポスティングは違法?違法とみなされるのはどんなケースか紹介

事例

 

ポスティングは違法なのかについてと、違法とみなされるケースについて紹介します。まずはポスティングの違法性について考えてみましょう。

 

ポスティング自体は違法ではない 

 

ポスティングという行為自体は違法ではありません。ポスティングを禁止する法律は制定されていないので、トラブルにならないように配慮して行えば、違法になることはまずありません。

 

しかし「ポスティングは違法?」というイメージを持っている人が少なからずいるのは、ポスティングの際の行動や対応などに原因があるためです。

 

住居侵入罪で違法になる 

 

「ポスティングは違法?」と考えられる理由の一つに、住居侵入罪に問われる可能性があります。ポストが敷地内にあるからといって、無断で立ち入ることは、住居侵入罪に問われる危険性があります。

 

公序良俗に反して違法になる 

 

「公序良俗に反するチラシのポスティングは違法?」という疑問をお持ちの方もいるでしょう。チラシの内容が成人向けである場合は、風俗法や都道府県の迷惑防止条例に抵触してしまうので違法となります。

 

そして、詐欺を助長するようなチラシやヤミ金等のチラシも処罰の対象となり、発行した団体はもちろんですが、配布を行った企業または個人までも罰則の対象となります。

 

参考:e-GOV法令検索「風俗営業法」(第二十八条 5項二)

 

禁止されているのに配布して違法になる 

 

チラシ投函禁止や立ち入り禁止の表示がしてあるポストに投函してしまうと軽犯罪法に問われる可能性があります。また、一度投函してクレームを受けて、以後投函しない約束をしたのにもかかわらず再度投函してしまった場合も刑法で罰せられる場合があります。

 

まれに「チラシ投函したら通報する!」など強めの文言が書かれている住宅などがありますが「ポスティングは違法?」ということではなく、住宅によって禁止されている行為が違法になってしまう可能性があるということです。

 

ポスティングは違法?違法になるのを回避する3つのポイント

チェックポイント

 

ポスティングは、違法を回避するポイントを知らなければ、効果が半減してしまいます。違法を回避するポイントを理解して、安全なポスティングを行いましょう。

 

配布マニュアルの作成 

 

「ポスティングは違法?」というようなネガティブなイメージを配布地域の住民に与えないためにも、ポスティングの配布マニュアルを作成しておくことが大切です。

 

そして、配布マニュアルにはポスティングする際のマナーや、ポスティングの範囲やルートの詳細を記載しておきましょう。配布員に効率の良いポスティングをしてもらうことができますよ。

 

また、一度クレームを受けた住居の情報は必ず記録として残しておき、可能なら配布マニュアルに記載して、配布スタッフがいつでも見られるようにしておきましょう。情報を社内で見える化して共有することでトラブルが避けられます。

 

配布スタッフを教育する 

 

自社でポスティングを行うなら、配布スタッフの教育はしっかりと行いましょう。

 

クレームが発生した住宅に誤って配布しないようにスタッフに情報を周知しておいたり、

配布スタッフを該当物件まで連れて行って徹底した再発防止策をとっておくことが重量です。

 

また、住人に対して笑顔で挨拶をするなど堂々とした態度をとることで、「ポスティングは違法?」というようなイメージを払拭できるでしょう。

 

配布時間や天気も考慮する 

 

ポスティングを行うなら1枚でも多くチラシを配りたいものですが、集合ポスト以外は深夜のポスティングは避けましょう。「深夜のポスティングは違法?」ということではなく、夜間に知らない人が自宅前をうろついていたら不審に思いますよね。

 

深夜にポスティングをしているというだけで、クレームにつながったり通報されてしまっては、反響どころではありません。プロの業者でなければポスティングの時間帯も考慮する必要があります。

 

その他にも、雨の日など天候の悪い日には、水濡れしないように配布を控えたり、トラブルに発展しないような心がけが大切です。

 

違法にならないような業者の選び方って?利用前に知っておくべきこと 

知っておくべきこと

 

違法にならないポスティングをするためには、しっかりとした品質管理を行っている業者を選ぶことが大切です。利用する前に知っておいてほしい優良業者の選び方について説明します。

 

料金表でわかる業者の体質

 

ポスティングの業者を選ぶ際に、価格は大きなポイントですが、安さだけで選んでしまうと後悔することもあります。どんな仕事やサービスにも価格相場というものがあって、そこから大幅に下回る金額をアピールしている業者には、必ず何か理由があるでしょう。

 

適正価格より安すぎる業者は、それだけ配布員の賃金を安くしていることがあり、安すぎる賃金で働かされているスタッフの意識は低いでしょうから、クレームにつながるおそれがあります。

 

また、安すぎる業者は同業他社のチラシと一緒に配布していたりするのでポスティングの効果に期待できません。

 

どのような品質管理を行っているか確認 

 

ポスティングの仕事は、実際にどのように行われているのか、クライアント側からは見ることができないので、反響が少なかったりするとちゃんと配っているのか心配になりますよね。

 

最近のポスティング業者は、GPSを使って品質管理を行っている業者も増えてきました。配布スタッフにGPSを持たせて軌跡を残すことで、きちんとエリアを回っているかを確認しています。

 

また、GPSを使うことで、回りきれていない区画がないか、何度も同じ所を通っていないかなどを配布スタッフと一緒に確認して、効率的に回る方法を模索している業者もあります。

 

業者HPの「スタッフ募集」の欄を確認

 

業者ホームページのアルバイトなどのスタッフ採用ページを見ることで、配布スタッフの教育に力を入れているかどうかわかることがあります。

 

募集条件などにスタッフへの思いやりや気遣いが含まれているでしょうか。具体的に言うと、「徹底したマナー研修」や「報酬アップ制度」というような文言です。「現地集合、即配布」や「電話一本で現地集合」などのようなスタッフの教育とは程遠いことが書かれているホームページの業者には注意しましょう。

 

まとめ

 

ポスティングが違法になるパターンから違法になるのを回避する方法を解説しました。「ポスティングは違法?」というようにネガティブなイメージを持たれてしまうことがありますが、正しく行えば違法にはなりません。事前にできるクレーム対策をしておくことで、トラブルを避けることが可能です。

 

そしてより効果の高いポスティングをしたい場合は、ポスティング業者に依頼することも検討しましょう。優良ポスティング業者が見つかれば、安心・安全に反響のある販促活動を行うことができます。正しいポスティング知識をつけて、ポスティングの違反を回避し、反響の高いポスティングにつなげましょう!

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 9:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド
無料提案は
こちら