費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

ポスティングのポイントを正しく理解!反響率UPのためにできること

ポスティングを利用するときは、効果的に行うためのポスティングのポイントが気になりますよね。ポスティングはチラシさえあればすぐに始められる手軽さが魅力ですが、反響率は簡単に上がるものではありません。

 

ポスティングの効果を高めるためには、どのような工夫をすれば良いのでしょうか。

 

今回は、ポスティングを検討中の方や効果が出ず悩んでいる方に向けてポスティングのメリットや効果を出すポイントについて紹介します。ポスティングを戦略的に行って企業の利益につなげましょう!

 

メリットや効果の高い業種は?ポスティングするときのポイント 

デリバリー

ポスティングのメリットや反響の高い業種を理解しておくこともポスティングのポイントです。他の販促方法と比べて導入するべきかしっかり考えてみてください。

 

ポスティングのメリット 

 

ポスティングは、チラシさえあれば技術や道具が必要ないので、すぐにでも宣伝活動を行うことができるメリットがあります。そして、ポスティングでかかる費用はチラシの印刷代と人件費くらいなので、コスパが良いです。

 

また、ターゲットを細かく選定して情報を届けたい客層に宣伝できるので、地域密着型で商圏が限られている店舗でも集客できることもポスティングのポイントです。選定したターゲットにとって魅力的な商品・サービスのチラシであれば、「配布開始直後に反響があった」ということも珍しくないですよ。

 

ポスティングの効果を得やすい業種 

 

ポスティングの効果を得やすいのは、ターゲットが住むエリアに店舗がある業種です。また、扱っている商品が「日常生活にかかわるもの」であることもポスティングのポイントで、利用頻度が高いものであれば「ちょっと行ってみようかな」と行動に移しやすくなります。

 

宅配寿司や弁当などのデリバリー系の業種は、ポスティングが有効です。季節のおすすめ商品やクーポンなどを付けるとさらに高い集客効果が得られるでしょう。

 

塾やスポーツジムなど習い事を勧めるチラシもポスティングに向いています。習い事系のポスティングなら、徒歩1〜2km圏内の店舗周辺の住宅にターゲティングするのがおすすめです。子育て世代が多いエリアも高い効果が期待できるので、ターゲット層を絞って効果的な宣伝をしましょう。

 

ポスティングの効果が出ない理由 

 

大型商業施設など、広すぎるエリアの顧客をターゲットにする業種は、ポスティングに不向きです。エリアが広すぎるとターゲットの選定が難しくなったり、配布の時間がかかるなど、コスパも悪くなってしまいます。

 

効果が出ないときに検討してほしい|ポスティングのポイントとは

ポイント

ポスティングの効果が出ないと、このまま続けるべきなのか悩んでしまいますよね…効果が出なくても、1回や2回で諦めてしまうのはもったいないですよ。ポスティングの効果は継続することで得られるものなので、対策をして再度チャレンジしてみましょう。

 

ターゲティングを再度検討 

 

ポスティングは、ターゲットを細かく設定して戦略的な宣伝ができることがメリットであることを先述しましたが、ターゲティングがうまくできていないと、ポスティングの効果を得ることは難しいでしょう。

 

ポスティングの効果が出ないときは、ポスティングの強みを最大限に活かすためにもターゲティングを再度検討してみるのがポイントです。ターゲティングは年齢・性別だけでなく、家族構成やライフスタイルなどできるだけ細かく設定するようにして、顧客心理を理解することで顧客が求めているものが見えてきます。

 

配布エリアが商品の需要に適しているか 

 

ポスティングがうまくいかないとき、配布エリアが商品の需要に適しているか考えることもポイントです。

 

配布エリアを考えるなら、自社や店舗の商圏に注目して、ターゲットとなる人の割合が多いエリアを選ぶと反響率アップに期待できますよ。誰に興味を持ってもらいたいのかを考えた上で、配布エリアを設定しましょう。

 

顧客の興味を惹くチラシデザインか 

 

ポスティングの効果が得られない場合、チラシデザインが顧客の目を惹くものになっているかもう一度確認してみましょう。ターゲットの嗜好に合いそうな写真やイラストを使ったり、店舗の特徴を書くときは、こだわりポイントをできるだけ具体的に書くことで興味を持ってくれる顧客が増えるでしょう。

 

伝えたいことに優先順位をつけて、「顧客が得られるメリット」をアピールしたり、文字を詰め込み過ぎずシンプルに記載することもポスティングチラシのポイントです。

 

「顧客の悩みに対する改善策」や「商品から得られるベネフィット」を効果的に入れて、顧客の購買意欲を高めるように努めましょう。

 

ポスティングのポイント|掲載内容を見直して反響率を上げよう!

会議

ターゲットに合わせた文字サイズ 

 

ポスティングチラシを作る際の、文字サイズも重要です。ターゲットに合わせた文字サイズを選ぶことがポイントで、どんなにすばらしい商品であってもチラシを読んでもらえなければ良さは伝わらないですよね。

 

タイトルなどの文字のサイズはデザインによりますが、本文に使う文字サイズは9〜18ptがおすすめです。小見出しは、本文の文字サイズより1.2倍ほどを目安にして、注意事項など補足部分は6ptにすると見やすくなりますよ。

 

高齢者を対象としたチラシの場合は、大きめの文字サイズ、若い人向けなら小さめの文字サイズを使うと手にとってもらいやすくなるでしょう。

 

キャッチコピーを上手く使う 

 

キャッチコピーを上手く使うこともポスティングチラシのポイントです。キャッチコピーは、手にとってもらいやすくするために、顧客が困っていることや、どのようなメリットが得られるのか一目でわかる内容にしましょう。

 

キャッチコピーの内容が決まったら最も目立つ位置に、紙面の3分の1以上を使って配置します。こうすることでチラシを見て一瞬で内容を把握できるので、顧客はそのチラシを読むかを判断するのです。

 

わかりやすい相談窓口・問い合わせ先 

 

顧客がチラシを見て、詳細を知りたくなったときに、問い合わせ先がわかりやすく書かれていると顧客満足度の向上につながります。問い合わせやすい手段は人によって異なるので問い合わせ方法を複数用意しておきましょう。

 

電話とメールは最低でも掲載して、可能ならホームページのURLも載せておくとホームページも見てもらえますよ。最近では、QRコードやLINEを使った問い合わせ方法の掲載もおすすめです。

 

参考:J-Stage「チラシ研究の体系的整理と今後の研究課題」

 

まとめ

 

ポスティングは、昔からあるマーケティング手法で、単純なように見えますが実は奥が深いです。コストや手間があまりかからないので、その分しっかりと情報を伝えるために、根拠のあるターゲティングや顧客の目を惹くデザインにすることがポスティングのポイントです。

 

ポスティングの効果が感じられないときは、さまざまな原因があるので、効果の検証を行い、一つ一つ改善していくことで、利益につなげることができるでしょう。

 

ポスティングのポイントを正しく理解して、反響率の高いチラシづくりに役立てましょう!

 

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 9:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド
無料提案は
こちら