ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

ポスティングの効果で反響率の掛け算を作るチラシ広告のノウハウ

ポスティングの効果で反響率の掛け算を作るチラシ広告のノウハウ

ポスティングの効果から、チラシ広告で集客するための「反響の掛け算」について具体的なノウハウのステップでお伝えします。チラシポスティングの効果はやり方によって全く異なる反響率となってしまいます。しかしチラシ広告の集客方法さえ理解していれば有効的なリアルメディアで広告展開が可能になりますので具体的に紐解いていきたいと思います。

ポスティングエリアが同じで同業種でも反響率が全く違う理由

チラシ広告を同一エリアで同業種の実績があるのにも関わらず反響率が低い場合と高い場合があります。一見内容を見てみると実施前の段階では同業種の実績から反響率が見えておりますのでおおよその集客件数が見込めている方法でチラシポスティングをしているという状況です。ところが同一エリアで同じ条件でポスティングをしているのにも関わらず反響率が低い時があります。少し想像していただきたいのですが、同じ条件で同じ場所に同じような業種でチラシ広告をしているのに不思議ですよね。

考えられる要因はいくつかありますが、「すでにマーケット市場がとられている状態」「チラシ広告の内容に問題がある状態」「チラシポスティングのセグメント内容が違う状態」の三つが考えられます。一つ目のマーケット市場が取られてる状態というのは、広告主の方で事前調査をされていない場合に発生する要因になり。二つ目のチラシ広告の内容に問題がある状態というのは、居住者向けにチラシをポスティングはできている状態ですが、メッセージが分かりづらい、またはチラシの見栄えが悪いことが想定されます。チラシ広告というのは居住者様に向けたプレゼン資料のようなものなので、魅力的なビジュアルやメッセージ性が強くないと伝わりません。そして最後の三つめのチラシポスティングのセグメント内容が違う配布方法ということ。

ポスティングエリアが同じで同業種でも反響率が全く違う理由

これは一般的にチラシポスティングを採用した際エリア選定をするのですが、その配布対象となる地域に対して、軒並み配布なのか集合住宅配布なのか事業所配布なのかそれとも当社のように行動ターゲティングから選定されたセグメントポスティングなのかによって結果が変わってくるということです。綿密なポスティングの方法によって反響率は大きく乖離しますので結果を踏まえてどのポスティングの配布方法が適しているかというのは反響率に大きく跳ね返ってきます。

ポスティングの反響率を上げる掛け算の作り方

ポスティングの反響率を上げるためにはチラシ広告に対する仕組みかが重要です。ここでは具体的なポスティングの反響率をアップさせるノウハウについてお伝えします。チラシ広告はインターネット広告と同様に PDCA が非常に回しやすいメディアです。イメージしていただきたいのはインターネットの「広告バナー=チラシ広告」ということです。 オンライン広告なのかオフライン広告なのかの違いだけです。チラシの広告で実施されるお客様の方では実際にインターネット広告を相乗効果として同時利用する方が多いです。つまり具体的な流れを以下のように作っているのです。

 

「チラシ広告を見た人 → ホームページを検索 → 閲覧 → 問い合わせ」

「グーグルなどの検索エンジンを経由 → ホームページを閲覧 → 問い合わせ」

 

この一連の流れでホームページを経由した際にクッキーを貯めておくことで追っかけ広告ができるわけです。最も分かりやすい例としてインターネット広告のバナーでクリック率が最も高いデザイン広告バナーをどのように見極めるかが潜在顧客を多くやすく集客するための方法です 。最も短時間でクリック率の高いチラシ広告でも採用できるデザインを判断するために早い方法としては Facebook 広告の AB テストがおすすめです。具体的にデザインバナーを二つ用意して同じエリアで AB テストをすることで当日中にはどちらのクリックの方が多くされたかが結果として現れます。そのクリック率が高い広告バナーのデザイン性が消費者にとって最も受け入れやすいメッセージということが判断できます。インターネット広告の場合はこのように反響率の掛け算をするために仕掛けができることです。この方法をチラシ広告でも同じようにしていただければおのずと反響率の掛け算がしやすいという状況が作り出せます。

ポスティングの反響率を上げる掛け算の作り方

やり方としてはデザイン制作会社の方で、AB テストをチラシ広告でしたいので全く異なるチラシのビジュアルで同一エリアで半分ずつポスティングをします。そして実際にお問い合わせがあった方に必ずどちらのチラシを見られてこられましたか?と、確認を必須で行うことで反響率が高いチラシを見極めることができるようになります。ここで注意していただきたいのがチラシ広告はターゲットの方に届いた時にはラブレターと変わらない状態というのを認識していただきたいことです。告白の仕方が悪ければ振られるということです。だからこそアプローチの方法を試行錯誤しながらテストすることが重要なのです。ビジュアルがいいから反応が良かったのか?人間味が溢れるチラシだったから反応が良かったのか?手作り感溢れるチラシ広告だったから反応が良かったのか?こちらの答えを知っているのは居住者に届けた結果でしか判断ができません。

広告主の方で思い込みでやっても反響率に変化はなかなか見られないということです。最低限チラシ広告を届ける先に対してセグメントをしておけばそれなりの反応は取れますが、反響率を具体的にアップさせる仕掛けをするにはこのような見えない努力が必ず必要です。

チラシ広告パターンを早く複数用意する方法

先ほど AB テストの重要性について記載しましたが広告の見た目というのはデザインとメッセージで全て決まると言ってもいいかもしれません。そしてポスティングという広告手法はインターネットではできない記憶に残るリアル媒体としてリーチすることができる唯一のメディアになりますので、チラシ広告のパターンは多ければ多いほど、良い結果を生み出し安いです。

チラシ広告パターンを早く複数用意する方法

そこでチラシ広告のデザインを早く複数用意する方法として、お客様自身でディレクションしていただくことが大前提となりますが、クラウドソーシングやランサーズの登録デザイナーに向けてコンペ形式で大量に集めることができますので、答えが見えないものに対してはたくさんの方に提案をしていただきその中から A パターン B パターン C パターン D パターンと多くのチラシ広告のデザインからテストされる方法が最も早くあなたの勝ちパターンを見つける方法となります。チラシ広告の AB テストについての考え方は下の図の通りです。

チラシポスティングのABテスト

チラシ広告を届けるターゲット層はセグメントポスティングで全て決まる

ここまでチラシの広告に対しての用意が万全になった状態で、今度はチラシ広告をお届けする先の選定方法についてお伝えします。チラシ広告はポスティングという方法で各住宅のポストにお届けすることができますが、無作為に届けても全く関係ない方へ届くことが多くなりますので、あらゆる情報を用いて最もターゲットの精度が高いポスティング方法でチラシ広告を投函されることが反響率を多く勝ち取るために必要なことです。

広く多くの方々へ認知促進のためにポスティングを検討の方であれば希望地域に対して「軒並み配布のポスティング」で、ご予算÷配布単価=配布部数で設定されたほうがよろしいかと思います。

客単価の安い商品であれば国勢調査の統計データを使いまして、ターゲット層の比率が高い地域に対して・戸建て、集合住宅、事業所においてどのターゲットが望ましいのかを見極めていただいてポスティングされることがよろしいかと思います。

チラシ広告を届けるターゲット層はセグメントポスティングで全て決まる

但し、先ほどの一般的なポスティング方法よりも、あらかじめ自社の会員属性を見たときに「単身の女性が多い」「高級マンションに住んでいるお客様が多い」「年収500万以上の方が多い」 「リフォーム対象がほとんど持ち家の方」「高齢者に認知されやすい商品」など、顧客属性がはっきりしている場合には、当社の行動ターゲティングによるセグメントポスティングサービスが反響率を底上げしやすい方法となります。反響率をチラシで獲得するにはターゲットに対していかに多くの対象となる居住者にチラシが届けられるかが勝敗を分けますので、チラシを見てほしい顧客層が明確になればなるほどセグメントポスティングが友好的な方法となります。

顧客をターゲティングしてもインターネットのリスティング広告のクリック単価と比べれば格段に安いからです。狙ったキーワードに対しておおよそのクリック単価が上位表示を前提として200円~500円くらいになると思いますので、ディマールのポスティングサービスでチラシ広告を配布するとしても、印刷単価と配布代金を合わせても30円を超えることは絶対にありません。オンラインとオフラインは同じリーチの方法ではありますが、リアルメディアの広告媒体として潜在顧客をターゲティングして、届けているのにもかかわらず単価が安いというのが優位性が高い広告手法だということが分かりやすいかと思います。

ポスティングの反響率を掛け算で作る方法のまとめ

ポスティングの効果から反響率を掛け算で作るためには近道はありません。反響が良かったとしてもたまたまそのチラシがよかったのか、もしくは AB テストをした後にはもっと多くのお客様を呼び込むことができたのではないでしょうか。広告はオンラインオフラインにかかわらず「広告の商品の魅力とメッセージと配布方法で全て決まる」と言っても過言ではございません。あなたの商品を売り込みたい方々へ向けて費用対効果と潜在顧客を考えた時にどのチラシポスティングの集客方法が最も向いているのかというのが事前準備で全て決まるということです。ただ初めてポスティングをされる方やポスティングを実行しているが、うまくいってない方に関しては当社のような経験豊富なプロのポスティング業者に相談することをお勧めいたします。意見交換をすることで今まで知り得なかった配布方法を知ることができますので売上アップにつながる近道となります。

 

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド