費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

自己紹介を記載したチラシを営業に活かす!メリットや作成時のポイントを紹介

自己紹介を記載したチラシを、営業活動の一環として利用するセールスマンの方も多いのではないでしょうか。自己紹介が掲載されたチラシは、その紙面を見た顧客の印象に残り、営業の成果を高める効果が期待できます。

 

自己紹介を掲載したチラシを営業に用いる際、どのような目的を想定するケースが多いでしょうか。自己紹介入りのチラシのメリットや、チラシを作成する際に注意したいポイントなどについても解説します。ぜひ効果的なチラシ作りの参考にしてください。

 

自己紹介を含めたチラシを営業に用いる目的は?メリットを最大限に活用

23d08f313d3ea4b8e1907645b68ffd94 - 自己紹介を記載したチラシを営業に活かす!メリットや作成時のポイントを紹介

 

営業活動において、自己紹介を掲載したチラシを配布することには一定のメリットがあると考えられます。営業活動におけるチラシ配布の目的や意味についても、十分に理解すると良いでしょう。

 

会社や商品の認知度を上げる

営業活動におけるチラシの配布には、会社や商品の認知度を上げる効果が期待できます。どれほど優れた商品やサービスでも、広く認知されないと成果は上がりません。

 

単に口頭で説明するよりも、併せてチラシを配布して要点を伝えることで、セールスポイントを理解してもらいやすくなるでしょう。チラシであれば、受け取る側も気軽に手に取って閲覧できるのではないでしょうか。

 

通常のチラシよりも親近感がある

自己紹介が掲載されたチラシは、通常のチラシよりも親近感が得やすくなります。文字や写真などで商品やサービスの紹介のみを掲載している紙面を見ても、店舗に連絡を取りたいと思えない顧客も多いでしょう。

 

一方、担当者の情報があった方が安心して連絡できる顧客も多いでしょう。安心して連絡を取ってもらえる意味で、自己紹介の情報を掲載した方が高い営業効果を期待できます。

 

好きな時間で顧客に見てもらえる

営業の際にチラシを配布しておけば、顧客の好きな時間に自社の商品やサービスの内容を閲覧してもらえます。もらった時は意識がなくても、ふと気づいたときに手元にチラシがあると、何となく中身を見る顧客も少なくありません。

 

紙面上の情報が魅力的で、なおかつ営業担当者の自己紹介の情報が掲載されていれば、連絡してみても良いと感じてもらえるかもしれません。

 

自己紹介入りチラシを営業に活用する!作成時のポイントとは?

c96a94364a0a2d381fb315526bc368bf - 自己紹介を記載したチラシを営業に活かす!メリットや作成時のポイントを紹介

 

自己紹介を掲載したチラシを営業活動に活かすうえで、注意すべき点がいくつかあります。チラシの効果を最大限に高めるため、顧客の目を引く魅力的な紙面の作成を目指しましょう。

 

5W1Hを明示する

営業活動に利用するチラシには、5W1Hを明示すると良いでしょう。5W1Hとは、すなわち以下の6項目です。

  • Who:だれが
  • When:いつ
  • Where:どこで
  • What:なにを
  • Why:なぜ
  • How:どのように

5W1Hを意識したチラシ作りをすると、ターゲット層が明確になり明瞭な内容になりやすいです。自己紹介の内容を加えることにより、Who(だれが)の部分がさらにはっきりと伝わりやすくなります。

 

ターゲットを意識した構成・デザインにする

営業活動に活用するチラシを作る際は、ターゲット層を意識した構成及びデザインを心がけましょう。チラシを閲覧する顧客の好みや志向を意識して、紙面作りにこだわりを持つことが大切です。

 

ターゲットが若い女性の層である場合は、可愛らしくポップなデザインを加えると良いでしょう。40代の男性サラリーマンをターゲットにする場合は、根拠をしっかりと示し、シンプルで見やすい構成を心がけるのが良いです。

 

自己紹介の内容においても、ターゲット層に響きやすいデザインや構成を心がける必要があります。チラシを見る顧客の印象に残りやすいデザイン作りを検討しましょう。

 

画像や表で見やすさを加える

チラシの紙面上には、言葉のみによる説明だけでなく、画像や表を加えて見やすくするのもおすすめです。紙面上が見づらいと、チラシそのものを見てもらえない可能性が高くなります。

 

文字とのバランスを考慮し、見やすい紙面づくりを心掛けましょう。自己紹介の欄にも、表により理路整然と情報を掲載した方が印象の良いチラシになる可能性が高いです。

 

自己紹介入りチラシを作成するには?営業に活かせる紙面を用意する

a82b1cc0338cd574e4570ada924efa61 - 自己紹介を記載したチラシを営業に活かす!メリットや作成時のポイントを紹介

 

営業活動に効果的な自己紹介入りチラシを作りたいと考えても、具体的にどのようにすればいいかわからないケースも多いのではないでしょうか。自社制作が難しい場合は、外注の利用も検討しましょう。

 

自社で作成する

営業活動目的のチラシを作る際には、まずは自社の社員による作成を検討するのが一般的でしょう。自社制作の最大のメリットは、社内で持っているイメージを紙面上に反映させやすい点が挙げられます。

 

紹介する商品やサービスについて最も理解しているのは、会社の社員です。チラシの紙面上に、商品やサービスの魅力をダイレクトに盛り込んでいけるでしょう。

 

しかし、チラシ作りのノウハウがないと、うまくいかないケースが多いのも事実です。チラシの内容は充実しているものの、デザインや構成の面で見づらく、顧客の印象に残りづらいものを制作してしまうことも少なくありません。

 

自社でチラシ制作を行う際は、魅力的な紙面を作成できるだけのノウハウや時間があるか、検討する必要があるでしょう。

 

専門業者に委託する

自社でのチラシ制作が難しい場合は、専門業者に委託するという選択肢もあります。チラシ制作を行う専門業者はたくさんあり、イメージ通りのチラシを作ってもらえるでしょう。

 

もちろん、自己紹介の箇所も、指示すれば盛り込んでもらえます。全体のバランスを考慮し、見やすく印象に残りやすいチラシを作ってもらえるでしょう。高い営業効果が期待できます。

 

専門業者に委託する場合は、やはり費用面がネックになりやすいです。複数の業者を比較して、コストパフォーマンスが良いところを選択すると良いでしょう。

 

まとめ:自己紹介記載のチラシを営業に最大限に活かすために

自己紹介を掲載したチラシは、営業活動において非常に効果的なツールとして活用できます。親近感を持ってもらえたり、空き時間など顧客の都合の良い時間で紙面を見てもらえたりするメリットがあります。

 

チラシ作りの際は、5W1Hを取り入れたり、ターゲット層を意識したデザイン及び構成にこだわると良いでしょう。せっかく制作したチラシも、顧客に見てもらえないと意味がありません。

 

チラシ作りの際は、自社での制作だけでなく専門業者に委託する選択肢もあります。費用面や自社内でのノウハウなどを考慮して、適切な方法でチラシ作りに取り組みましょう。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

まずはお気軽にご相談ください

無料相談・お問い合わせ ノウハウ無料ダウンロード