費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

ペットメディアを活用して選ばれる店舗に!集客方法や広告規制を解説

 

ペットショップは、これからペットを飼いたい人や、既にペットを飼っている人を対象として、動物やペット用品の販売、サービスなどを展開しています。

 

そして、近年のSNSの流行や、お家時間の癒やしを求め、ペットを飼う人が増えたことにより、ペット商品全体の需要も高まっています。

 

ペット業界の市場が拡大していくなかで、競合に負けずに生き残るには、集客力を絶えずに磨いて行く必要があるでしょう。

 

今回は、ペットメディアを活用した広告戦略や、広告の規制はどのようなものかについてご紹介します。

 

ペットメディアとは?ペットオーナー向けにできる販売促進手法

92b13cfa0769dd6b939f38e2f69cc4b3 - ペットメディアを活用して選ばれる店舗に!集客方法や広告規制を解説

 

ペット業界ではペットメディアを通じてペットオーナーに対しマーケティングを行うことが生き残り戦略の一つです。現在のペット業界の市場規模についても知っておきましょう。

 

ペットメディアとは

 

「メディア」(media)は、直訳すると「手段、媒体」ですが、「情報伝達を媒介する手段」あるいは「情報伝達の媒介者」という意味で使用されます。単に「メディア」とだけ呼ぶ場合は、「マスメディア」の意味で用いられることが多く、不特定多数に向けて情報を発信するテレビや雑誌、SNSなどメディアの総称を指しています。

 

そのため「ペットメディア」とは、ペットに関する情報を不特定多数に向けて発信する手段という意味になります。

 

拡大するペット市場

 

ペット産業の主なターゲットである飼育されている犬や猫は、全国に約1,600万頭いると言われており、この数は、15歳未満の子供の数(約1,460万人)より多く、絶対数が極めて多いです。

 

ペット数の多さに伴い、ペットフードやペット用品市場も前年度比の約104%程度増加と、微増ながらも毎年安定した市場規模を保っています。

 

ペットの高齢化やペット医療の高度化による医療費の拡大、ペットフードの健康志向化などを考慮すると、今後もペット産業の市場拡大が見込まれるため、ペットメディアを活用して戦略的にマーケティングを行いましょう。

 

参考:一般社団法人ペットフード協会「全国犬猫飼育実態調査」

 

ペットメディアの有効利用でライバルに勝つ!おすすめの集客方法

49629686d2b72f626e3bf0e2e6211cad - ペットメディアを活用して選ばれる店舗に!集客方法や広告規制を解説

 

ペットメディアは、上手く活用すれば競合に差をつけることも可能ですよ。ホームページやポスティングの活用のポイントについて説明します。

 

コンテンツを充実させよう|ホームページ

 

ペットショップにとってホームページは、インターネット上のお店の顔ともいえる存在なので、まだ作っていないのであれば、作っておくべきペットメディアの一つです。

 

ホームページには、サイトに訪れた顧客にクリックしてもらうことで広告費が発生する

バナー広告やリスティング広告などの掲載も可能です。

 

トリミングサロンの併設や扱っている動物の写真などを掲載して、どんな店舗でどんな種類の動物を扱っているのかを顧客に知ってもらい、認知度を高めて顧客に親近感を持ってもらい、来店につなげましょう。

 

インフルエンサーによる宣伝も|SNS

 

お店の宣伝にペットメディアを活用するなら、SNSもおすすめです。SNSは無料で始められるうえに、キャンペーンの宣伝などSNS投稿を通じて顧客の反応を確認できます。

 

Twitterは、画像や動画、140字の文字が投稿できるSNSで、ツイートが魅力的だと、「いいね」や「リツイート」で拡散してもらえるので、可愛い動物の動画やお世話の一コマなど顧客の目を引く投稿がおすすめです。

 

そして、Instagramで宣伝するなら、ペットインフルエンサーに依頼するのも効果的ですよ。ペット自身がインフルエンサーとして活躍するペットインフルエンサーは、ペットならではの可愛らしさで宣伝色を前面に出さないので、顧客に広告に対するネガティブな印象を与えません。

 

メディアと協力してタイアップ広告

 

YouTubeを利用したマーケティングの一つに、多くのチャンネル登録者数を持つYouTuberとタイアップして、影響力のあるYouTuberに商品やサービスを利用してもらい、その様子を撮影した動画をアップロードしてもらう手法があります。

 

ペットメディアとして宣伝するなら、ペットに関する情報発信をしているYouTuberとタイアップしましょう。視聴者の多くは、ペットに関する悩みを抱えている人なので、ユーザーの悩みを解決できるペット関連の商品のアピールになり、効果的です。

 

ペット可のマンションが効果的|ポスティング

 

チラシのポスティングは、実店舗を構える会社が近隣のエリアをターゲットとする場合に有効なペットメディアの手法です。可愛らしいペットの画像や、顧客の目を引く自社の強みなど伝えたい情報を視覚的に訴求すると反響につながりやすいですよ。

 

最近ではペット可のマンションも増えてきています。ペット可の物件にはより購買意欲のある顧客が居住していることを考えて、チラシにクーポンをつけたり、セール情報などを掲載するのも良いでしょう。

 

ペット用品の販売で知っておくべき規制|違反のポイントを紹介

7cd8d7ca0c8c0c8551172703507563e2 - ペットメディアを活用して選ばれる店舗に!集客方法や広告規制を解説

 

取り扱いする商品やサービスによっては、広告表示に気をつけなければならない場合もあります。ペット用品の販売に関する違反表示について見ていきましょう。

 

薬機法違反など規制に注意

 

ペットフードやペット用品の広告掲載を行う場合には、「動物用医薬品等」の部類なのか、「ペットフード及び一般ペット用品」の部類なのか、その商品がどの分野に属するのかによって使用できる表現が異なるので、ペットメディアにおいても注意が必要です。

 

例えば、「ペットフード」など医薬品として販売していないものが「医薬品や医療機器のような効果を標ぼう」したり、「医薬品専用成分を配合」すると、薬機法に違反してしまう可能性があります。

 

広告表現で違反するポイント

 

ペットフードと医薬品の判別は、「成分本質」「形状」「用法用量」「効能効果」の要素で区別されます。この4つの要素と医薬品で区別をつけていないと、無許可の医薬品とみなされ薬機法違反に該当する場合があります。

 

例えば、ペットフードなら「〇〇病の治療に」や「疾病予防に」など疾病の治療や予防に使用されることが目的と判断される表示はペットメディアにおいて使用することができません。

 

標ぼう可能な医薬品的効能効果

 

ペットフードにおいて、ペットメディアで表示可能な医薬品的効能効果も存在します。

 

まず、「〇〇(特定部位)への栄養補給」など、特定部位の改善を標ぼうしない場合には、医薬品的効能効果と判断されません。

 

また、該当商品がペットフードとしての認識が明確である場合に限り、「減量が必要な犬、猫のための療法食」など疾病名が使える場合もあります。

 

まとめ

 

ペットメディアで宣伝するポイントや広告規制の注意点についてご紹介しました。

 

ペット関連商品やサービスなど市場規模の拡大により、適切なアプローチができれば高い効果が見込めるのがペットメディアのメリットです。オンライン・オフライン問わずさまざまな手法を駆使してターゲットにアピールしていくことが大切です。

 

弊社では、ペット可マンションの居住者をメインターゲットとして、顧客の家族構成や世帯年収を細分化し、潜在顧客となる居住者にピンポイントで広告媒体をお届けします。

 

ペットオーナーに向けたプロモーションを検討する際は、ぜひ弊社にご相談くださいね!

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら