費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

カー用品やディーラーが効果的な販促を行う5つの方法やポイントとは

車や車の周辺機器が欲しいと思う顧客は車種やメーカーを決めてから来店します。そのためカー用品や車を扱うディーラーでは販促(販売促進)を行う必要があります。販促を行う方法は5つあり、販促を行うメリットや注意点についてご紹介します。

 

カーディーラーが販促を行うさいに、プラスアルファでさらに集客や販売の実績が上がる工夫で効果的な販促を行い、利益に直結させられるようにしましょう。

 

カーディーラーの販促を行う意味とは?どうすれば車が売れる?

e1a86f9d8828a31cd5c3c8bfe836dbde - カー用品やディーラーが効果的な販促を行う5つの方法やポイントとは

カー用品やディーラーの販促方法を知る前に、どうすれば車が売れるのか、どうして販促を行う必要があるのかを知っておきましょう。車を売るときに特徴的な意義があります。

 

商品情報を目にしてもらう

 

カーディーラーが販促を行う目的は、商品情報を知ってもらう点にあります。実際に自動車業界において、商品情報を目にすると4人に1人の購買意欲が高まったと報告している研究があります。

 

商品によって販促の方法を変えたりいくつかの方法を組み合わせて、まずは新商品やメーカー名の認知を上げるのがカーディーラーの販促の目的です。

 

直接目にしてもらうのがオススメ

 

紙面やネット上でどんなに商品情報をとってもらっても、車や周辺機器は直接目にしてもらうのが効果的です。顧客が実際に車に乗ってみると購入後の乗っている姿などが想像しやすく、購買意欲が高まります。

 

広告などの販促を通じて、試乗をしたり、商品に直接触れてもらう機会を作ると購入に直結しやすいです。

 

参考:日本感性工学会論文誌「自動車業界における購買意欲に寄与するメディアとコンテンツの検証」

 

カー用品やディーラーの販促の方法には5つの方法がある

ea340b9dda8b893ddf2d9176220aac32 - カー用品やディーラーが効果的な販促を行う5つの方法やポイントとは

車を直接見てもらうためには、自動車販売店に足を運んでもらったり、顧客に問い合わせをしてもらう必要があります。そのきっかけとなるのが販促です。5つの方法を知っておきましょう。

 

①イベントを開催する

 

販売店でイベントを開催するのはカー用品店やディーラーが行うべき販促です。イベントでは現在車を購入しようか考えている人だけではなく、将来的な顧客の獲得が見込めます。イベントの開催例としては、以下のようなものがあります。

 

  • ファミリー層向けの縁日を販売店で開催する
  • 販売店の敷地にキッチンカーを呼ぶ
  • 地域のイベントの開催場所にする
  • 絵画展や活動発表会などを行う

 

イベント開催は「カーディーラーに行くのは敷居が高い」「今すぐ買うわけではないので行きにくい」といった顧客にカーディーラーを知ってもらうキッカケになります。

 

②SNSを利用する

 

商品情報を知ってもらう手段として広告費がかからないものがSNSです。最近ではSNSで検索をして、商品の購入を検討する人が多くなってきました。写真や動画をメインに投稿ができるため、車の外観や内観、性能を紹介するときにはオススメです。

 

どのSNSを使うときでも、商品情報を広く認知してもらうために以下の点に注意が必要です。

 

  • 更新は毎日行う
  • コメントなどには対応する
  • 分析ツールなどを使って顧客層を掴む

 

③チラシを配布する

 

SNSなどを使っていない顧客にもアプローチできる販促方法がチラシです。新聞折込チラシやポスティングチラシが一般的です。チラシの作成や配布に費用がかかりますが、確実に手にとって商品情報を見てもらえる手段です。

 

顧客が情報を何度も目にすると親近感を持ってもらえる可能性もあります。チラシを作成する際は、費用対効果を判定するようにしましょう。チラシがどのくらい効果を与えているかを確認できますので、コストカットやチラシの改善にも役立ちます。

 

④ホームページを作成する

 

カーディーラーが販促を行うためには、現在ではホームページは必須です。車を購入する機会が多い若年層やファミリー層は、購入前にネットで検索してからどのカーディーラーに行くかを決める人が多いです。

 

ホームページから問い合わせや資料請求が簡単にできるようにしておくと、顧客とのコンタクトが取りやすいです。ホームページを作るとアクセス数などが確認できるため、どのくらい興味を持ってもらっているかの効果を把握しやすいです。

 

⑤動画広告を作る

 

テレビのCMはカー用品やディーラーが行う販促方法の1つですが、動画広告を作るのもオススメです。最近はテレビを見ないで、YouTubeなどの動画を楽しんでいる人も多いからです。

 

動画広告は長短が選べますし、どんな顧客層に向けて配信するかのターゲティングが可能ですので、効率が良い販促方法です。動画を見る前や見ているときに広告が配信されるので、商品やメーカー自体の認知度がアップします。

 

カー用品店やディーラーが販促する際に効率が上がる方法とは

8000f187a5d4f41f098c85c81d0d83d7 - カー用品やディーラーが効果的な販促を行う5つの方法やポイントとは

カー用品店やディーラーが販促をする方法は5つあり、用途や客層に合わせて方法を選択すると、より効果的です。そのほかにも、販促の効率を上げる方法がありますので、「最近販促の効果があまり出ない」と感じている場合は要チェックです。

 

口コミ評価が上がるようにする

 

SNSやネットを利用している人は、口コミに敏感です。SNS上で良い口コミを増やしたり、ネット記事での評価が上がると顧客獲得につながります。

 

  • SNSに投稿してもらい、プレゼントを渡す
  • ディーラー内の撮影やSNSへの投稿を歓迎する
  • アンケートに答えてもらい、自社のサイトで紹介する

 

このような顧客目線での良い口コミが多くなるように工夫すると良いでしょう。

 

ホームページにはSEO対策を

 

ホームページを作成する場合は、SEO(検索エンジン最適化)対策を行いましょう。検索エンジンで人が何かを検索すると、表示される順番がありますよね。なるべく上位に表示された方がサイトへの訪問数が多くなります。

 

なるべく上位に表示されるようにSEO対策を行う必要があります。ホームページのデザインを見やすいものにしたり、良質なコンテンツを増やす必要があります。コンテンツの中には論文など根拠のあるデータを示したり、検索対象とするキーワードを適切に組み込むと良いでしょう。

 

来店経験がある人にアプローチする

 

カーディーラーの販促として効果的なのは、一度でも来店経験がある人にアプローチを行うことです。イベントなどで来店されたさいは、アンケートなどで電話番号、メールアドレス、住所を把握できるようにしましょう。

 

新商品やイベントの案内を送ると、また来店してもらえる可能性が高まります。しかし、しつこくすると嫌がられる可能性があるため、アンケートには電話をしても良いか、DMを送っても良いかの確認をしておくと良いでしょう。

 

まとめ

 

多くの人にとって車を購入するのは敷居が高いので、カー用品店やディーラーでは効果的な販促を行う必要があります。販促によって商品情報を目にしてもらい、来店してもらうと購入につながる場合が多いです。

 

販促方法はネットを通じたものや直接チラシを配る方法などがあります。どの方法も効果的ですので、いくつかの方法を組み合わせて狙った顧客に適切にアピールできるようにすると良いです。

 

長年ディーラー業界ではDM広告の送付では、富裕層・士業にむけた「ライセンサーDM」が全国で人気媒体となっておりますので、無料ebookダウンロードページに資料がありますので一度ご覧いただければと思います。

 

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら