ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

教室集客の際のチラシポスティングとポスティングの効果を高めるオススメ方法

教室集客の際のチラシポスティングとポスティングの効果を高めるオススメ方法

インターネットが普及し、チラシによる広告は目立たなくなったと思われがち

実際は私たちの生活にとても影響を及ぼしている。チラシは大手の家電メーカーや外食産業、スーパーのイメージが強いが、チラシポスティングで最も大きなポスティングの効果を発揮するのは教室集客である。

教室集客ではまず、教室周辺に住んでいる人々に教室の存在を認知させる必要

インターネットを使った広告だと、検索で上位にヒットするのに時間がかかり、最近では多くのホームページがあり過ぎて、設立し始めの教室にアクセスを誘導するのは至難の業である。

そこで、チラシポスティングは地元での認知度を高めるのに非常に大きな力を発揮する。

では、教室集客のポスティングの効果を最大限にするために、どのようなことに気をつければいいのだろうか。

チラシの投函とホームページとの提携という二つの点に絞ってチラシポスティングのオススメ方法を解説する。

まず、家庭の郵便ポストには週ごとに様々なチラシが投函される。

チラシは新聞に挟まれていたり、まとめて入っていることもあれば、ポスティングの効果を狙った自営業者が個別にチラシポスティングを行っている場合もある。

ここで重要となるのが、自分のチラシポスティングが他のチラシと併配(へいはい)しないことである。

併配(へいはい)とは、1人が他のチラシと一緒にポスティングをすることで、配布効率が高く、コスト低減効果がメリットとしてありますが、ポスト内で自社のチラシが埋もれやすくなる広告主のデメリットがあります。

たとえば、朝にチラシや郵便物が届けられる地域では、住民が朝に郵便受けを見る可能性が高いが、その時に大量のチラシを見ても多くが捨てられてしまう。

しかし、速達などの定期的でない郵便物もあるため、郵便受けを見るのは一回と限らない。

他のチラシと2回目の郵便受けを住民が見る間にチラシポスティングを行うことが、教室集客においては最も効果を発揮する。

その際、なんのチラシかすぐに理解できるように、チラシの文字のフォントを工夫することも必要である。

また、当然ながら「チラシの投函禁止」という建物はトラブルのもとになるので、チラシポスティングは厳禁である。

次にポスティングの効果を高める方法として、ホームページとの連携がオススメ

チラシには何の教室か、担当者は誰か、一言コメントなどの最低限の情報を記載し、詳細を見るためにホームページに誘導することである。

ホームページへのアクセス方法は簡単なもの、たとえばQRコードや、短いアドレスを用意するとよりアクセスが期待できる。

また、ホームページにはクーポンを用意するなど、アクセスしたことによるお得感を抱かせることも、教室集客でイメージを高めるには効果的である。

以上のように、チラシポスティングは投函時間の工夫とホームページとのコンビネーションによって、最大限の効果を発揮できる。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド