ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

リフォーム集客方法のチラシポスティングで内容を工夫しポスティング反響率の効果を上げる

リフォーム集客方法のチラシポスティングで内容を工夫しポスティングの効果を上げる

リフォームしたい居住者の視点

家などの不動産を所有していると、年数の経過と共に、建物の老朽化などが目立ってくる事もある。

あるいは、家に関する設備などは、年々進化を遂げていたり、改良が進んでいるため、リフォームを望むケースも多くなっている。家は、普段家族で生活するスペースでもあり、住み心地が良い家に住みたいと思うのは当然の事で、唯、家をリフォームする場合にも、利用する側では情報が乏しいという場合もあります。

現在では、リフォーム業者も多く存在しており、リフォーム集客方法にチラシポスティングなどを実施する場合も目立つ様になっているが、地元密着など競合他社が多く、最近では、多種類のリフォーム業者が混在している現状もあり、他社とは明確に住宅を区別されるポイントをチラシポスティングにも反映される事が求められています。

リフォーム集客方法にチラシポスティングを採用するのであれば、ポスティングの効果にも配慮すべき点

チラシの内容は、一般的なものでは他社との差別化に繋がらず、利用の可能性が無い人にとっては、一瞬で廃棄される可能性も否めない。

例えば、チラシのサイズを一般のサイズではなく、大きめの用紙にしたり、キャンペーン期間を設けるなどの工夫もできる。クーポン券などは、飲食店、商品販売においてもよく利用されているが、添付されていると、受け取る側にはお得感をもつ事に繋がる。

勿論、自社がリフォームにおいて提供できるサービス内容は、他社と鮮明に違いを打ち出すなど、セールスポイントはわかり易く提示する点も忘れてはならない内容だ。

リフォーム集客方法にチラシポスティングを実施するなら、対象がリフォームを行う可能性の高い人たちに選定した作業なども、ポスティングの効果に繋がる方法です。

若い単身者の多く居住するマンションなどもあるが、賃貸集合住宅の場合には、各戸でリフォームをする事が難しいため、対象から外す必要も見えてくる。と言うか正直なところ賃貸住宅にチラシポスティングしても効果は全く期待できない。

一戸建て住宅や、分譲マンションなどが対象になってくるが、ポスティングの効果を考えて、対象を限定した作業も可能な時代

特に、当社のような専門業者が実施するチラシポスティング作業の場合には、ポスティングの効果、即ちリフォーム依頼に繋がる事を目的にしたプロモーション戦略の作業を行ってもらえます。

与えられたチラシを大量に捌く事が目的ではなく、ターゲットが多く生活する地域・建物を特定して、ポスティングの配達作業を実施するのです。

対象から外れそうな部分を取り除いての建物分類の作業は、結果に直結したムダの無い動きを可能にするので、専門業者が行うチラシポスティングは、最近では、結果分析を伴っている場合も多い。

セグメントポスティングに対する反応という点においても、数字上での分析を行って、結果が紙面で通知されるなどもサービスの一環になっている場合があります。

当社含め専門業者によるチラシポスティングは、リフォーム集客方法においても、信頼できる実施方法です。

リフォーム集客で結果を出すための現状整理

多くの場合リフォーム集客としてお客様を獲得する場合、一戸建て住宅もしくは集合住宅でも分譲マンションがメインの新規お客様になります。そこでまずはポスティングについてお問い合わせがよく相談で入ってくるのですが、ほとんどのリフォーム業をやられている法人様のチラシ配布の方法が軒並み配布と言うのが大半以上を占めておりました。

リフォーム集客で結果を出すための現状整理

これはどういった現象で、その会社のリフォームチラシは広告配布をばら撒き配布方法で広告をお届けしているのかと言うと、戸建てやマンションは目視で判断できるものの、持ち家とか借家とか、または分譲マンションなのか賃貸マンションなのか、そもそもリフォームの集客でチラシ広告でプロモーションする場合に、これらの建物情報を棲み分けしてダイレクトに狙い撃ちポスティングすることができることを知らない方が多くいます。

ただ闇雲にリフォーム広告をばらまきのように巻いてもほとんどは広告価値として採用されない住宅に届いてしまうことが多くありますので、ここではどれぐらいの角度でリフォームの受注を増やすことができる広告手法をお伝えします。

リフォーム会社の店舗集客をチラシ広告で効率よく進める方法

リフォーム業の会社は古い住宅の改修工事のような形で受注を増やしやすいと言う傾向があります。そこでリフォーム会社は新聞広告やチラシで集客率を上げる施策を行いますが、単純な新聞広告の折り込みではなかなか成果を上げる事は難しいのが現実です。そこで、当社ではマンションの面積帯や建物価格相場や竣工年度から、実際にリフォームを発注しやすい環境にある建物を限定して狙い撃ちポスティングをすることで、実際のお客様に対しての顧客リーチ率を高めることができる方法を採用しています。

ターゲティング設定された建物限定のプロモーション

当社のディマールでは、リフォーム集客のターゲットとなる調査データに基づいて、お客様の自社サービスの強みを遺憾なく発揮できる潜在顧客に狙いを絞ったポスティングを実行します。またこの時にワンルームを覗く事はもちろんのことですが、ある程度の築年数を基準にして行うポスティングはマーケティングの戦略に応じて柔軟に配布プランが調整できます。

リフォームのチラシをポスティングでお届けするメリッ

チラシ広告のメリットは、実際にリフォームを検討していそうなご家庭にダイレクトにアプローチをかけやすいと言うところです。築年数から逆算して古い建物を特定すれば、効率よく潜在顧客へのアプローチをかけることができますので、結果的に営業効率が高まると言うことになります。

ポスティングはリフォーム会社の業務効率化を図るのにも重要な販促ツールの1つです。また、今の時代では、マンションは実際にオートロックなので家の中まで商談するよな飛び込み営業とかが難しくなっておりますので、実際の仕事の受注を考えると昔ながらの方法は非効率な行動となってしまいます。

ただし、ポスティングでリフォーム広告のチラシを実際にそのターゲットに該当する住宅へお届けすることで、後々リフォームの依頼でコンタクトをとってくる可能性がグっと高まります。

リフォーム会社の店舗集客をするチラシ範囲の設定方法

リフォーム集客のチラシ広告を届けるエリア選定については、おそらく決められた市区町村の範囲で限定されているリフォーム会社が多いのではないでしょうか?

このリフォームチラシを届ける範囲については、今までやられていた市区町村に隣接するエリアも新規獲得の検証として盛り込むことをお勧めいたします。

リフォームチラシの集客効果が上がるチラシ作成のポイント

リフォームチラシの場合、Googleなどで画像検索をしていただくと実際に同業者がどのようなチラシ広告で定期的にプロモーションをしているかが一目でわかります。以下は画像検索のキャプチャです。

リフォーム集客のチラシ広告

実際にポイントとなっている部分をまとめますと、1つ目がビフォーアフターの違いについて、文字ではなく実際の写真でリフォーム前とリフォーム後の違いをお伝えしているものが多く見られます。このように日本集客のメインとなるお客様に対して施行に関する情報を伝えるのは優先順位としては実は低くいかに居住者の関心をどのようにいくかが鍵となります。リフォームは施工前と比べてガラリと雰囲気が変化することが重要になりますので視覚的に魅力を伝えると言う部分では必ず入れて欲しい重要なポイントです。

2つ目がリフォームが世間一般的には高額な費用を求められる印象がありますので、反響良くするためにポスティングでは価格の記載方法を住民が関心を抱きやすいお値段でチラシ広告に掲載するのが重要です。リフォームの施工で実際の料金提示と言うのはチラシ広告では大きくなればなるほど避けたほうがベターです。なぜならばチラシ広告と実際の見積もり請求等で提示したときの料金のギャップでお客様を取り逃してしまうことになりやすいからです。

リフォームのチラシ広告は一瞬のイメージを重視

リフォーム集客のポスティングで重要なのがチラシ広告の見た目です。要はイケてる営業マンのように短く簡潔な文で何を伝えたいのかをまとめているチラシが最も反響が取りやすいと言われています。これはリフォーム集客に限ったことではなくチラシ全般に関わるポイントです。細かい説明が長々とやたらめったに記載されているチラシよりも、一目見て、ビフォーアフターもわかって魅力的に感じられるチラシ広告の方が高いレスポンスで戻ってきやすく、居住者の保存性も高まります。

リフォームチラシの配布方法は定期的に行う

リフォーム集客においてチラシの配布方法は新築の分譲マンションの販売や戸建て販売と同様に高額な商品の印象が強いので、1回だけのポスティングでは第一段階としては興味を持たせるレベルでとどまってしまうことが多いため実際にリフォームの依頼を決断するまでには至りにくいです。そこで定期的に2回目のポスティング3回目のポスティングでリフォームを決意させるにはちょっとしたキッカケになるキャンペーンや割引のチケット等をプラスすることで、お得感あふれる情報などを加えることで、リフォームチラシを見たお客様の意欲を効果的に刺激することができます。またチラシ広告に記載されているリフォーム会社さんも同時に認知度が上がってくる流れになります。

リフォームのチラシ広告で集客する戦略のまとめ

リフォーム集客で新規のお客様を獲得する場合に、リフォームチラシの広告やホームページのPPC広告等各社様で集客ツールを活用していると思います。今回は当社の方でも請負さしていただいているリフォーム集客で分譲マンションに限定したリフォーム広告の集客方法についてご紹介しました。

リフォーム集客においてチラシ広告によるポスティング集客ですが、結論としては見込み客となる住宅へリフォームチラシをできるだけ確率が高い方法でお届けすることが重要になります。

これがどれだけ重要なことかがお分かりいただけたかと思います。今の時代チラシ広告や知人の紹介で、物事を知ったときに、まず行動するのが、その会社のホームページをかなりの確率で確認します。この行動はパターン化されており、リフォームのチラシ広告を見てホームページを確認して、他のリフォームプランもさらにWEBで確認して、実際に行動まで落とし込むかどうか判断しております。

リフォーム集客の潜在顧客を効率よく集客するためにチラシ広告が担う効果としては、ホームページへの誘引と実際の問い合わせ反応の役割となります。一度ホームページを見ていただければ、後ほど「追っかけ広告」の定番になりますが、リマーケティング広告で定期的にその本人に広告配信することが可能です。また実際に、新規でホームページを見ていただいた方に対して、Facebook広告などでカスタムオーディエンスが作れますので、さらに効率的に広告配信が可能となります。全てにおいて顧客のリーチ率が高い方法を求める場合、チラシポスティングと言うのは配合方法を戦略的に行ってなければ、効果的な結果は導き出すことができないと言うことです。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド