費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

集客力アップ!ポスティングを成功させるために知っておきたいメリット

集客力を上げたい時、広告の選択肢として「ポスティング」があります。しかし、ダイレクトマーケティングのひとつであるポスティングには、どうしても受け取る側からのネガティブなイメージがつきまといがちです。

 

しかし、企業・店舗側からするとポスティングにはいくつものメリットがあります。向いている業種であれば、より効果的な集客力アップに繋げられることは間違いありません。

 

ではポスティングにはどんなメリットがあるのでしょうか?メリットや向いている業種を知ることで、さらにポスティングの効果をアップさせましょう。

 

 

【ポスティングの始め方】基礎知識と注意したいデメリット

1 - 集客力アップ!ポスティングを成功させるために知っておきたいメリット

ポスティングとは各家庭のポストに直接販促物を投函する宣伝方法です。販促物はチラシだけでなく、試供品やパンフレットなどの小冊子も配ることができます。

 

広告宣伝活動としてはかなりアナログな部類ではありますが、今でもメリットが大きい宣伝方法のひとつです。

 

ポスティングはどうやって始められる?

 

ポスティングを始めるには、準備するものが2つあります。実際にポストに入れたい販促物と人件費です。販促物はデザインを用意し印刷会社に頼むだけで用意できます。

 

現在ではデザインを入稿すれば印刷からポスティングまでワンストップで行うサービスもあるため、やることと言えばデザインを決めることくらいになります。

 

当社では印刷からポスティングまでの流れに加え、専門のマーケターによる配布プランをご提案しています。より効果的にポスティングで宣伝効果を挙げることが可能になりますよ。

 

配布方法の種類

 

ポスティングにも「全戸配布」と「選別配布」という配布方法があります。

 

「全戸配布」は指定したエリアすべての戸のポストに投函する方法です。一見、配布戸数が多くなるので効果が高いように見えますが、効率はかなり悪いうえリスクも高いです。

 

一方の「選別配布」はエリアの中でもさらにファミリー限定の指定属性のマンションなどに絞る配布方法です。これは不動産などの販促物ではよくとられる配布方法で、当社の独自ポスティングサービスもこちらを採用しています。

 

ポスティングのデメリット

 

さて、ポスティングのメリットを知る前に、デメリットを知っておかなければいけません。

 

それはクレームです。予期せぬ宣伝物が直接ポストに届くので、受け取った人が神経質だとどうしてもクレームが来てしまうことがあります。

 

ただし、もっともクレームが多くなるのが「全戸配布」です。無差別にばらまいているようなものなので仕方ないですよね。

 

当社のようにターゲットを絞ってポスティングできるサービスを利用すれば、クレームは最小限に減らせます。実際、当社取扱案件ではクレーム件数が多くても1~2件/3万部に留まっています。

 

参考:「たくさん投函されるポスティングチラシ 違法じゃないの?対処法は?」

 

どんな効果が期待できる?ポスティングをするメリット

2 - 集客力アップ!ポスティングを成功させるために知っておきたいメリット

ここからはポスティングのメリットを紹介します。ポスティングには、「エリア」「新聞未購読者へのリーチ」「試供品も可能」の3つの大きなメリットが存在します。

 

メリット1:エリアを絞れる

ポスティングはまず配布するエリアを決めることが重要ですが、特定のエリアに絞ることによって集客力をより高めることができます。

 

たとえば飲食店が良い例です。実際に店に足を運びやすいエリアにチラシをポスティングすることで、店の存在をアピールすることができます。不特定多数に目を向けてもらう雑誌広告などよりもかなり効果的といえます。

 

メリット2:新聞未購読者にもリーチ

 

一定年齢層以上がターゲットであれば、新聞広告はかなり効果的ですが、若年者世帯に向けたいならばポスティングが効果的です。

 

なぜかというと、新聞購読者が年々減っているからです。新聞未購読者・購読者を問わず販促物を目に留めてもらえるという点では、ポスティングのほうが有利と言えますね。

 

メリット3:試供品などを配れる

 

特殊な業種のみになりますが、自社商品の試供品を同封することができます。もちろん、ポストに入るほどのサイズに留めることが重要です。

 

しかし、駅前などで試供品を配ってもらうよりも確実に届くため、より多くの人に試してもらえます。販売店の近くであれば、より大きな集客効果が見込めるでしょう。

 

 

ポスティングのメリットを最大限活用できる業種とは?

3 - 集客力アップ!ポスティングを成功させるために知っておきたいメリット

ポスティングで大きな集客力を発揮するには、メリットを最大限活用できる業種であるかどうかを知ることも非常に大事です。

 

すべての業種がポスティングに向いているというわけではありません。ここでは、ポスティングの効果を見込める代表的な3つの業種を紹介します。

 

飲食店の宅配サービス

 

飲食店は自然と地域に根ざしたものが多くなります。エリアを限定して配布するポスティングでは力を発揮しやすい業種です。

 

その上、最近は宅配サービスが重用されるようになりました。出前や宅配ができる飲食店であれば、宅配エリア内にポスティングをすれば集客効果をかなり見込めます。

 

もちろん、お店に行って食べるのが好きという人はお店に来てくれるでしょう。どちらにしてもエリアに絞って宣伝できるポスティングに非常に向いている業種のひとつです。

 

塾・習い事

 

塾や習い事などの教室系は飲食店と同じく地域に根ざしたものが多いです。特に客層は教室から徒歩30分圏内が限度です。そのため、エリアを絞って宣伝できるポスティングが有効です。

 

さらに、配布エリアでも「単身者が多いマンション」や「子育て世帯が多いエリア」などに限定することで、より効果的な宣伝が可能です。

 

塾や習い事系は大きな広告を利用できない代わりに、しっかりターゲットの目に留まる宣伝方法を駆使しなければいけません。そのためポスティングが向いている業種です。

 

不動産系

 

エリアを絞って宣伝するのがポスティングですが、意外にも不動産系がかなり向いています。

 

なぜかというと、新築マンションなどの物件の移住者は近隣の住民が多いからです。昔から住み慣れている街のエリア内で暮らしていきたいという理由から、近場で住み替えをする人も多いです。

 

また、ネットの広告と違いポスティングで配布するチラシは視覚優位になりやすく、紹介する物件をより魅力的に見せることができます。そのため、不動産系もポスティングが向いています。

 

まとめ

4 - 集客力アップ!ポスティングを成功させるために知っておきたいメリット

ネット全盛の時代において、ポスティングはアナログな宣伝手法と思われがちですが、未だにメリットが大きい宣伝方法です。

 

手軽にできるうえ、業種によってはより効果的に集客を見込めます。エリアに絞るだけでなく、ターゲット層まで絞ることでより効率的に効果を挙げることも可能です。

 

当社では専門のマーケターがさらに詳細に配布条件を絞り、印刷から配布までを担当します。企業・店舗それぞれに合ったポスティングが可能になります。

 

ぜひ、当社のポスティングサービスを宣伝にお役立てください。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら