費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

ポスティング・ノウハウを駆使!「勝てるポスティング」を行う方法とは

ポスティングとは、自社の商品やサービスを宣伝するために、事業所や個人宅のポストにチラシやハガキを投函する宣伝方法です。ポスティングは、ただチラシを配るだけでは、同業他社に勝つことはできません。

 

行った結果を測定し、顧客の反応を検証するといったポスティング・ノウハウを駆使することで、ポスティングのマンネリ化を防ぎ、効果的な販促につながるのです。ポスティングのノウハウを知っている企業が取り入れる方法や、反響を上げる方法について説明するので参考にしてみてください。

 

ポスティングのノウハウ| 反響率がどの程度か知っていますか?

ポスティングを実施しているなら、ポスティングの反響率をきちんと計算しないともったいないですよ。反響率を正しく理解して上げていくことは、企業の利益に直結するからです。

 

ポスティングの反響率 

 

ポスティングの反響率は、「1万部を撒いて1件反響が出る」と言われるほど反響率が低いです。しかし、ポスティング・ノウハウを知っている企業は高い反響率を出し集客につなげている事実もあります。

 

ポスティングには、認知度の向上やダイレクトなアプローチができるなどのメリットもあるので、反響率を上げていくための工夫をして長期的な視点で取り組みましょう。

 

ポスティングの反響率は、「反響率(%)=反響数÷チラシの配布枚数×100」という式で計算できるので、ポスティングを実施した際には、この計算方法を使用して反響率を出してみてくださいね。

 

ポスティングの反響を集計する期間  

 

ポスティングの反響を集計するのなら期間を設けましょう。一般的な集計期間は2週間といわれています。チラシを見て商品購入や問い合わせなどの行動をするまでに1週間、予定が合わず来店されなかった方が翌1週間に来店いただける可能性もあるので合計で2週間です。

 

ポスティング・ノウハウを知らない方が長期間にわたってずるずると集計してしまう場合がありますが、効果の測定をして次回に活かすことが大切なので、期間を決めて集計しましょう。

 

ポスティングの反響率が悪い原因 

 

ポスティングの反響率が悪い原因の一つに、ターゲティングが曖昧であることが挙げられます。例えば、ターゲティングするエリアを広く取りすぎると、ポスティングした部数に対し反響率が悪くなります。

 

また、ポスティングするチラシのデザインがターゲットに合っていなく、ターゲットの心に響かない場合は、反響率が悪いです。

 

また、ポスティング会社に依頼していて反響率が悪いなら、ポスティング会社がノウハウを理解していない場合もあります。質の悪い会社は、きちんとポスティングしないなどの事例もあるので注意が必要です。

 

ポスティングのノウハウを知っている企業が取り入れる3つの方法 

ポスティングノウハウ

ポスティングのノウハウを知っている他社がどのようにして効果を上げているのか気になりますよね。ポスティングで効果を上げている企業が取り入れている方法を紹介します。

 

最適な季節を選びましょう

 

季節感に合わせたイベントや催しを宣伝したいなら、ポスティングのタイミングが重要です。イベントの内容にもよりますが、イベント開催のおよそ1ヶ月前に配布するのが一般的です。

 

例えば、不動産業界のポスティングなら新生活などで引っ越しする人たちをターゲットとしているので3〜4月頃の配布が望ましいです。

 

そして、美容関連やエステのポスティングをするなら、露出の多くなる夏に向けて5〜7月頃に配布しましょう。

 

このように季節感を意識して顧客の行動を予測することも、ポスティング・ノウハウを知っている企業なら取り入れています。

 

継続して行いましょう 

 

ポスティングの効果が一度で得られることは滅多にありません。ポスティングとは、そもそも継続することで効果が出やすくなる手法なので、「一度やってみて反響が無かったから諦める」というのは少し早計かもしれないです。

 

広告の反響には、アピールする内容やタイミング、デザインなどさまざまな要素が影響しているので、ポスティング・ノウハウを意識して配布を実施し、そこから得た情報から改善点を見つけていきましょう。

 

PDCAサイクルを取り入れましょう 

 

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)を繰り返すことで継続的な業務の改善を促す手法です。PDCAという言葉を知っている人は多いですが、上手く回せている企業は少ないので、上手に取り入れれば他社に勝てる決め手となるでしょう。

 

ポスティングのノウハウとしてPDCAサイクルを取り入れるメリットは、ポスティングの目的を明確にすることにより、評価を「見える化」して改善につなげることにあります。

 

反対に、デメリットはそれぞれのステップにそれなりの手間がかかることや、問題点の解析に労力がかかることがあります。

 

ポスティングにPDCAを上手く取り入れて他社に勝てる戦略的な宣伝を行いましょう。

 

反響率を上げるポスティングのノウハウ|競合他社に勝つためには

競合他社に勝てるように反響率を上げるポスティングはどのような工夫をするべきでしょうか。競合他社に悩む方におすすめの反響率を上げるノウハウを紹介します。

 

 問い合わせ・申込み方法を複数用意 

 

チラシを見て興味を持った顧客が「問い合わせ・申込み」に使う手段を複数用意しておくこともポスティングのノウハウとしては大切です。

 

ホームページのお問い合わせや電話、最近ではLINEを使う企業も増えてきました。お客様が申込みをすぐにできるように、チラシに掲載する問い合わせ方法を目立たせるデザインにしましょう。

 

利用しやすい問い合わせ方法は人によってさまざまなので、方法を複数用意することは反響率の上昇につながりますよ。

 

効果的なターゲティングとエリア選定

 

反響率を上げるポスティング・ノウハウの一つに「効果的なターゲティング」があります。ターゲティングを効果的に行うためには、ポスティングで得たい効果を明確にしましょう。

 

ポスティングで得たい効果が「新規顧客の獲得」なのか「リピート客の増加」なのかでアピール方法は全く違ったものになります。ポスティングで得たい効果を明確にすることで

ターゲティングがしやすくなりますよ。

 

アプローチしたいターゲット層に合わせたポスティング・エリアの選定も大切です。商圏や顧客の特徴を加味して配布エリアを決め、より効果の高いポスティングを行いましょう。

 

顧客の興味を惹くデザインとレイアウト

 

顧客に興味を持ってもらうチラシにするためには、顧客に有益な情報が書かれていることが大前提です。

 

顧客がポスティングされたチラシを見たときに、「こんなお得なサービスがあるのならもっと知りたい」と、このような考えに誘導できるデザインやレイアウトを意識して作成しましょう。顧客の来店意欲・購買意欲を刺激すれば集客につながります。

 

参考:J-Stage「チラシ構成要素が客数変動に及ぼす影響 」

 

まとめ

 

ポスティングは、ノウハウを理解してチラシの内容や配り方を工夫することで、集客・売り上げアップが期待できるマーケティング手法です。

 

ポスティングの導入が決まったら、ターゲットやエリア選定について掘り下げ、効果を測定しながら継続して行うことで、ポスティングの効果も高まるでしょう。

 

自社で全て行うことが難しい場合は、ポスティングの専門業者に依頼すると、配布エリアを提案してくれたり、ターゲットに見てもらえるチラシのデザインを作ってもらうこともできますよ。

 

ご紹介した反響率の確認の仕方や、反響率を上げる方法を参考にして、他社に勝てるポスティングを目指しましょう!

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 9:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド
無料提案は
こちら