費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

ポスティング・エリアの選定を効果的にするには?5つのポイントを解説

ポスティングにはエリアの選定が重要って聞くけど、方法がわからない…」「エリア選定ってしないといけないの?ポスティングの効果は本当に上がるの?

 

ポスティング・エリアの選定ってどのエリアを選べば良いのか迷いますよね。ポスティングは比較的安価で宣伝を行えるうえに、さまざまな業種で取り入れることもできます。しかし、無計画なポスティングはコストを無駄にしてしまい効果がありません。

 

今回は、効果的なポスティングにおけるエリア選定のポイントを解説します。ポスティング・エリアの選定にお困りの方は参考にしてみてくださいね。

 

【ポスティング・エリアの選定をしたい】効果を上げるポイント!

顧客を集客するためのサービスを宣伝する目的で、ポスティングを利用したい場合、ポスティングの反響をより高めるためにエリアの選定を戦略的に行うことが大切です。

 

そもそもなぜエリア選定が重要なのかも含め、ポスティング・エリアを選定する際の効果を上げるポイントを紹介します。

 

人口分布を把握する

 

商圏とは、自店舗に顧客を集客できる範囲を示すビジネス用語です。自店舗周辺の人口数や年代、世帯の種類などを調査して自店舗の商品やサービスを必要としている潜在的な顧客が多い地域が商圏となり、有力なポスティング・エリア候補になります。

 

各市町村のホームページなどで対象地域の人口分布や構造、世帯数を調べておくことで、現状の商圏分析から今後、対象エリアの成長の可能性まで予測できます。

 

効率的なポスティング・エリアの選定のためには、人口分布の把握は最も重量なタスクの一つといえます。

 

ターゲットを明らかにする 

 

ポスティングするエリアの選定をする場合、ターゲットを明確にすることもポイントになります。作成した配布物が「年齢層」、「世帯年収」、「持ち家か借家か」においてどのような属性向けであるのかを把握してターゲットを決めましょう。

 

あなたが提供するサービスをどんな人が求めているのか把握してターゲットを明らかにします。そうすることでターゲットに情報を知ってもらいやすくなり、ポスティングの効果も高まるでしょう。

 

競合の分析をする

 

ポスティング・エリアの選定において、商圏を同じくする競合店舗の存在の有無もチェックしておきましょう。競合店舗が存在して売り上げがあるということは、その商品・サービスの需要があるということです。

 

競合店舗の周辺エリアにポスティングしても反響が見込めないのは、サービスが同一であるためという可能性があります。競合店舗に対して圧倒的な差別化ポイントや形態の異なるサービスなどアピールできるポイントがあれば、競合店舗に負けずに集客できるでしょう。

 

競合店舗のエリアを把握しつつも、競合にはない自社の付加価値をアピールポイントとして配布物に反映することが重要です。

 

エリア特性を把握する 

 

お知り合いの方(親戚や仕事関係の方)に聞いたり、対象のエリアでアンケートをとることで、ポスティングしたいエリアの特性を知ります。そして、取り扱い商品やサービスの購買層になりそうな人が住むエリアを有力な配布エリアに選定します。

 

宣伝する商品やサービスによって、老若男女ほとんどの人が対象となる場合もあれば、富裕層の方が対象になる場合もあります。エリア特性を把握することでポスティングの反響がありそうな地域を特定できます。

 

商圏バリアの有無を確認する 

 

商圏内に、自店舗への来店を阻害する物(河川や幹線道路、ショッピングモールなど)があった場合、その障害物と反対側に住む人々の来店率は著しく低下します。

 

その障害物は「商圏バリア」と呼ばれていて、障害物と反対側に競合他社があるかどうかなどさまざまな要因が商圏を構成しています。商圏バリアを含めた商圏データをしっかりと把握して分析することで緻密なポスティング・エリアの選定や経営戦略が実行できるのです。

 

参考:MASCOMMUNITY「競合状態にある店舗の商圏における消費者行動モデルの研究

 

 

【失敗しないポスティング・エリアの選定は?】行動計画を作成!

ポスティング・エリアの選定は、前回のポスティングで得たことを今回に活かして実践を繰り返すことで効果の上昇が期待できます。そのために、計画から実行、評価の流れをスムーズにこなすための行動計画の作成が大切です。

 

ポスティング計画を立てる 

 

ポスティングの計画とは、ポスティング・エリアの選定を行うことといっても過言ではありません。エリア選定は、「なぜそのエリアにポスティングをするのか」という根拠があるからこそ評価ができ、意味を成すものとなります。

 

ポスティング・エリアの選定を効果的に行うために、選定した根拠を明確にして次回の改善につなげましょう。

 

ポスティングの実施

 

ポスティングは、さまざまな販促方法のなかでもクレームが起きやすいです。不特定多数の方のポストに投函するので、チラシを欲しくない方もいらっしゃる為です。

 

ポスティングの際にどのようなクレームが起こりやすいかを把握しておくことも大切です。ポスティング業者に依頼する場合は、クレーム対策を真摯に行ってくれる会社を選びましょう。

 

ポスティングの効果を分析 

 

ポスティング・エリアの選定において、ポスティングの効果の分析をすることで改善点を明らかにできます。何枚配布して、問い合わせや申込みは何件あったのか、どのエリアでどの程度反響があったのか数値で残しておきましょう。

 

ポスティングの改善をして次回に繋げる

 

ポスティングの効果を分析したら、計画時に選定したエリアでどれだけの反響があったかを明確にし、改善策をまとめましょう。

 

優先順位の高いエリアや低いエリア、それぞれの反響の有無をまとめることは、次回のエリア選定の基準になるだけでなく、配布物そのもののビジュアルや配布する顧客の見直しにもつながります。

 

この改善策をベースにして、再度実行に移行し、顧客のニーズにあったポスティングを目指しましょう。

 

まとめ

 

ポスティング・エリアの選定における効果の上げ方やポスティング・エリアの選定の失敗しないための方法を説明しました。

 

ポスティングの効果を高めるには、どのエリアにターゲットがいるのかを把握することが不可欠ですが、常にエリアを絞り込むことだけが正解というわけではありません。これまで商圏として考えていなかったエリア居住者の顧客化もあり得るからです。

 

絞り込んだ配布エリアで効果が得られなかった場合は、気持ちを切り替えて新しい商圏エリアに挑んでみることも必要になるでしょう。ポスティングは、配布方法が選べたり物件によって配布の可否を決められたり、小回りの利く宣伝方法です。

 

上手に使うことで、WEB広告より集客効果が得られることもありますよ。ポスティングの特徴を活かして費用対効果の高いポスティング・エリアの選定をしましょう!

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 9:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド
無料提案は
こちら