ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

【オンライン広告が多い現代だからこそ取り入れる】オフライン広告の必要性とは?

【オンライン広告が多い現代だからこそ取り入れる】オフライン広告の必要性とは?

オンライン広告で溢れている現代において、「オフライン広告」は使えるのかどうか微妙ではないか?もしくは、効果がないのでは、と考えている企業や広報担当もいますが、決して、オンライン広告のみが効果があるというわけでもないのです。

 

本記事では、オフライン広告とオンライン広告の違いに着目しながら、どんな事業にどの広告が向いているかをまとめています。

現在オフライン広告を使うかどうか迷っている場合や、オフライン広告の良さがわからない場合には、必見ですよ。

オフライン広告の特徴は『昔から変わらない』広告であること

オフライン広告の特徴は『昔から変わらない』広告であること

 

日本には、現在2種類の広告があります。

 

  • SNSや動画、リスティング広告などのオンライン広告
  • テレビや新聞、ダイレクトメール(DM)を用いたオフライン広告

 

中でもオンライン広告は現代の日本において、多くの企業が取り入れている広告の手法です。

しかし、全ての企業においてオンライン広告を導入した後、効果を得られているかというと、それは違います。広告にも事業や、サービスとの「相性」が存在するのです。

 

オフライン広告に相性が良いとされる場合

 

  • スーパーやマートなど、チラシを用いる有人店舗のPR
  • 特定の地域や施設、駅を利用するユーザーにPRしたいとき
  • 通勤、通学をする層がターゲットになる場合
  • ネットを用いる事業ではない場合

 

など、オフライン広告で効果を発揮できるターゲット層は近隣地域や特定の施設や、ネットを用いる必要がない場合であり、特定の施設を含めた細かいPRに適していて、相性が良いと言えるでしょう。

 

オンライン広告に相性が良いとされる場合

 

  • スマートフォンや、iPhoneなどいわゆる「IT機器」を日本全体でPRしたいとき
  • ネットを中心とした事業を展開したいとき
  • ホームページを用いて売買取引を展開したいとき
  • 動画を用いたサービスの説明をしたいとき

 

など、ターゲット層が「ネットを用いている」という共通点もあげられるでしょう。

もし顧客に向けたサービスにおいて「インターネット」を使う部分があるならば、オンライン広告は少なからず相性が良いとも言えます。

 

オンライン広告の歴史は浅く、日本では1995年にYahooのサービスが始まりましたね。そこから徐々に様々なネット広告が広がっていきますが、オンライン広告を取り入れた多くの企業がオンライン広告を、上手く扱えているかというと、そうでもありません。

一方でオフライン広告の場合は、歴史は大変長く平安時代にまでさかのぼることもできます。つまり昔から身近にあるからこそ「オフライン広告の勝手」がわかると言っても良いでしょう。伝え方を理解していれば、伝えたい層に直接伝えることはできるのです。

 

オフライン広告の種類は7種類!オンライン広告よりも多め

オフライン広告の種類は7種類!オンライン広告よりも多め

 

オフライン広告の種類は大きくわけて7種類と言われています。

 

  1. テレビ広告
  2. 新聞広告
  3. 雑誌広告
  4. ラジオ広告
  5. 会員誌広告
  6. 交通広告
  7. フリーペーパー

 

など、誰でも1度は見たことがあるのではないでしょうか。駅や有人店舗、会社の廊下や役所など、至るところに「広告」が貼られていますよね。生活の中で目につく紙やテレビの広告は全て「オフライン広告」なのです。

 

中でも、広告の露出度が高いとされるものから、店舗や企業の近隣に向けた、いわゆる地域密着型の広告など、さまざまですが、特に誰でもすぐ始められるものは次の通りです。

 

  • フリーペーパー
  • 雑誌広告
  • 新聞広告
  • DMやチラシ

 

誰でもあげられるといった点では、以上においてあげた広告になるでしょう。

これらの費用感はおよそ10万円から50万円であり、広告の露出をあげていく程、値段がかかっていくシステムになっています。

 

一方でオンライン広告の種類は主に5種類

オンライン広告の種類は主に5種類

 

一方で、オンラインでの広告とされる方法は5種類です。

 

  1. 動画
  2. SNS広告
  3. サイト(LPを含む)
  4. リスティング広告(リターゲティング広告)
  5. ディスプレイ広告(純広告)

 

以上の5種類の中でも、枝分かれしていきます。

またどれも導入に際し、サイトを経由することが大変多く、今すぐ始めたいという場合や、エリアマーケティングをしたいという場合には、少々厳しいことが特徴的でもあります。

 

オンライン広告においての厳しさは、専門的な用語が多いからこそ難しく考えてしまいがちになり、上手く伝えるためのコストが必要以上にかかってしまうといった点があげられるでしょう。

 

オンライン広告は別名、オンラインマーケティングとも言われており、マーケティングはマーケット(市場)指します。マーケティング業務の中では、マーケットをターゲットのいる層を意味するのですが、他にも専門用語は数多くあります。

加えて、オフラインのように実物がないため、広報担当が1人で進められないことも考えられるのです。他社が仲介して初めて効果的な広告が作れるということも少なくありません。

すなわち、パソコンが得意でないという場合や、「オンラインで広告を出す」ことの意味や効果をいまいち理解していないときにはオンラインでの広告を取り入れても、大きな効果は得ることが出来ないのです。

 

オフライン広告のメリットとデメリットから見る解決策

オフラインのメリットとデメリットから見る解決策

 

オンライン広告が主流になりつつある現代だからこそ、それだけオンライン広告の市場において、競合が高く「これから広告を取り入れる」となっても、競合他社に差をつけることは難しいと言えるでしょう。

一方で、オンライン広告が主流といって動いている企業はオフライン広告には、力を入れていないことも考えられるため、オフライン広告の市場は今が狙い時でもあるのです。

 

また、オフライン広告には他にも大きなメリットがあります。
では、どのようなメリットがあり、デメリットをどのように解決していくのかを解説しましょう。

 

オフライン広告を取り入れるメリット

オフライン広告を取り入れるメリットは次の通りです。

  • 他社を仲介させることなく自社内で完結するからこそコストの削減になる

→ポスターやDMなど、自社一貫で作れるからこそ他社を仲介させることなく、その分のコストパフォーマンスの削減につながります。また、仲介させる必要がないからこそ、伝えたいことを広告に反映させることができるのです。

  • 常連や近隣の顧客メインにPRするため競争率が適度

→オフラインマーケティングの特徴のひとつです。DMやポスター、チラシなどオフラインの媒体でPRをする場合は近隣地域へのPRとなり、最初から「同じ地域にある他社」が競合となりますが、オンラインの場合には、競合が最初から多くなってしまいます。

 

  • ターゲットを絞ったうえでの広告であるからこそ効果を上げやすい

→オフライン広告にすることで、最初から「地域」にターゲット設定ができていることから、地域が関係している場合はそれだけでも効果をあげられると言えるでしょう。

 

オンライン広告の方が良いのでは?オフライン広告のデメリット

メリットデメリット

 

両方の広告を比較しながら、メリットを解説しました。オフラインにも大きな効果は期待できることがわかりますね。

 

  • 修正時にコストがかかる

→訂正時や広告を作成したときと、自社内で周知する内容に変更が生じると、オンラインで作成したものは「上書き」となり、変更も楽に済みますが、印刷していた場合や、油性ペンなどで書いていた場合には、一から書き直しということになるでしょう。
つまり、最初から「発信する情報を統一しておく」必要があるのです。

  • PR内容が定まらない場合にターゲットに上手く伝えられない可能性もある

→PRをする意味がわからなかったり、自社の強みを伝えるときに言葉が思い浮かばないことはありませんか?
オンライン広告では、少しずつ修正を加えて上手く伝えることが出来ても、オフラインでの広告となると、そうはいきません。完成後、世間に出した後でうまく伝えられているかどうかを理解します。一度公開されたものを修正することは出来ないのです。それだけオフライン広告には慎重さが求められると言っても良いでしょう。
また、自社の強みをどれだけターゲット層に伝えるかもスキルが必要になります。

オフラインとオンラインの広告には、それぞれに良さがあり、それぞれに大きな違いがあるのです。

 

オフライン広告を取り入れることで特定地域の住民にPRできる

オフライン広告を取り入れることで特定地域の住民にPRできる

 

オンライン広告で不特定多数のユーザーに周知をするよりも、オフライン広告で「特定地域」や「近隣住民」「特定の施設を利用するユーザー」にPRをすることで、大変効果的な周知となるのです。

 

単にエリアを決めてチラシをばら撒くようなリアルメディア配布方法ではなく、「反響ポスティング」を目的とした事前の広告戦略について、基本的な考え方、NGな考え方の両方でどこよりも分かりやすく、細分化できれば広告担当のあなたのパフォーマンスはグッと向上するでしょう。

 

オフライン広告のセグメント配布はどこまでターゲティング出来るの?

オフライン広告のセグメント配布はどこまでターゲティング出来るの?

 

オフライン広告を取り扱う業者は、パートナーの広告代理店がクライアント様へご提案して広告主が採用されるケースが殆どで、具体的にどこまでターゲットを分類して反響ポスティングのプロモーションが可能かどうかは、グレーな部分があります。ここでは基本概念をご理解いただき業務知識を向上できればと思います。

 

そもそもオフライン広告で、メジャーどころを除いた場合にはチラシ広告の反響「ポスティング」で狙った方法と郵送物の「ダイレクトメール」しか基本的にありません。あとは個別業者のニッチメディアといったところです。

 

広告宣伝の定番「ポスティング」と「ダイレクトメール」は、実はやり方によって物凄い広告宣伝効果があります。一般的に知られているポスティング&ダイレクトメールのセグメント出来る種類を知ることで、あなたの思考レベルや広告戦略の考え方が劇的に変わってきます。

 

あくまでも広告宣伝の目的は「売上をあげること」です。本来の目的がズレないようにしましょう。

 

当社推奨のあまり知られていない方法で、個人情報が無くても狙い撃ち広告として、お届けるポストの顧客属性が殆ど特定するマーケティング手法を使うことで可視化出来るのです。

 

例えば、

 

・年齢(持家マンションならおおよそ特定可能)

・年収(資産価値もしくは住宅相場より推測)

・資産(結構大事なポイント)

・家族構成(単身・ファミリーなどを知ることで勝敗が左右される)

・持家/借家(扱う広告内容によって、ポスティングの反響に響く重要項目)

 

などが、国勢調査データを使わずに、高確率で特定することがオフライン広告で実現できます。オンライン広告と一味違った方法でターゲットのリーチ率を格段に上げられれば、クリック単価より安くリーチ出来ますので、相乗効果が生まれやすくなります。

 

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド