費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

ダンススタジオ集客の鍵はターゲット設定!反響率UPの宣伝法もご紹介

 

新規にダンススタジオをオープンしても、なかなか会員数が増えず苦労する例が絶えません。ダンススタジオ集客はすぐには上手くいかないので、結果が出にくく続けるのに体力がいるのが難しいところです。

 

では、ダンススタジオが集客するには何が必要なのでしょうか。必要なのは、マーケティングの基礎でもある「ターゲット設定」でした。

 

この記事では、ダンススタジオ集客に必要なターゲット設定のやり方や、ターゲット設定した後に実施すべきおすすめの宣伝方法を解説します。

 

ダンススタジオ集客が上手くいかないのには必ず理由がある

d0b21e444aca0d8591095831ee287225 - ダンススタジオ集客の鍵はターゲット設定!反響率UPの宣伝法もご紹介

 

どうしても会員数が増えないとき、どのジャンルの教室でも必ず理由があります。ダンススタジオ集客においても同じです。そんな時だからこそ集客が上手くいかない理由を明確にするべきです。

 

すぐに効果の出る集客手段はない

 

まず、ダンススタジオ集客には始めてから1週間や1ヶ月で効果が出る手段はありません。また裏技的な集客方法もありません。

 

それを理解したうえで、改めてダンススタジオ集客について考える必要があります。集客方法の効果が実感できるのは、数ヶ月~約1年ほど試行錯誤を続けてからと考えておいたほうが良いでしょう。

 

また、お金をかければかけるほど良いというわけではありません。時間が必要になるがお金はかからないという集客方法でも効果が出ます。

 

よくある例がSNS運営です。効果が出るまで時間がかかる上、運営にも時間を取られますが、かかるお金は少ないです。

 

集客には戦略性が重要

 

ダンススタジオを運営する方の中で、マーケティングを勉強している方はあまりいないでしょう。しかし、ダンススタジオ集客をしっかりしたいのであればマーケティング戦略は必要不可欠です。

 

思いつきや行き当たりでの宣伝では、宣伝費や時間だけが浪費されていきます。ご自分のスタジオがどういったスタジオで、どういった人に集まってほしいのかを固めた上で有効な集客戦略を考えていきましょう。

 

ターゲット設定と価格設定の齟齬

 

ダンススタジオ集客がうまくいかない理由のひとつとして、ターゲット設定と価格設定が食い違っているときがあります。

 

たとえば、ターゲットがOLの場合でも年齢層によって通いやすい価格が違います。また、目的や目標によっても払える金額の限度が違います。

 

ダンスで運動不足を解消したい、または楽しくダンスをしたい人は、月に数万の月謝は払いません。しかし、本気でダンスを上達させたい、練習したいという人は払います。ターゲットとの齟齬も集客がうまくいかない理由になるのです。

 

参考:趣味なび大学「レッスン料はどうやって決める?基準となる3つの考え方」

 

集客力UPの鍵はターゲット設定!ダンススタジオ集客のコツ

3bd8a3914dcb8c42155033a42d15d144 - ダンススタジオ集客の鍵はターゲット設定!反響率UPの宣伝法もご紹介

 

ダンススタジオ集客はターゲット設定をしっかりするところから始まります。集客手段を見直す前に、まずは自分のスタジオがどういった人に来てほしいかを考えましょう。

 

スタジオのメインターゲットは?

 

自分が運営するダンススタジオのメインターゲットを考えます。それには、「自分達ができるレッスン」を固める必要があります。

 

ダンサーを目指す人や本格的にダンスをする人向けのレッスンができるのであれば、メインターゲットは自然と本格派を求める人達になります。

 

この「本格派」の人達と、「ただ身体を動かしたい」「楽しくダンスをしたい初心者」はターゲットとして共存しません。必ずどちらかに絞らなければいけません。

 

複数のターゲットをカバーしようとすると、レッスン内容や宣伝内容にまとまりがなく、結果としてどちらにも訴求できなくなり、ダンススタジオ集客は失敗します。

 

価格設定やレッスン内容はターゲットに合っている?

 

ターゲットを絞ったら、価格設定とレッスン内容がそのターゲットに合っているか確認します。

 

本格的に上手くなりたい人がターゲットなら、濃いレッスンが必要なのでレッスン内容を見直さなければいけません。それに合わせて、講師の利益が出る価格設定にします。

 

ダイエット目的の場合は、ダイエットに最適なレッスン内容になります。講師にとってはあまり負担のかからない内容で受講人数を確保できるのであれば、価格設定も低くできるでしょう。

 

ターゲットの目標を具体的に示せるか?

 

大事なのは、設定したターゲットがどういった目標を抱くかを予測することです。ダイエット目的でダンススタジオに通う人は痩せることが目標です。ダンサーを目指す人はダンサーとして食べていける表現力を身につけることが目標になります。

 

ターゲットが抱くであろう目標を具体的に考え、「このスタジオに通えばそれが達成できる」ということを示さなければいけません。

 

そのため、ダンススタジオ集客にはメインターゲットの到達したいゴールまで想像してターゲット設定を行う必要があるのです。

 

ターゲット設定したら…ダンススタジオ集客におすすめ宣伝法3選

8f14b8eae66c6a703aa9426bdb6c84a1 - ダンススタジオ集客の鍵はターゲット設定!反響率UPの宣伝法もご紹介

 

ターゲット設定が終わったら、改めて宣伝をする必要があります。宣伝方法には様々な手法がありますが、どのジャンルにもそれぞれ効果の出やすい・出にくい手法があります。

 

そこで、ダンススタジオ集客におすすめな宣伝方法を3つ紹介します。

 

①ホームページ作成

 

ダンススタジオ集客に限らず、教室・スタジオ系には必ず作ったほうが良い物のひとつとしてホームページがあります。ここには料金設定や住所、地図、講師の情報など、載せられる情報は全て入れ込むようにしましょう。

 

なぜかというと、他の宣伝方法から誘導する目的地が必要だからです。SNSやチラシに載せられる情報には限度があります。

 

しかし、ホームページに行けばスタジオに関する情報がすべて見られるようにすれば、チラシやSNSの情報を最低限にしてもスタジオのことを知ってもらうことができるのです。

 

②SNS運営

 

気軽に知ってもらう間口として、SNSのアカウントは重要です。TwitterやInstagram、Facebookなど種別は問いません。更新は定期的に行いましょう。

 

また、ただレッスン情報を流すだけではなく、メインターゲットの知りたい情報を発信しましょう。レッスン情報などはすでに会員になっている方やもうスタジオに行くつもりの方しか興味がありません。

 

スタジオに興味を持ってもらうためには、まずメインターゲットにとって価値のあるアカウントでなければいけません。動画投稿や情報発信でフォロワーを増やしていきましょう。

 

③チラシをポスティング

 

ダンススタジオ集客では地域に対してのアプローチも必要です。そのため地域に直接アプローチできるポスティングもまだまだ有効です。

 

チラシにはQRコードやクーポンをつけたり、無料レッスンやお試しレッスンの情報を載せるのも良いでしょう。

 

弊社のポスティングサービス「ディマ―ル」なら、よりターゲットの年齢層・性別に向けたポスティングも可能です。地域全体でなく、より絞り込んだ配布で効率的に反響率を上げられます。

 

まとめ

 

ダンススタジオ集客には、まずターゲット設定をしっかりするのが大事です。ターゲットは複数設定するとレッスン内容にぶれが出てしまい、結局どちらにも訴求できなくなります。必ず絞り込みましょう。

 

ターゲット設定ができたら、以下の宣伝方法を改めて検討しましょう。どれも継続的に運営・展開すれば少しずつ効果が出てきます。

 

  • ホームページ運営
  • SNS運営
  • ポスティング

 

ポスティングをする際は、弊社にご相談ください。よりターゲットに向けたポスティングができるよう、スタジオに合わせたポスティングプランをご提案します。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら