費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

保険会社はポスティングするべき?3つのメリットや配布のコツを解説

 

「保険会社はポスティングを取り入れたほうがいいの?」

 

保険の営業活動が初めての方は、ポスティングで効果を出せるのか、メリットはあるのか気になりますよね。

 

ポスティングは、配布のコツや顧客心理を理解しておくことで、確実に効果を上げることができるマーティング手法なので、今では多くの企業が取り入れていますよ。

 

今回は、保険会社がポスティングするメリットや配布のポイントについて解説します。ポスティングのことでお悩みの保険会社の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

保険営業にポスティングって効果あるの?3つのメリットを紹介

AdobeStock 485445722 1 - 保険会社はポスティングするべき?3つのメリットや配布のコツを解説

 

保険会社の販促活動でポスティングはメリットがあるのでしょうか。保険会社がポスティングすることで得られるメリットを3つ紹介します。

 

他の宣伝方法よりコスパ良く集客できる

 

ポスティングは、一般的にポスティング業者に配布を依頼する企業が多いですが、依頼した場合、チラシ1枚当たり4.5円〜8円の相場です。そのため、5万枚を配布すると、23万円〜40万円の相場となります。

 

ポスティングは、テレビCMや看板など他の宣伝方法よりも費用は比較的安めなのに広範囲に配布できるので、コスパが良いというメリットがあります。

 

お得情報をターゲットを選んで配布できる

 

「保険の見直しキャンペーン」「ご成約プレゼントキャンペーン」などキャンペーンの情報はSNSなどでもアピール可能ですが、不特定多数への拡散だと、自社の商品に興味が無い方にも情報が届いてしまいますよね。

 

保険営業のポスティングなら、イベントなどの情報をリアルタイムでアピールしたいターゲットに届けることができるので、ニーズに合った商品アピールが可能ですよ。

 

飛び込み営業より高い反響を得られる

 

以前は、「飛び込み営業」といえば「保険会社」といわれるほどに、保険営業の代名詞であった飛び込み営業ですが、時代背景や個人のセキュリティ対策が強化されたこともあり、飛び込み営業に抵抗がある人が増えてきました。

 

その点、保険営業のポスティングなら、チラシが投函できさえすれば、どのようなターゲットにも自社の保険商品をアピールする機会を作れるので、飛び込み営業より確実に高い反響率が期待できます。

 

保険営業のポスティングで失敗しないために配布のコツとは

AdobeStock 160019865 1 - 保険会社はポスティングするべき?3つのメリットや配布のコツを解説

 

保険営業のポスティングで失敗したくないという方は少なくないでしょう。そのためには、下記の3つのコツを抑えておくことで、失敗を避けることにつながりますよ。

 

保険商品に合わせたエリア・顧客選定

 

保険会社のポスティングにおいては、自社の商品によってターゲット層を絞りこみ、そのターゲット層が居住している地域を選定して優先的にポスティングすることで効果が得やすくなりますよ。

 

例えば、学資保険のポスティングなら「ファミリー世帯向けのマンション」、火災保険なら「一戸建に限定したポスティング」といったように大枠のターゲットを絞り込んで戦略的に営業活動を行っていきましょう。

 

他の営業活動と組み合わせる

 

他の営業活動と組み合わせるのも、保険会社のポスティング効果を高めるための一つの方法です。

 

例えば、ポスティングが終了した後に対象エリアの顧客に架電して「ポスティングのチラシはご覧になられましたか?」等の話をします。そうすることで、チラシを受け取ったと話す顧客には、チラシの内容の感想を聞くことができ、次の販促行動に繋げることができるでしょう。

 

または、ポスティングするチラシにクーポンや来場者プレゼントなどを付けることで顧客が店舗に足を運ぶきっかけとなるので、来店率を上げることも可能ですよ。

 

効果測定から課題を見つける

 

ポスティングは、繰り返し配布することで顧客に認知され反響が上がっていくものなので、「チラシデータ」「配布日時」「配布枚数」「配布エリア」など細かくデータを蓄積しましょう。

 

保険営業のポスティング記録をまとめることで、反響が高かった理由や課題を振り返ることができ、さらに精度を高めることもできますよ。

 

また、ポスティングの反響率は一般的に「0.1%〜0.3%」といわれていますが、これは、チラシを1000枚配布したら「1回〜3回」の反響があったということです。

 

反響の低いエリアには、エリアや配布時間を見直すようにして、問題点を見直しながら反響率を上げていくことが大切です。

 

保険会社の集客率をUP!消費者心理を利用したチラシの秘訣

AdobeStock 391707765 1 - 保険会社はポスティングするべき?3つのメリットや配布のコツを解説

 

集客率を上げていくためには、消費者心理を反映させたチラシ作りも重要です。保険会社が作るチラシの秘訣を紹介します。

 

「損したくない」心理を掻き立てる

 

保険会社の販売促進を考える場合、一般的に人間の心理である「プロスペクト理論」が重視されます。「プロスペクト理論」とは、「人は利益を得た喜びよりも損失を受ける衝撃の方を大きく感じる」というものです。

 

このことから、人間はそれほどまでに「損をしたくない」と考えていることがわかるので、保険商品をアピールする場合でも、「契約しないと損になる」というイメージを持ってもらうと契約に繋げやすくなります。

 

ポスティングチラシのキャッチコピーに「知らないと月1万円も損しているかも!」などを使用してみると効果的ですよ。

 

「横並び心理」を意識させる

 

保険会社のポスティングチラシを作る場合、日本人特有の「横並び心理」も頭に入れておきましょう。日本人の消費者の多くは、生命保険や火災保険などの保険商品に「入っておいたほうが良い」という潜在的ニーズを抱えています。

 

そして日本人は、周囲の行動で危機管理を判断する傾向があるので、「あの人もこの人も入っている」といった状況になると「自分も早く保険を検討しなければ」という心理が強くなります。

 

そのような「横並び心理」を理解しておくと、例えば20代後半の女性に「30歳代で保険に加入している人は79%以上」というようなアピールをすることができるので、効果的なチラシの作成ができますよ。

 

「親しみやすさ」で購入のハードルを下げる

 

多くの消費者は、保険商品に対して「仕組みがよくわからない」などハードルの高さを感じています。保険会社がポスティングで効果を上げるなら、このような消費者の心理を早い段階で解消していく必要があります。

 

ポスティングチラシで宣伝を行う場合、お店の周辺に対して配布するのが一般的ですが、この地域密着型の特性を生かしてチラシでも「身近さ、親しみやすさ」をアピールしていきましょう。

 

手軽に親しみやすさを印象付けたいなら、スタッフの顔写真を掲載したり、そのスタッフの情報なども簡単に記載することで、親しみを湧かせる大きな要素となりますよ。

 

参考:J-STAGE「マーケティングにおけるプロスペクト理論研究のレビュー」

 

まとめ

 

ポスティングのコツや配布するメリットについて説明しました。

 

保険会社のポスティングで効果を上げる場合、顧客の心理を理解することで、顧客の購買意欲に働きかけ、効果的に販促活動を行うことが可能になりますよ。

 

また、顧客がチラシを見て短時間で保険商品のメリットを見て取れるように情報量を的確に絞り込むことも大切です。

 

そして、保険商品のアピール方法にお悩みであれば、一度弊社「フィーオ・ブレイン」にご相談ください。他社とは異なる戦略的なマーケティング手法でこれまでにない費用対効果に期待できること間違いなしですよ。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら