費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

DMで大切なのは「何を届けるか」よりも「誰に届けるか」 460万件以上の法人データベースから 成約確度が高いターゲットリストを作成します

経営者広告|経営者に向けた広告利用は有用か?5つの手法について

 

昨今、経営者や法人向けの商材・サービス用の広告供給が増えてきています。今までは法人や経営者に向けた広告の種類には、BtoCのものより限りがありました。

 

ほとんどが展示会や専門誌など、とても限られた場所でしかアピールできなかった実情があります。しかし、今では様々な媒体の広告が展開されるようになっています。

 

多種多様な経営者向け広告ですが、本当に経営者広告は有用なのでしょうか?どれくらい重要度が高いのでしょうか?

 

この記事では、経営者広告の有用性やさまざまな広告手法について紹介します。

 

【経営者広告】中小企業の経営者・富裕層にアプローチすることの重要性

08739d58049c37a2ea76cb3ca65b59b4 - 経営者広告|経営者に向けた広告利用は有用か?5つの手法について

 

BtoCの広告よりも、BtoB(経営者・法人向け)の広告は媒体が限られます。だからこそ経営者広告でアプローチすることが重要です。

 

近年増える経営者や決裁者に向けた広告

 

近年、BtoB向けの広告媒体が増えてきました。その媒体は多岐にわたり、実は「日本BtoB広告賞」といったコンテストまで行われるほどポピュラーなジャンルの広告です。

 

BtoCに向けて明らかに規模やアクセス数は少なくなりますが、広告を受け取る人を絞り込むことができるという点ではかなり有用です。

 

BtoB商材は基本的に単価が高く、反響率が高くなれば広告費はさほど気にならないでしょう。ただし、媒体や見る人が限られているだけにマーケティング手法はしっかりと取り入れる必要があります。

 

アプローチすることの重要性とは?

 

そもそも中小企業の経営者や富裕層にアプローチする重要性は高いのか、という疑問があるかもしれません。しかし、商材は知られることがなければ購入してもらえません。

 

BtoCに比べてBtoBの広告は媒体が限られています。宣伝機会も少なく、反響率を高めるには様々な媒体の広告を使うことを検討しなければいけません。

 

また、BtoBの広告は見る人が限られています。ただBtoCと同じ方法で宣伝をするよりも、広告を見る人を絞り込むことでより効率的に商材を知ってもらうことが可能なのです。

 

その媒体も現在では多岐に渡ります。今までBtoBの宣伝といえば展示会やメールマガジンが主流でした。しかし現在では経営者向けWebメディア広告やタクシー広告など、経営者・法人がよく使うツールでの広告が増えてきています。

 

参考:一般社団法人日本BtoB広告協会「日本BtoB広告賞第43回入賞結果」

 

少しユニーク?業種や地域で絞り込み可能な経営者広告

d1b9460353ac0315a9c217220ef5b48b - 経営者広告|経営者に向けた広告利用は有用か?5つの手法について

 

では現在主流となりつつある経営者広告とはどんなものがあるのでしょうか?まずは少しユニークな手法を3つ紹介します。

 

【経営者広告】①専門誌・Webメディア広告

 

業界専門誌などの広告は今までも多くありましたが、現在では業界専門誌の種類も多岐に渡っています。マイナーな業界であっても必ずといってもいいほど業界誌があり、業界誌がなくともWebメディアは必ずあります。

 

そういった業界は横のつながりが狭くなりがちです。業界誌を読むのはその業界に携わる方だけなので、ターゲットを絞り込むことが可能です。

 

経営者向けのメディアも増えてきているため、経営者・法人向けの広告としては反響率が高められることを期待できる広告でもあります。ただし、メディアによっては競争率が激しいため埋もれないための対策が必要です。

 

【経営者広告】②タクシー内動画広告

 

タクシーに乗ると、座席の後ろに小さなモニタがついており、様々な動画が流れているのを目にしたことはありませんか?この動画広告は実は広告枠があり、入札すれば動画広告を流すことができます。

 

電車やデジタルサイネージとは違ってマイナーに思えるかもしれませんが、BtoBとしては効果があります。このタクシー内動画広告は東京都内限定など地域を限定することが可能だからです。

 

都内を走るタクシーは経営者や企業の関係者が自然と多くなるため、目に留まる機会が多くなります。この広告を見てすぐに反応するお客様がいなくとも、お客様に名前だけ知っていただくことも可能です。

 

【経営者広告】③トイレ個室広告

 

新築のビルなどではたまにトイレの個室に動画パネルがあり、広告が流れていることがあります。この広告枠も有用です。

 

ビル内に入居している企業の関係者が目にする機会が増えたり、広告を流す場所を男子トイレ・女子トイレに分けるなどの絞り込みも可能なのです。

 

広告を流すビルもオフィスビルや商業施設などの種類に分けられるので、BtoB効果を狙ってオフィスビルに絞って流すといった戦略を取ることもできます。

 

定番だけど高反響率!BtoB向けの手堅い経営者広告

6609c8a1be9e48c6d03d91e6a1953fdb - 経営者広告|経営者に向けた広告利用は有用か?5つの手法について

 

ここでは、経営者広告の定番手法を紹介します。ごく新しい手法よりも昔から行われていますが、反響率や効果は非常に高いです。

 

【経営者広告】④大規模展示会

 

大規模展示会は、さまざまな業界で定期的に行われています。出展枠を取る・出展スペースを作るなどの作業・費用が必要になりますが、自社の商材をアピールするのに最高の機会です。

 

実際に商材の使い勝手を体感してもらうことも、その場で商談も可能です。来場するのは業界関係者ばかりなので、経営者・法人向けの宣伝としてはチャンスと言えるでしょう。

 

情勢的に行われない年もありますが、最近ではweb上やVR空間で行われる「オンライン展示会」も開催されています。こちらは会場の設営が必要なく、特にWeb商材の場合は反響率を上げやすいでしょう。

 

【経営者広告】⑤ターゲティングDM

 

ターゲティングDMは、既存企業に対して直接DMを送付できる宣伝手法です。宛先リストは必要ありません。

 

宛先リストが必要ない理由は、総合的な企業データから見込み企業をピックアップするから。ターゲットとなる業種・業界の中から実態のある企業をピックアップし、送付することが可能です。

 

弊社のサービス「ディマール」もターゲティングDMのひとつです。御社の要望に合わせてオーダーメイドの企業リストを作成し、ワンストップでターゲティングDMを送付します。

 

もちろん、全国に送ることから地域に限ることも可能です。顧客属性をお伝えいただければ印刷から送付・数値報告まで行わせていただきます。

 

まとめ

 

中小企業の経営者・法人に対してアプローチしたい場合、広告手法はBtoCよりも少なくなります。

 

しかし、現在では多岐に渡る広告手法があり、いずれもしっかり経営者・法人に向けてアプローチできる有用な手段となりつつあります。もちろん、今まで使われていた展示会への出展やDM送付などもまだまだ有用です。

 

中でもターゲティングDMは狙った業種や規模の企業に宛先リスト無しで送付できるという点では時間的コストが低くなる広告手法です。ターゲティングDMをお考えの場合は、ぜひ弊社「ディマール」をご活用ください。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら