費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

エリアマーケティングの成功事例を紹介!売上アップの戦略的手法とは

 

エリアマーティングは、店舗運営や企業活動において欠かすことのできない販促活動の一つで、活用することで地域ごとの特性を活かした効率の良いマーケティング活動を展開できます。

 

店舗の売上が継続して得られない場合、エリアマーケティングが的確に実施できていない可能性があるでしょう。エリアの現状や地域における顧客のニーズの把握は、効率良いプロモーションや広告戦略には重要な要素です。

 

今回は、エリアマーケティングの成功事例やエリアマーケティングで得られるメリットについて解説します。

 

エリアマーケティングって何?戦略的手法で費用対効果をアップ!

4c48d6556bbaed699f2af4ef0f4eff1c - エリアマーケティングの成功事例を紹介!売上アップの戦略的手法とは

 

実店舗を運営、または今後出店の予定がある企業にとってエリアマーケティングが重要です。エリアマーケティングを行うことで、多くのメリットがありますので見ていきましょう。

 

エリアマーケティングとは

 

エリアマーケティングは、「地域密着型マーケティング」とも呼ばれますが、その地域が持つ特性を分析し、エリアごとに特化したアプローチを行うマーケティング手法です。

 

全国単位ではなく、生活様式や土地柄、交通インフラなど各地域の特徴を考慮して行うため、店舗型ビジネスなどエリア特性による集客の影響が大きい業態に向いている施策です。

 

従来のエリアマーケティングの方法としては新聞折込チラシ駅前でのビラ配りなどが代表的ですが、最近の事例では、GPSを活用したチラシのポスティングや、SNS広告と組み合わせる手法など、多様化も進んでいます。

 

エリアマーケティングのメリット

 

エリアマーケティングは、自社の顧客となるエリアの人口構成を詳細に把握することで、自社の現状や課題を把握できるメリットがあります。また、想定するターゲット層に合う人口構成を持つ商圏での出店を考えることも可能です。

 

既存店舗の商圏分析を行うことで、自社商品の魅力をダイレクトにアピールでき、競合店に勝てる理想的な商圏を見極めることもできます。

 

商圏分析は、競合店の配置を地図上にプロットし、どのような施策で集客を進めているかを分析します。「消費者は、より大きくより近い店舗に足を運ぶ」という顧客の来店確率を予測する「ハフモデル」を活用し、具体的な営業戦略に役立てたエリアマーケティングの事例もあります

 

参考:J-Stage「消費者行動に着目したハフモデルの新しい導出方法」

 

エリアマーケティングの成功事例を業種別に紹介|カギは商圏分析

85455012c8ecbcc2688329b83d4570c6 - エリアマーケティングの成功事例を紹介!売上アップの戦略的手法とは

 

店舗の販促活動に商圏の分析は重要な要素です。商圏を把握し、エリアマーケティングを成功に導いた例を紹介します。

 

ファッションビル運営会社の事例

 

全国展開しているファッションビルでは、企業と顧客のタッチポイントや販売経路を統合し、総合的に顧客へアプローチするオムニチャネルを取り入れて成功しました。

 

自社の公式アプリを開発し、顧客の位置情報から行動を分析して店舗の周辺でアプリを使用している顧客に販促活動を行ったり、アプリで収集した地域データをもとに店頭での販促にも役立てられているエリアマーケティングの事例です。

 

大手海外自動車ディーラーの事例

 

ある大手海外自動車ディーラーでは、自社店舗の一つの売上が伸びず、改善策を模索していました。

 

売上が好調な他店舗エリアの居住者特性と比較したところ、売上に悩む店舗周辺エリアでは高齢者が多かったため従来の富裕層をターゲットとした販促方法で売上を伸ばすことは難しいことが判明しました。

 

そこで、ターゲット層とマッチする居住者の多いエリアでの販促活動にシフトすることにより売上低迷を改善できたエリアマーケティングの事例です。

 

地域密着型スーパーマーケットの事例

 

地域に密着したスーパーマーケットのエリアマーケティングの事例として、ポイントカードの会員登録情報を活用した施策が行われています。

 

商圏分析ツールを活用して、店舗ごとの来店顧客数や購入データから顧客情報を管理し、新聞折込チラシの配布エリアの選定に役立てています。

 

また、競合店の出店による影響を検証したり、自社のドミナント戦略(チェーンストアが一定のエリアに集中して出店する戦略)の推進にも活用しています。

 

エリアマーケティングの失敗事例は?地域性の合致が大切!

af5d2fe2a87992690b71c4360a50831f - エリアマーケティングの成功事例を紹介!売上アップの戦略的手法とは

 

エリアマーケティングの失敗要因として、マーケティングの知識に乏しいことや地域性の不一致がよく挙げられるので、見ていきましょう。

 

エリア状況の変化で売上ダウン

 

よくあるエリアマーケティングの失敗事例の一つとして、エリア状況の変化に対応できず、売上が落ちてしまうことがあります。

 

エリアの状況は、5年も経てば特性がかなり変わっているケースも多く、駅事情の変化や商業施設の出店などにより大きく変遷していきます。急速な発展や衰退に備えて常にエリアの状況を把握し、時代に合ったマーケティング施策を行いましょう。

 

事業や店舗イメージと地域性が合わなかった

 

お店の出店場所を価格や立地だけで決めてしまい、エリアの特性を把握していなかったために起こるエリアマーケティングの失敗事例もあります。

 

出店の際に、駅から近いことや物件の価格など、ウェブ情報だけで場所を決めた結果、店舗のイメージや業態が地域性に合致せず、売上げを伸ばせないケースは非常に多くあります。

 

エリアマーケティングを行うなら、売上高や市場シェア率など数値で把握できる定量データだけでなく、「なぜこの商品を買ったのか」といった消費者の購買意識を分析する定性データについても考慮しましょう。

 

そのためには、実際に出店予定のエリアに足を運び、そこに住む人の生活スタイルや街並みなどを確認することが大切です。

 

代理店任せにし過ぎてしまった

 

エリアマーケティングの失敗事例として、エリアマーケティングの活動を代理店任せにし過ぎているケースも多いです。いくらエリアマーケティングの知識に乏しかったとしても、代理店任せにしていては、販促活動で失敗した場合のリスクが大きいです。

 

エリアマーケティングで成功する近道は、PDCAサイクル(業務効率を高めるための管理手法)を回し、顧客と直接関わっている自社で、販促計画を実行したうえでの効果検証を継続して行うことにあります。

 

自社でマーケティング戦略を実践できるようになれば、代理店任せにせずとも、費用対効果の高い販促活動を展開していけるでしょう。

 

まとめ

 

エリアマーケティングの成功事例から失敗理由について説明しました。

 

消費者のニーズが多様化している現代において、すべての消費者に同じマーケティングを行っていても効果は得られないでしょう。実店舗を通して商品やサービスを提供する企業にとってエリアマーケティングは重要な販促手法です。

 

弊社は、戦略的セールスプロモーションを専門として、集客ターゲット層の市場規模の策定からエリアマーケティングについてのコンサルティングまで対応可能です。

 

ぜひ弊社にお問い合わせくださいね!

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら