費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

津田沼で不動産ポスティングを成功させるために必要な6つの戦略

 

千葉県の津田沼では都市再開発計画が持ち上がるなど、不動産においても重要な都市になりつつあります。習志野市の中でも重要なベッドタウンで、利便性の高さから流入も増えてきました。

 

首都圏の不動産売却価格は年々上がっていますが、習志野市津田沼は千葉県の中でも3番目に中古マンション相場が高く、需要も高まっているのが見受けられます。

 

不動産において津田沼ポスティングを成功させるにはどういった戦略を取ればよいのでしょうか?この記事では、津田沼で不動産のポスティングを成功させる戦略を6つに分けて紹介します。

 

津田沼でポスティングする前に知っておきたい世帯数など基本情報

a39fa3f7d0407c82d6746abf97b1b09a - 津田沼で不動産ポスティングを成功させるために必要な6つの戦略

 

津田沼ポスティングを考える前に、まずは津田沼エリアの基本情報をおさえておく必要があります。

 

津田沼エリアの世帯数情報

 

津田沼エリアの中心となる津田沼駅は船橋市と習志野市にまたがった駅です。住所的には習志野市津田沼1丁目~7丁目が配布エリアの中心となるでしょう。

 

 

 

総世帯数

戸建

集合住宅

習志野市津田沼1丁目

622世帯

119世帯

477世帯

習志野市津田沼2丁目

1463世帯

136世帯

1150世帯

習志野市津田沼3丁目

2203世帯

209世帯

1769世帯

習志野市津田沼4丁目

759世帯

114世帯

602世帯

習志野市津田沼5丁目

1059世帯

338世帯

640世帯

習志野市津田沼6丁目

825世帯

297世帯

488世帯

習志野市津田沼7丁目

1208世帯

398世帯

756世帯

 

津田沼エリアにマンション需要はある?

 

元々農村地帯だった津田沼周辺は、昭和の高度経済成長期頃から住宅地として開発が進みました。現在では東京にもアクセスの良いベッドタウンとして有名です。

 

大規模ショッピング施設も多く、緑豊かなベッドタウンとして東京都内で働く方にも人気の町です。現在でも再開発計画が進められており、今後も利便性の発展が見込まれる地域です。

 

また、習志野市の中でも津田沼エリアは中古マンションの相場が上がっており、かなり需要も高いエリアと言えます。

 

なぜポスティングが有効?

 

ベッドタウンの不動産関連商材は、基本的にターゲットが30代から40代の働き盛りです。津田沼エリアはその層がかなり多いですが、共通点がひとつあります。それは新聞の購読者が少ないということ。となると新聞折込での効果は見込めません。

 

また、ポスティングならばターゲットを絞った配布が可能です。マンションの家賃から年収を推測し、その層をターゲットにした配布も可能なのです。

 

不動産とポスティングは非常に相性の良い宣伝手法です。津田沼においては利用しない手はありません。

 

参考:健美家「千葉県・JR津田沼駅周辺で再開発計画が浮上。千葉県の中心都市として発展に期待。」

 

不動産業界に有効な津田沼ポスティング戦略【デザイン編】

2bb606828fe61c48ee4a30559050a9fa - 津田沼で不動産ポスティングを成功させるために必要な6つの戦略

 

では、不動産業界で津田沼ポスティングを成功させるために必要なポイントとは何でしょうか?ここではデザインから戦略を立てていきます。

 

①視覚に訴えるチラシ

 

まずはチラシを手に取った時にすぐにどんな構成なのかわかりやすい、シンプルなデザインを心がけましょう。

 

物件の情報において写真に勝るものはありません。物件写真は厳選し、清潔感があり新しく見える写真を載せます。ただし、外観の写真は1枚~2枚ほどに抑えて、内観などの写真を増やすとイメージが膨らみやすいです。

 

また、それほど高級のマンションでなくとも高級感を漂わせるデザインは有効です。物件チラシにおいて庶民的なデザインはあまり効果がありません。

 

②紙質にこだわる

 

物件情報は比較検討をされることが多く、すぐにチラシが用済みになることが少ないです。多くは後日まとめて数件並べて比較することもあります。

 

そのため、チラシの紙質は安くて薄いものを使うと破れや劣化のもとになります。紙質が良いと保管してもらいやすくなるうえに高級感のプラスにもなります。

 

できれば紙質や折り加工にもこだわり、チラシ自体にも高級感を漂わせるような構成にしましょう。

 

③記載情報は住む人目線で厳選

 

チラシに必要な記載事項は様々ですが、伝え方は重要です。

 

たとえば、「徒歩5分に24時間スーパー」という特徴があるとします。しかしこれをこのまま載せたのでは、シンプルではありますがリーチできません。

 

これをリーチできる文に変えるなら「徒歩5分圏内に24時間スーパー!いつでも買い物OK!」など生活者目線にしましょう。また、こういった特徴は大きく2~3つに絞ると効果的です。

 

その際できる限り文章は短いほうが目に入りやすいです。短くわかりやすく配置し、できる限り目に留まるデザインを心がけましょう。

 

不動産業界に有効な津田沼ポスティング戦略【配布手法編】

ee7470e07ada17413502890d6ac27d16 - 津田沼で不動産ポスティングを成功させるために必要な6つの戦略

 

チラシのデザインができたら、次は配布です。津田沼ポスティングにおいて配布手法が重要ですが、何に気をつけたら良いのでしょうか?

 

④タイミングを見極める

 

不動産においてポスティングのメリットといえば、販売開始と配布が同時期にできることです。

 

販売開始までに並行してチラシを用意できるため、ネット広告よりも即日で宣伝できます。そのため、配布開始のタイミングは必ず販売開始と同時にしましょう。

 

ただし、販売開始からある程度経っている場合はポスティングがあまり有効ではありません。なぜかというと「売れ残り=なにかある」という印象をつけてしまうからです。ポスティングを行うのであれば、新規販売開始となる物件から始めましょう。

 

⑤複数回配布も視野に入れる

 

販売開始と同時に配布した場合でも、販売終了までに複数回配布することも視野に入れてください。なぜかというと、潜在的ターゲットを「焦らせる」ことができるからです。

 

潜在的ターゲットは特に買おうとは思っていない事が多いです。そこで1回目の配布で物件購入を考えるきっかけになり、2回目でようやくその物件自体に目が向き、比較検討に入るというパターンも少なくありません。

 

そのため、販売期間中は複数回配布できるようにスケジュールを組んでおきましょう。また配布ごとに少しずつ配布エリアを変えるのも重要です。

 

⑥ターゲットにセグメントできる業者を選ぶ

 

家賃が低めのマンションに対して高級マンションの広告を入れても、買おうと思う人はあまりいないかもしれません。ポスティングの全戸配布は必ず響かない層があるので、そこから反響率が下がることがあります。

 

そのため、物件のターゲットで配布先を絞れる業者に外注することをおすすめします。弊社ポスティングサービス「ディマール」では、マンションの情報を集積し、その情報をもとによりターゲットに配布できるポスティングを実施可能です。

 

ポスティング戦略は今や自社だけで考えるものではなくなりました。これからは戦略ごと外注する時代になりつつあります。

 

まとめ

 

昭和から平成、令和になっても津田沼エリアはベッドタウンとしての価値を保っています。そんな津田沼エリアこそ、不動産ポスティングの狙い目の都市です。

 

津田沼ポスティングでは、ターゲットごとに刺さるチラシデザインや配布方法が非常に重要です。ターゲットの住んでいるマンションにピンポイントでポスティングできたら、かならず反響率アップに貢献できます。

 

弊社サービス「ディマール」なら、ターゲットをマンションごとの情報で狙い撃ちすることが可能です。不動産ポスティングの効果を上げたいのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら