費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

クリニックの集客で成功するには?失敗する原因や改善方法を解説

「クリニックで集客したいけど方法がわからない」「クリニックのホームページっているの?」こんな悩みをお持ちではないでしょうか。

 

クリニックの集客において、チラシ配りなどオフラインの集客だけでなく、SNSを利用するなどオンラインの方法を活用することが重要です。

 

今回は、クリニックの集客を本格的に行った経験のない方にもわかりやすく簡単にできる集客方法を紹介します。クリニックの集客を効率的に行って地域の貢献に役立てましょう!

 

クリニックの集客がうまくいかない!意外と知らない3つの原因  

問題

クリニックの集客がうまくいかない場合、何らかの理由があるはずです。クリニックがよく抱える集客の課題を3つ紹介します。

 

クリニックの認知度が低い

 

クリニックのホームページがない場合や、開業して間もないために認知度が低い場合は、当然ですが集客は難しいです。クリニックを認知してもらうには、ホームページや看板など様々な方法がありますが、立地や診療科目などによりアピール方法は全く変わってきます。

 

他のクリニックと差別化できていない  

 

クリニックの集客を成功させたい場合、他者との差別化はとても重要になります。

 

クリニックの差別化ができていないと、患者は元から利用している「かかりつけ医」のほうに行ってしまうので集客がうまくいきません。特色や強みを明確にして差別化に成功していれば、それを積極的にアピールできるので集客につながります。

 

特に「実績が豊富」であったり「女性医師が多い」、「予防接種の予約がスムーズ」など他のクリニックにない強みがあれば集客は難しくないでしょう。

 

口コミ評価が低い

 

ネットでクリニックの情報を調べてくる患者は多いです。当然、口コミサイトなどで評判が低い場合、集客は難しくなってきます。

 

しかしな口コミにはネガティブな書き込みも存在します。ネガティブな口コミには、真摯に対応して改善していく姿勢を見せましょう。それを見た方の印象は良くなるはずですよ。

 

クリニックの集客方法は何が効果的?それぞれのメリットも紹介 

クリニックで集客したい場合、どんな方法で行えば良いのでしょうか。できれば効果的に集客したいですよね。クリニックの集客方法を紹介するので、参考にしてみてください。

 

ホームページやブログ 

 

クリニックの集客をしたい場合、ホームページやブログを開設することでクリニックの治療方針や診療時間などを、いつでも伝えることが可能になります。

 

もちろん、開設するだけでなくホームページの内容を充実させれば、クリニックを検索した際に検索エンジンで上位に表示されるので認知度も上がりますよ。

 

ホームページには、休診日や診療時間など基本情報を掲載するだけでなく、顔写真つきで医師を紹介することで、患者の安心感につながるでしょう。

 

LINEやTwitterなどSNS  

 

LINEやTwitterなどSNSを活用したクリニックでの集客は、現在では常識となりました。

 

LINEで企業の公式アカウントを開設すれば、ユーザーへの情報の発信や、ユーザーからの問合わせにも対応できます。クリニックの場合、LINEで予約できる機能を使えば集客率も上がるでしょう。

 

クリニックの集客にTwitterを使う院も増えてきました。Twitterで集客をしたいときは、140字以内の文字制限のなかで、情報を端的にまとめ頻繁に更新することが重要です。画像や動画なども駆使して、ユーザーにリツイートしてもらえれば爆発的な情報拡散も狙えますよ。  

 

チラシやポスティング

 

以前からあるマーケティング手法の一つで、新聞の折込チラシやポスティングなどがよく使われています。ターゲティングやエリア選定を戦略的に行うことで、クリニックの集客率を上げていくことが可能です。インターネットを利用しない高齢者に訴求できることもメリットです。

 

地域に密着した集客方法も

 

地方にあるクリニックでは地域密着型の集客方法が有効といえます。電車の本数が少ない地方では車や自転車での来院が多いです。主要道路の要所に看板を設置していると、患者にとってわかりやすいので集客につながるでしょう。

 

また、院長が地元の祭りなどコミュニティに積極的に顔を出すことで、インターネットを利用しない人などにも認知され、クリニックの集客につながります。地方のクリニックで集客したいなら人とのつながりを深めることが大切ですよ。

 

参考:メディカルセンター.JP「(4)『新患』を増やし続けることが安定成長のすべての始まり」

 

クリニックで集客したいとき!集客の初心者でもできる改善方法 

他院との差別化をはかる 

 

クリニックの前にオシャレな看板を置いたり、予防接種の予約を取りやすく工夫するなど他院との差別化をはかることもクリニックの集客に効果的です。

 

地域から信頼され、地域の患者から選ばれるクリニックを目指すなら、他院との差別化は必須項目となります。自院の強みや個性が何なのかスタッフを集めたミーティングで探ってみる方法も効果的でしょう。

 

子供や高齢者に優しいクリニック   

 

子連れや高齢者でも来院しやすいクリニックは集客率や再来院率が高いです。子連れでも来院しやすい環境を整える方法には、キッズスペースや授乳室の配置、絵本を置くなどがあります。

 

小さい子を病院に連れて行くのは周りの迷惑になる」と考えるママは多いです。そんなママや子供に優しいクリニックを目指しましょう。

 

高齢者の来院数を増やしたいときは、段差を無くしてスロープにしたり手すりやエレベーターを設置するなど、高齢者が過ごしやすい環境を整えることがポイントです。

 

クリニックの理念や診療方針も重要 

 

クリニックの集客対策において力を入れたいのが、対応できる疾患や提供できる治療内容の部分です。「特にこの疾患については専門性があります」という理念や診療方針をしっかりアピールしましょう。

 

他院との差別化ができれば「専門の先生に診てもらいたい」というニーズにより多少遠くても、自院を選んでもらえる決め手となります。その結果、季節や流行りの病気に左右されない安定した集客が望めるでしょう。

 

オンライン予約システムで再来院しやすくする 

 

オンライン予約システムの導入により患者の再来院率が上がり、クリニックの集客につながった事例は少なくないです。オンライン予約システムの導入で得られる主なメリットを紹介します。

 

まず、オンライン予約システムを導入すると、クリニックの受付業務の負担が軽減されます。予約業務は時間変更やキャンセルなど想定外の業務が多いので、システムを導入すれば時間と手間の削減ができますよ。

 

オンライン予約システムは、患者にもメリットがあります。パソコンやスマートフォンから自分の都合の良い時間に予約でき、混雑状況を確認できれば待合室で何時間も待つ必要がありません。

 

待ち時間を少なくするだけでも患者の満足度が上がり、初診の患者も来院しやすくなります。

 

まとめ

 

クリニックの集客がうまくいかない原因から、集客を成功させるためには何をすべきか解説しました。集客の成功のためには、なぜうまくいかないのか原因を知ることが重要です。原因がわかれば、自院に合った集客方法を見つけることができるでしょう。

 

これからの時代は、オンラインの集客方法も取り入れて効率よく集客することが、クリニックを長く続けるための秘訣です。とは言っても、いきなりすべての集客方法を試すのは大変なので取り組みやすそうなものから始めてみてください。失敗を経験しながら少しずつ集客率を伸ばしていきましょう!

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 9:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド
無料提案は
こちら