費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

居酒屋集客で失敗しないためにできること|成功するお店の特徴とは

 

多種多様のお店が存在する居酒屋業界で経営を安定させることは簡単ではありません。リモートワークなど外出自粛の推奨により、通勤客をターゲットとするのが難しくなってきたことも原因の一つです。

 

このように集客が難しい現在の日本で安定して利益を得るためには、新規顧客と既存顧客の両方を増やしていく必要があります。

 

今回は、居酒屋集客で失敗しないための集客のポイントや、成功しているお店の特徴について解説します。

 

居酒屋集客のコツを紹介|ターゲットにより使い分けが大切

24670456 m 1 - 居酒屋集客で失敗しないためにできること|成功するお店の特徴とは

 

居酒屋集客では、「認知度を高めたい場合」と「リピーターを増やしたい場合」で集客方法を使い分けることが大切です。集客のコツについて説明します。

 

新規顧客獲得するには

 

新規顧客を獲得するなら、顧客に対する「認知度」を高めることを考えましょう。

 

認知度を高めるにはまず最初に、チラシのポスティングやSNSでの宣伝を通して、顧客に居酒屋の存在を知ってもらいます。

 

それからチラシやSNSの文面に記載しておいたホームページ、SNSの動画を見てもらって、お店に対して興味を持ってもらいます。

 

つぎに、配布チラシにクーポンをつけたりサービスデーなどお得情報を記載しておくことで

顧客の消費者心理をくすぐり、来店につなげることができるでしょう。

 

リピーターを増やすには

 

新規顧客の獲得ができたらリピーターを増やす仕組み作りを行います。新規顧客からリピーターになってもらうには、まず初回の来店で満足してもらうことが必須条件です。チラシやSNSを見て来店してくれたお客様にどのようなニーズがあるのかあらかじめ想定しておくと良いでしょう。

 

そして、次回も来店したくなるようなサービス・料理でおもてなししてお客様の記憶に残ることで、他店舗と比較したときに自店舗を選んでもらえる可能性が上がります。

 

会員登録していただいたお客様にはダイレクトメールなどポスティングで定期的にコンタクトを取れば、お客様が自店舗を思い出すことで来店の確率がぐんと上がるでしょう。

 

居酒屋集客で効果を高めるなら…抑えておくべき3つのポイント

6db40aac626b94e26e610d8be0822d22 - 居酒屋集客で失敗しないためにできること|成功するお店の特徴とは

 

営業成績の良い居酒屋は、効果的な集客活動を行い利益につなげています。効果的な集客を行うためのポイントを3つ紹介します。

 

コンセプトの明確化

 

居酒屋集客の効果を高めるには、「コンセプトの明確化」が重要です。居酒屋におけるコンセプトとは、「お店の方向性や魅力」を指し、顧客目線でいうと「イメージや認識」という意味になります。

 

コンセプトが曖昧になっていると、顧客にとってのお店のイメージが薄れてしまうので、あまり印象に残りませんが、「新鮮な魚介を食べるならこの居酒屋」のようにはっきりしたコンセプトがあることで競合との差別化になります。

 

市場に対するリサーチ

 

居酒屋集客において戦略的な目線で「市場をリサーチ」することは欠かせないポイントです。「周辺の競合店の数」「競合店の来店客数」といった自店舗周辺のデータを収集して

状況を把握しておきましょう。

 

そして自店舗の顧客の属性を比較して、年齢層や性別、ピーク時間の違いなどの情報をデータ化し、客観的に分析できるようにしておくことで、自店舗の現状、改善すべき店がおのずと見えてくるでしょう。

 

これらのデータ分析を何度も行い、情報を集積させることで今後のマーケティング活動でも効果を得やすくなります。

 

顧客目線で競合他社を分析

 

経営者目線だけでなく、顧客目線で競合店を分析することも居酒屋集客では大切です。

 

マーケティングにおけるベンチマークとは、競合のなかでも優良なお店の優れた戦略やサービスを基準として評価し、消費者目線で他の居酒屋のどこが優れているのかを分析することです。

 

まず優良な競合他社をベンチマークの対象として選定し、選定した対象が行っているマーケティング手法や経営を分析して自店舗と比較します。ベンチマーク対象の分析結果により、優れた手法やサービスを自店舗に取り入れ、自店舗の現状の改善につながれば、ベンチマークの効果が出たということになります。

 

成功する居酒屋とは?独自の魅力で顧客の記憶に残るお店

be28d07ec100923c499b8bb6734a1692 - 居酒屋集客で失敗しないためにできること|成功するお店の特徴とは

 

成功している居酒屋には新規顧客だけでなく、たくさんのリピーターが来店しています。自宅でお酒を飲むのではなく、お店にリピーターが来てくれる理由について説明します。

 

飲み会コースやメニューが充実

 

居酒屋集客を行う場合、飲み会コースを充実させておくと、団体のお客様のほとんどが飲み会コースを利用してくれるので、食材のロスも少なく利益につなげることができます。

 

飲み会を取り仕切る幹事は、できるだけコスパ良く美味しい料理とお酒を楽しめるコースを選ぶので、メニューやお酒の内容にバリエーションが少ないと、他店舗と比較したうえで競り負けてしまう可能性もあります。

 

男性向けにお肉料理多めのコースや、女性向けのヘルシーなコースを用意しておくことで、忘年会や女子会などさまざまなシーンで活用してもらえるでしょう。

 

名物メニューで「記憶に残るお店」

 

お酒または料理で「名物メニュー」を用意しておくと、顧客の記憶に残り、リピーターを獲得しやすくなるので居酒屋集客において重視すべきポイントです。

 

さらにSNSを意識して見た目重視の名物メニューがあると、TwitterなどのSNSで広めてもらいやすくなります。SNSを意識したメニュー、内装は、若者へ集客を行いたい場合の必須条件ともいえるでしょう。

 

テイクアウトサービスも効果的

 

外出自粛の推奨による客数の減少からテイクアウトサービスを始めた居酒屋も多いです。

 

テイクアウトサービスは、店内でマスクを取る必要もなく、スマートフォンのアプリであらかじめ注文しておくことで会話をできるだけ減らしスムーズな商品の受け渡しができるメリットがあるため、顧客からも人気のサービスです。

 

このように時代の変化に合わせて、お店で行うサービスも柔軟に変化させることが居酒屋集客では求められています。

 

スタッフの接客レベルが高い

 

居酒屋に来る人は、気持ちの良い接客サービスを求めて来るという人も多いです。お店の雰囲気や美味しい料理ももちろん大切ですが、大多数の顧客は「笑顔や接客の良いスタッフがいるお店」をリピートしたいと考えています。

 

居酒屋集客で効果を出すには、接客マニュアルなどを用意して、接客スタッフの教育も入念に行いましょう。

 

参考:J-STAGE「新型コロナウイルスによる地方都市の飲食店への影響」

 

まとめ

 

居酒屋集客のコツや成功しているお店の特徴について紹介しました。外出自粛や営業時間短縮の影響で売上が落ち込む店舗も多いなか、確実に売上を伸ばしているお店は、時代に合わせてサービスを変えたり、市場や競合の分析など戦略的な販促活動を怠りません。

 

そしてさまざまな方法を試しても集客で反響につながらない場合は、弊社「フィーオブレイン」にご相談ください。戦略的集客の専門家である私たちが効果のあるポスティングやダイレクトメールをご提案いたします。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

世界中のDM成功事例

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら