費用対効果の高いオフライン広告の集客ノウハウ
オフライン集客・ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

パン屋集客で売上を伸ばすには?効果的な集客方法や集客力アップの秘策

 

パン屋は、店舗数が多く、同じ商圏エリアに競合店が多数あります。街を歩けば、大手チェーンから個人経営のパン屋までよく見かけますし、スーパーやコンビニで売っているパンもレベルが高くなってきたことで、パン屋を安定して経営していくことは難しいです。

 

そのような競争社会で売上げをあげ続けるためには、集客力をアップさせることが必要です。

 

今回は売れるパン屋のポイントや効果的な集客方法をご紹介します。集客のコツをつかんで、新規顧客獲得やリピーターを増やすことに活かしましょう!

 

パン屋集客する前に…知っておくべき売れるパン屋のポイント

955cbc83f095172021e5e7dc11447c28 - パン屋集客で売上を伸ばすには?効果的な集客方法や集客力アップの秘策

 

パン屋集客をはじめる前に、売れるパン屋のポイントを知っておくと売上げアップの近道になります。店舗の作り方にも工夫が必要ですよ。

 

店舗の作りを工夫しよう

 

パン屋集客において大切なことは店舗の工夫をすることです。店舗の見た目や入りやすさも重要ですが、お店の作りをオープンキッチンにしてお客さんから作業工程が見えるようにすると、消費者の心を刺激します。

 

パンを作っているところを見せることで、消費者の商品に対する安心感が生まれ、焼き立てのパンの香りが広がることで、視覚的、嗅覚的に刺激し、購買意欲が上がるきっかけになります。

 

売れるパン屋と売れないパン屋の違い

 

売れるパン屋には、「発信力」があります。SNSをうまく駆使して店舗の認知度を上げ、口コミの評価でも話題になることで、売れないパン屋との差が出てきます。

 

コンビニやスーパーなどでもパンを販売するのが当たり前となった現在では、SNSを使って認知度を上げることを怠ってはいけません。

 

「単価を上げる工夫をしているか」も売れるパン屋と売れないパン屋が異なる点です。

 

一般的なパン屋の単価は安い傾向にあるので、一人当たりの単価を上げることは、お店の経営を安定させるためにも重要です。

 

パン売り場の近くに、小さいデザートやドリンクを置いて、セットで買うと割引するサービスや、レジに並んでいるときに手が届く棚に、袋入のお菓子を置くなど工夫をすることで、一人当たりの単価を上げ、パン屋集客で効果を出せます。

 

パン屋集客におすすめの方法は?効果的な集客方法を紹介

SNS 2 - パン屋集客で売上を伸ばすには?効果的な集客方法や集客力アップの秘策

 

パン屋集客には、発信力を高めてお客さんに認知してもらうことが重要です。また、利用のしやすさも集客に繋がりますよ。パン屋の集客を効果的にするための方法を紹介します。

 

認知度を高めるには最適|ポスティング

 

パン屋の集客方法を考える場合、「パンが美味しい」ことはアピールの基本ですが、お店のことが認知されていなければ、お客さんに来店してもらえません。

 

パン屋集客において「チラシのポスティング」は認知度を高めるのに最適です。徒歩で行ける範囲にポスティングを行うことで、気軽に歩いて来店してくれるお客さんが増え、新規顧客の獲得につながりますよ。

 

クーポンや割引券などをつけておけば、割引券を持ったお客さんが来てくれるので、チラシ配布の効果がどれくらいあったのかがわかります。

 

SNSとホームページを使い分けしよう

 

SNSやインターネットで情報を得ることが増えている現代では、来店前にどんな店舗か調べて来るので、TwitterなどのSNSとホームページを使い分けることがパン屋集客のポイントです。

 

SNSは、タイムリーに発信できるメリットがあるので、できるだけ多く更新すると集客につながります。Twitterを利用する場合、拡散力があることを利用して、多くの人の目に止まるような文章、写真を投稿しましょう。

 

写真投稿がメインのInstagramでは、インスタ映えするような写真を撮りたくなる見た目の工夫をしたり、パンの作成過程を掲載するのも良いですね。

 

そして、ホームページには、商品のメニューや価格、店舗地図を掲載するのはもちろんですが、お店のコンセプトやアピールポイントを掲載することも大切です。

 

ホームページでTwitterアカウントを宣伝するのも効果的なので、SNSとホームページをニーズに合わせて使い分けしましょう。

 

フードデリバリーサービスも活用

 

パン屋集客の方法として、ウーバーイーツなどフードデリバリーサービスの加盟店に登録するという方法もあります。

 

お店の商品をデリバリーサービスの配達員がお客さんの所へ届けてくれるので、配達員を雇わなくても、低コストでデリバリーサービスを始められますよ。

 

パン屋の場合、近隣に住んでいる人をターゲットとしている場合が多いですよね。デリバリーサービスに加盟すれば、ターゲットのいるエリアを広めることにもつながります。

 

また、パン屋でデリバリーサービスに加盟している店舗がまだ少ないので、お客さんにとっても目新しく、「自宅に美味しいパンを届けてもらえるなら」と、利用してみたいと考えるお客さんは少なくないでしょう。

 

繁盛しているパン屋がしていること|集客力を上げる2つの秘策

open 1 - パン屋集客で売上を伸ばすには?効果的な集客方法や集客力アップの秘策

 

パン屋集客で効果を出すには、繁盛しているパン屋がしていることを上手く取り入れてみるのも一つの方法です。集客力のあるパン屋が行っている2つの秘策を紹介します。

 

パンが焼き上がる時間をその都度開示する

 

パンが好きな人にとって重要なのが、「パンの焼き上がり時間」です。焼き立てパンの出来上がり時間の情報を店頭の看板やSNSを通じて開示することも、パン屋集客で成功するポイントです。

 

看板を使うと、通行人にしっかりアピールできるので、指定の焼き上がり時間を表記しておくことで「今買えば焼き立てのパンが食べられる」という心理と「今買わないと売り切れるかも」という心理を刺激して訴求効果につながります。

 

また、TwitterなどSNSを活用してパンの焼き立て時間の告知をすることで、店頭に行かなくてもパンが焼き上がる時間がわかります。

 

そして、人気のパンの焼き上がり時間をずらすことで、それぞれの時間帯で売上を伸ばすことに成功した例もあります。

 

売れ筋商品はPOPでわかりやすく

 

初めてお店に来る人は、パン屋でどの商品が売れ筋なのかを知りません。

 

新規顧客にアピールする場合は、「当店人気NO.1」など順位を記載したPOPを商品棚につけましょう。お店で人気のおいしいパンをおすすめできるので、そのパンを食べたお客さんがリピーターになってくれる可能性が高くなりますよ。

 

また、期間限定でオリジナルの季節のパンを用意してPOPでアピールすることも効果的です。ひな祭りの時に可愛いお雛様を模したパン、七夕の時に星型のチョコレートを使用したパンなどは、見た人にインパクトを与え、子供から若い人の購買意欲を掻き立てます。

 

そしてインスタ映えを狙う若い人に買ってもらうことで、多くの人に拡散されて一気に人気店に登りつめた例もあります。

 

参考:J-STAGE「パン食の普及」

 

まとめ

 

どんなにおいしいパンを作っても、お客さんが来なければ経営は行き詰まってしまうというように、パン屋経営のカギは集客にあるといえます。

 

ポスティングやSNS、ホームページの運用はもちろんですが、POPのデザインにこだわってみたり、日替わりパンをバリエーション豊かにしてみるなどの方法も、根強いリピーターを増やすには重要ですね。

 

パン屋は競合店が多い業種ですが、集客方法も多様にあり、日本にはパンが好きな人が多いので需要が高いです。自社の強みを活かしつつ競合店のアイデアも参考にして、さらなるパン屋集客に努めましょう!

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら