神奈川県横浜市青葉区のポスティング・チラシ配布情報

ポスティングチラシ・配布エリア詳細

AREA

神奈川県横浜市青葉区のポスティング
ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

DIMAR

これまでにない費用対効果が期待できるポスティング戦略

マンション居住者をメインターゲットにして広告媒体をお届けする全く新しいポスティングサービスです。 膨大なマンションデータを顧客リストと捉え、広告媒体をお届けする全く新しいポスティングサービスです。集客メインターゲットに該当する竣工年度・面積・住宅相場などから、お住まいになられている居住形態(持家・借家)・家族構成・推定年齢・世帯年収などを細分化し、潜在顧客となる居住者のポストに直接広告媒体をお届けします。

費用対効果の高い6つのポイント

  • 1.配布エリア指定&全国大都市ポスティングが可能

  • 2.配布条件を絞ったポスティングが可能

  • 3.配布期間指定が可能

  • 4.チラシ以外も配布可能

  • 5.印刷込の一貫ポスティング可能

  • 6.チラシ投函レポートあり

神奈川県横浜市青葉区のポスティング料金

ディマールポスティング
A4orB4サイズ
21
(税別)
~/1枚
A3サイズ
22
(税別)
~/1枚
※エリアや建物密集度、重量、形状などによって変動しますので目安としてください。
※基本発注部数は10,000部以上でお願い致します。(10,000部未満は別途ご相談)
※ご利用料金は建物属性&行動ターゲティングポスティングの投函料金です。
標準配付(軒並み配布)
B5以下
4.8
(税別)
~/1枚
A4
4.8
(税別)
~/1枚
B4(折)
5.3
(税別)
~/1枚
A3(折)
6.0
(税別)
~/1枚
B3(折)
7.0
(税別)
~/1枚
A2十字折
16.5
(税別)
~/1枚
定型封筒
(50g以内)
19.6
(税別)
~/1枚
※最低発注数量は10,000部以上とさせていただきます。(最低数量未満の場合は別途御見積いたします)
※上記配布料金は標準配付(軒並み配布)の金額でございます。
※厚紙(コート四六135kg相当以上)の場合、料金が変動する場合がございます。
※B4サイズ以上で折が入っていない場合は、折り代金1折+1円(税別)が別途加算されます。
※配布効率の悪い地域に関しては料金の変動がございますので予めご了解ください。
※単独配布をご希望の場合は別途ご相談ください。
※B3/A2/定型封筒などは別途お見積りとなります。

ポスティングの成功事例

【マンションポスティング】サッカースクールの集客で小学生狙い撃ちのポスティング事例
業種:スクール業界, スポーツ業界
配布部数:15,600部
小学生を対象としたサッカースクールで、チラシ広告でスクールの集客のポスティングを行いたいのですが、小学生がいる家庭に効率的に届けられるメディアがないか探している状況です。月謝がそれなりに発生する本格的なサッカースクールになりますので、意識の高いを家庭に届けられればと考えております。スクール集客の効果的なポスティングをご相談でいただきました。
【マンションポスティング】スイミングクラブの生徒集客でチラシ反響が前年比で約5倍を記録
業種:スクール業界, スポーツ業界
配布部数:8,500部
子供を対象にした水泳教室を全国各地で経営されており、幼児から小学生をメインとした生徒を対象として、季節ごとに体験キャンペーンの集客をしていますが、平均数値から伸び悩んでいて、この平均数値を下回った時のリスクヘッジに対策できるプロモーション戦略が可能かどうかご相談案件を頂戴しました。
【マンションポスティング】スポーツクラブ集客で家族限定キャンペーンのチラシポスティング事例
業種:スポーツ業界
配布部数:15,000部
スポーツクラブの新規でオープンするにあたりチラシポスティングで会員獲得キャンペーンを企画しています。新店舗になりますので近隣のファミリーをターゲットとして新しい顧客を開拓したいのですが、ファミリータイプの中でも反響が取りやすいポスティング方法などあればご提案してほしいです。 新規のオープンになりますのである程度大きくプロモーションしたいというご相談をいただきました。
【マンションポスティング】ディスカウントストアの集客戦略で分譲限定配布のポスティング事例
業種:ショップ業界
配布部数:10,000部
長年ディスカウントストアとして店舗販売にて、新規の集客を新聞折込をメインにチラシ広告を展開したり、一部で軒並み配布などもしましたが、来店数がもう少し集客したいので、最もチラシの広告が届きにくい、分譲マンションにチラシ広告がポスティング可能かご相談をいただきました。
【マンションポスティング】塾集客で小中学性を対象とした学習塾の広告キャンペーンの申込みが過去平均の1.7倍!
業種:スクール業界
配布部数:40,000部
全国展開をしていますので、学年が変わるタイミングや短期教室・新校舎での新規集客で新聞折込と併用できる効果的な広告媒体を探しておりました。少子化問題があり、年々学習塾業界は戦場ですので、生徒集客のタイミングを有効的な広告手法で何かよいアプローチ方法があればということでご相談をいただきました。

ポスティングのよくある質問

Q
チラシ配布は、普通はどのくらいの部数を配布しますか?

ポスティング基礎知識

A.
店舗周辺でございましたら、2km圏内で10,000部~50,000部程度が一般的になります。配布商圏が一部地域に限られていない通販業界やデリバリーでは、1エリア10万部以上の配布を行い、地域ごとの反響分析からPDCAを回すが多いです。
Q
来店率の計算方法とは?

ポスティング基礎知識

A.
「来店率」とは、ある店舗を訪れた人数と、その店舗を訪れた可能性があった人数の比率を示す指標です。
Q
チラシは雨の日でも配布できるのでしょうか?

ポスティング基礎知識

A.
チラシのポスティングは雨の日もチラシ投函を行っております。

神奈川県横浜市青葉区の特徴とポスティング・チラシ配布情報

横浜市青葉区神奈川県

平均所得(年収)398万円

横浜市青葉区のポスティング情報として、総務省発表の統計資料から地域特性を見ると平均所得(年収)は398万円となっております。次いで、住宅・土地統計調査から横浜市青葉区(神奈川県)の世帯年収割合を、年収区分のパーセンテージで表す事により、その地域の裕福・貧困レベルを参照する事ができます。横浜市青葉区の世帯総数119420人から所得年収の高いビジネスパーソンの割合を見ると年収700万~1000万以上で46100人、富裕度の高い所得割合は39%となっております。中間層の年収500万~700万では22020人で年収割合は18%です。ポスティングの集客エリアを考察する場合、その地域特性を知ることで可視化することが出来ます。やみくもにチラシ配布することが適切な業種であれば問題ありませんが、狙いたい潜在顧客が明確なほど、セグメントするターゲット情報が集客アップの”カギ”を握ります。

※市区町村別の課税対象所得÷納税者数を平均所得(年収)としています。
※世帯年収割合は総務省発表の「住宅・土地統計調査」より算出しています。

横浜市青葉区神奈川県

街の若さと世帯構成

横浜市青葉区のポスティング情報として、街の若さ(40歳未満の人口率を基準値)として見ると43%となっており、若者も多く高齢者の割合が若干高い街です。次いで世帯構成別に分類すると129664世帯に対してファミリー世帯46%、ディンクス世帯28%、シングル世帯27%となっております。横浜市青葉区の反響・売上アップを第一に考察するにあたりデータから商圏を知り、マンションデータベースを基に、流通価格や面積帯(世帯構成)・築年数などの条件から、ターゲットが居住すると推測されるマンションをセグメントすることで、プロモーション対象の明確な集客ターゲット層と高いカバー率で市場規模を事前に把握することができます。神奈川県内での一般的なオフラインメディアの新聞折込や通常ポスティング(チラシ配布)と違い、ディマールでは、DM並みの確度の高い集客方法の一つとして、マンションを集客ターゲットとした「ポスティング&宛名なしDM」のインバウンド戦略も加えることで、よりダイレクトに潜在顧客にリーチすることが可能になります。

※街の若さは住民基本台帳より算出しています。
※世帯構成は国勢調査より算出しています。

横浜市青葉区神奈川県

年齢階級別人口

横浜市青葉区の人口308344人を住民基本台帳から年齢階級別に属性分類してパーセンテージで表す事により、その地域の潜在比率を参照する事ができます。横浜市青葉区の未就学児が13308人(4%)、小中高が47538人(15%)、大学生を含めた39歳以下が71823人(23%)、40歳のベテラン層から定年間近まで115387人(37%)、65歳以上の高齢者については60288人(20%)です。統計データから取得できる数値情報は、ポスティング(チラシ配布)をするうえで、集客力をアップさせる最も重要なマーケット指標となります。あなたがもし広告宣伝担当者だったとして、横浜市青葉区(神奈川県)の人口308344人の中から、持家だけに絞ったセグメントポスティングを求められたり、スクール校舎の子供集客するので、小中高47538人(15%)が居住する世帯へ効率的にリーチする方法を依頼されたり、または高齢者向けビジネスをしているので、65歳以上の60288人(20%)にチラシポスティングしたいから、訴求力が期待できるダイレクトな広告手法を纏めて欲しいと求められた場合に、通常の集客方法では顧客マッチング率の難易度が高いことが数値からも読み取ることができます。

※年齢階級別人口は住民基本台帳より算出しています。

エリア特性を表す指標として国勢調査データを基に当社独自データを基準値として算出しております。

神奈川県横浜市青葉区について

総人口
308344人
世帯数
131260世帯
面積
35.22k㎡

神奈川県横浜市青葉区は、横浜市の行政区の一つであり、横浜市の東部に位置しています。青葉区は、住みやすさと自然環境の美しさが魅力のエリアです。青葉区は住宅地が広がっており、多くの住宅街やマンションが立ち並んでいます。住宅地としては閑静で落ち着いた雰囲気があり、家族向けの住環境として人気があります。区内には公園や運動施設も充実しており、子育て世代やスポーツ愛好家にとっても快適な環境です。また、青葉区は自然環境にも恵まれています。青葉区内には多くの緑地や公園があり、散策やジョギング、ピクニックなどを楽しむことができます。代表的な公園としては、青葉区総合公園や都筑ふれあいの丘公園があります。自然に触れながらリラックスした時間を過ごすことができます。青葉区は交通の利便性も高く、横浜市営地下鉄やJR、私鉄の駅があります。横浜市内や東京都心へのアクセスが便利であり、通勤や外出に便利な立地です。また、バス路線も充実しており、公共交通機関を利用した移動もスムーズに行えます。商業施設や生活施設も充実しており、区内にはショッピングモールやスーパーマーケット、飲食店などがあります。生活に必要なものを手に入れることができるだけでなく、地域の魅力ある店舗やイベントも楽しむことができます。青葉区は、住みやすい環境と自然の美しさが調和した魅力的なエリアです。自然環境に恵まれた公園や緑地があり、穏やかな暮らしを送ることができます。また、交通の利便性や商業施設の充実度も高いため、快適な日常生活を過ごすことができるでしょう。

まずはお気軽にご相談ください

無料相談・お問い合わせ ノウハウ無料ダウンロード