ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

ホームページ集客VSチラシポスティング集客と相乗効果について

ホームページ集客VSチラシポスティング集客と相乗効果について

ホームページ集客VSチラシポスティング集客

両者は新規客を獲得するための有益な販促ツールという点では共通している。

しかし、ホームページ集客VSチラシポスティング集客は、明らかに異なる集客方法となるのである。

いわゆる「プル型VSプッシュ型」となるのである。

ホームページの場合には、見込み客が自ら探して調べてくれるのに対して、チラシポスティングの場合には、押し売りのような営業になるのである。

チラシポスティングの場合には、チラシを作成し、見込み客となり得る顧客の住むエリアのポストにチラシを配布して回るという時間と労力が必要であるに対して、ホームページ集客では必要としてるターゲットだけを集めることができるという特徴がある。

そこで、新規顧客獲得率を上げるためにおすすめしたいのが、プッシュ型とプル型の販促ツールを組み合わせて、相乗効果によって新規客を獲得するという戦略なのである。

配布したチラシは、ポストから必ず手に取ってもらえる

ただし手に取る=読んでもらえるというわけではない。実際に即ゴミ箱行きとなるチラシも多いのである。

そこで、配布するチラシには、手に取った人の興味を引くような魅力的なチラシであることが求められる。

利用することによって、お得になる情報などを大々的にアピールするのである。

ポスティングされたチラシには、自社のホームページの情報を必ず掲載するようにしよう。

チラシからホームページを閲覧してもらうという流れを構築する

インターネットが当たり前となった現代においては、ネットで検索して口コミや評価を確認してから商品を購入したり、利用する人が多いのである。

ポスティングされたチラシを見て興味を覚えても、それですぐに商品を購入したり、ショップに出向いたりなど、実際に行動する人は少ないということを認識しておこう。

ホームページで詳細な情報を確認してから、行動に移るという消費者は少なくない

ゆえに、魅力的なチラシで興味を持ってもらい、さらに次なる行動へと誘導し、ホームページから商品を購入したり、資料を請求したり、教室へ申し込んだりといった流れを構築するのである。

アナログ的な販促方法であるチラシポスティングと、デジタル的な販促方法であるWEBとの相乗効果を狙った販促方法は、非常に対費用効果が高い方法となるのである。

チラシポスティングは、1度きりの配布で効果を実感することはまずないということを認識しておこう

2度、3度とポストに投函することによって、受け取る側の潜在意識の中に情報が擦り込まれるのである。

いわゆるサブリミナル効果であり、繰り返すことによって購買意欲を刺激することができるのである。そして、チラシにはホームページの情報を必ず載せておくようにするのである。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド