ポスティングの実績・成功事例をご紹介
事例紹介

VOICE

【マンションポスティング】リフォーム集客の築年・面積指定をした広告のプロモーション事例

反響率
0.06%

ご相談内容

リフォーム展示場での集客方法で、紙媒体では新聞折込をメインにしていますが、配布部数の割に無駄打ちが多く感じています。需要ある住宅へのリーチ数がそもそも少ないと思われますが、他に変わるメディアが無く、併用して使えるような紙媒体の広告手段が出来ればと、試行錯誤をしているときに、ディマールのホームページを見てご相談案件をいただきました。

ご提案内容

展示場などのリフォーム集客・リノベーション集客の需要を考察すると、築10~30年以上を基準に竣工1980年~2008年、ディンクス以上(40㎡以上)の分譲マンションがメインターゲットになりますので、販促地域によっては第二弾から団地も中古流通しているのであれば迷わず含んだほうが良いでしょう。 ポスティング配布エリアは、イベント会場で隣接している市区町村エリアかつ電車で30~40分圏内であれば必須の配布エリアで問題ないと判断します。おおよそ15kmから18km圏内もしくは市区町村単位でプロモーションするのがベターです。この基準値であれば車でも30分程度で到着するのでチラシ集客の商圏としては申し分ありません。もし、市区町村単位のポスティングであれば隣接5行政区程度が適切です。 ここで重要なのは、ターゲットとなる中古マンション(分譲マンション)に、効率的にダイレクトにチラシ広告で、どのように定期的に刷り込み認知の広告リーチできることが可能なのか?が、勝敗を決めます。何故ならば賃貸マンションやアパートに投函しても顧客になることは極めて低いからです。

集客プラン

実施エリア
展示場商圏の市区町村全域
ターゲット
築10~30年以上の分譲マンション
配布
35万部

結果

ポスティング結果としては、反響率0.06%の来場結果となり、新聞折込と比べると受注確度の高い新規顧客の来場が増えました。
新たな広告メディアとして、採用して良かったと実感しています。どうしても無作為な広告手段しかないのが、紙媒体の今までの集客方法だったので、ここまでセグメンテーションされたポスティング戦略は、正直なところ助かりました。実施後の反響結果も費用対効果が良いので、今後も定期媒体として新聞折込と併用で利用出来ればと思います。私たちの業界の場合、ニーズがあるところにピンポイントと届けられるかが勝負となりますから。

まとめ

集合住宅特有の「口コミの強さ」を意識したポスティングが明確にリスト化できれば、市場規模も可視化できますので、今後どれだけの優位性と強みに育てるのかが集客手法の一番のポイントです。知ってほしい居住者への認知がロングテールで続けることができますので、優先順位のマーケティング戦略などでも活用できます。「お隣が○○○して、この間ね遊びに行ったんだけど、仕上げが綺麗で羨ましくて我が家もやろうと思ってね。」のような連鎖反応が敏感に発生しやすいのが集合住宅特有のシグナルを勝ち取れた結果となりました。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、オフライン広告のポスティングマーケティング手法からの集客効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書は『マンションポスティング』と『ターゲティングDM』の具体的な施策内容を詳細に解説しているものです。マーケティング戦略による広告の目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

まずはお気軽にご相談ください

無料提案は
こちら