DMで不動産業界にアプローチしたい

不動産業界をターゲットにした効果的なDMの作り方

不動産業界は「宅地建物取引業・マンション管理業・賃貸住宅管理業」に必要な取扱い免許を取得登録している全国の法人・個人の事業者リストが対象となります。定期的に更新された不動産業界一覧リストの情報より、新規お取引でアプローチしたい業種を絞り込み効果的なDM発送が可能になります。

DM送付リスト作成方法

業種の細かい絞り込み

不動産業の中でも、更に細かい分類で業種の絞り込みをしましょう。

業種絞り込み事例

不動産取引業,不動産管理業,不動産賃貸業

送付エリアの絞り込み

エリアを絞り込むことで、業種+エリアの掛けあわせ検索が可能となり質の高い企業リストを作成できます。エリアは、市区郡レベルで絞り込みが可能です。

その他の条件で絞り込み

都道府県市区郡、資本金、代表者、本社・支店など様々な条件でリストの絞り込みが可能です。細かく絞り込むことで確度の高いターゲティングが可能です。

ディマールDMの特長

POINT01

全てオーダーメイドで完結する細かなセグメンテーション

顧客リストがなくても大丈夫。毎月更新される実態のある全国460万社へリーチ出来るように、ターゲット業界の戦闘力に応じた施策が出来るので、訴求内容に合わせたオリジナルDM送付が可能です。ご遠慮なくお申し付けください。

POINT02

お見積り~DM発送まで最短2週間で完了

条件指定リクエストから1営業日でご回答します。諸条件の合意後、お客様は指定作業場へ資材を納入するだけでOK!あとは「宛名校正・資材検品・ラベル印字・貼付・区分結束・出荷・報告書作成」をすべて行います。

POINT03

DM発送代行~オプトアウトまで安心対応

DM発送後に心配なのは苦情対応です。DM送付はプッシュ型広告ですので、送付停止の電話対応は避けられません。当社ではオプトアウト対応として、WEBと電話対応にて配達物に関するお問合せ受付を全案件対応しております。

まずはお気軽にご相談ください

料金イメージ

ダイレクトメールは「送付先リスト」が90%以上の勝敗を握っています。
客単価が高い商材ほどターゲティングの精度が求められるため、
ベースとなるターゲットのリストだけは精度が高いものでなければ意味がないと捉えています。

料金はあくまでも一例ですので、まずは一度 無料ご相談ください。

ご利用の流れ

最短2週間程度で送付リスト作成から発送までスピーディーに対応します。

  • STEP01

    まずは無料ご相談

    まずは無料ご相談からどのようなターゲットに向けてリーチ獲得したいかをお聞かせください。最短即日でご返答いたします。

    無料ご相談・問い合わせ
  • STEP02

    DM送付先リスト・
    お見積作成

    ご相談いただいた内容を元に貴社だけのDM送付先リストをお届けいたします。また、送付先リスト作成時にお見積もご確認いただけます。

  • STEP03

    ご発注

    ご提案させていただきた送付先リスト、お見積の内容でご納得いただけましたら、ご連絡いただき発注となります。

  • STEP04

    DM発送・ご報告

    DM送付先リストを元に、
    DMを発送いたします。発送が完了しましたら、発送数等をご報告いたします。

    スケジュール例

    2,000部のA4大判ハガキ発送の場合、作業場に納入後、3営業日以内に出荷いたします

    ※既存DMを利用

よくある質問

Q
DMサイズが小さいと送料は安くなりますか?
A.
ダイレクトメールのサイズが小さくてもはお安くなりません。

DM便はサイズに関係なく、発送書物の封入点数や重さで費用が変わってきます。重いほど高くなります。

Q
DMの開封率は一般的に何パーセントですか?開封率を上げる方法を教えてください。
A.
郵送DMの開封率データの参考指標として、2018年に一般社団法人日本ダイレクトメール協会が行った調査によると、 DMの開封率は約80% という結果が出ています。

開封率を上げるシンプルな仕掛けとしては、当社推奨として、「封筒から中身が見えない状態」「開封されている状態でDM送付(大判ハガキや圧着ハガキ)」が望ましいです。

2つとも異なるDM仕様ですが、開封率を上げる仕掛け媒体仕様です。

Q
ポスティング・ダイレクトメールってそもそも何ですか?
A.
実は、ポスティングとダイレクトメールの広告手法はゴールは一緒で「郵便ポスト」なんです。

そもそも何で2つの広告手段があるかと言うと、

  • 宛名がない広告媒体はポスティング
  • 宛名がある広告媒体はダイレクトメール

として分類されます。

広告手法の考え方として、広く多く人に認知させる場合には、ポスティングが適切な広告プロモーションで良くご利用されますが、無駄を省き特定の人だけに知らせる場合にはダイレクトメールが適しています。このあたりは商材によって棲み分けされています。

まずはお気軽にご相談ください