ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

バレエ教室を開く時の集客方法はネットとダイレクトメールなどの富裕層メディア媒体を駆使することが重要

バレエ教室を開く時の集客方法はネットとダイレクトメールなどの富裕層メディア媒体を駆使することが重要

バレエ教室を開く場合、バレエをやったことのある経験者でないと無理と思い込んでいる人がいる。その考えは間違っており、必ずしも経験者だから教室の運営がうまくいくとは限らないのである。重要なのはバレエ教室に多くの生徒を集めて、運営できるかどうかのノウハウを持っているかどうかなのである。 バレエは知らなくても集客方法に精通している人が経営をやり、バレエの教師を雇って生徒に教えるという分業体制の方がうまくいく事例はたくさんある。 バレエというのは芸術表現である。芸術表現と経営者的能力の2つを備えている人はそれほど多くないから、初めから分業体制で教室の運営を考えた方が望ましい。 まずバレエ教室を開く時に考えねばならないことが、対象者を決めること。 女性専用なのか男性専用なのか、それとも混合なのかを決め、次に年齢を決める。子供だけか大人も含めるのか、子供の場合は対象年齢は何歳までなのか、などをまず決めるのが大事である。 それによって集客方法が変わるからである。 またバレエを教える教師の資質にもよるので、その点は教師との相談になる。 また初心者相手にするのか中級上級者だけにするのか、両方混合で教えるのかも教師の資質によるので事前の打ち合わせが大事。 対象者や対象年齢を広げれば広げるほど教室の広さなども関係してくるので、初めてバレエ教室を開く場合はなるべく絞り込んだ態勢で始める方が対処しやすい面がある。 具体的な集客方法であるが、バレエを習わせたい家庭というのは総じて富裕層に属する。 この点を基本軸に戦略を立てる必要があり、これによって教室を開く場所が決まってくるし、チラシ媒体だけでなく富裕層メディア媒体を駆使する必要が出てくるからだ。 チラシの場合は新聞の折り込みよりも、富裕層が多く住む高層タワーマンションのポスティングが有効である。 富裕層相手のチラシは上質紙を利用した写真入りの多色刷りにするべきで、チラシ自体の高級感がないと、バレエ教室の格が下がる恐れがある。 また富裕層メディア媒体として絶対に利用するべきなのはインターネットである。 富裕層で子供にバレエを習わせたいと考えるのは主婦層である。そのような主婦層は自宅にいながらネット環境を駆使してあらゆる情報を集めている。 その情報にヒットされるように工夫することが重要である。ただ単にホームページを載せただけでは、たくさんの情報の中に埋もれてしまうことになる。 そのためには検索サイトの上位にくるようにSEO対策をするべきである。 また、富裕層メディア媒体としてダイレクトメールがある。 富裕層の多く住む高層タワーマンションの住民に向けて発想するわけであるが、これもチラシ以上に高級感を出す必要がある。 費用がかかるが、バレエは習い始めると途中でやめることなく続ける生徒がほとんどなので、費用をかけても回収できる。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド