ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

リフォーム集客のための販売促進で大事なのは、3回のマンションポスティングで情報を発信すること

リフォーム集客のための販売促進で大事なのは、3回のマンションポスティングで情報を発信すること

リフォーム会社を設立したがお客の開拓がうまくいかないという例はたくさんある。このような会社の多くが採用している販売促進方法は飛び込み営業である。この販売促進方法が効果的かどうかは、営業をかけられるお客の身になってみればわかる。

いきなり訪問を受けてリフォーム工事をすすめられても、即答できる答えはノーである。

例えリフォームが必要だと思っていても、とりあえずノーと答えるのが一般的なお客側の反応である。なぜかというと、事前情報を全く与えていないからである。事前に会社情報を多少なりとも得ていれば、お客の反応は違ったものになるはずである。

このように考えると、リフォーム集客で効果的なのはマンションポスティングということになる。リフォーム会社の名前と工事内容を知らせるという意味では効果がある。ただし1回のマンションポスティングだけでは、リフォーム集客の効果を上げることはできないのである。

マンションポスティングは少なくとも3回は必要

例えば近所でリフォーム工事を行っている場合、第1回のマンションポスティングでは工事をすることで迷惑をかけてしまうことへの挨拶である。第2回目は、工事の進捗状況を知らせる挨拶である。

この時に工事内容や他のリフォーム業者との違いなどを宣材に織り込んでおくのである。第3回目は工事完了の挨拶である。この時には、リフォーム工事の完成によってどのように素晴らしい住居ができたかを知らせることができる。

そして重要なのはリフォームへの勧誘を行うことである。第1回目のマンションポスティングで勧誘するのはタイミングが早すぎるのである。

3回の手順を踏むことによって、お客の中にリフォームの良さを植え付けることができる。

そして最後のマンションポスティングで勧誘するのである。この時にご近所に迷惑をかけたお詫びの特典をつけると、リフォーム集客の効果を発揮することができる。

できればリフォーム工事をした住宅の了解を得て、限定の見学会を開くとさらなる販売促進につなげることができる。

工事関連の集客に必要なのは目視できる現場を見学してもらうこと

一般住宅の建設でも同じ事だが、工事関連の集客に必要なのは完成イメージができる現場を見学してもらうことなのである。

見学の時に氏名と連絡先を記入してもらえば、それが重要なリフォーム集客情報になるわけである。その情報をたくさん集めることができれば、次はダイレクトメールによる販売促進ができることになる。

このようにリフォーム集客で大切なことは、販売促進の方法をたくさん持っていることである。

それと同時に、ネット上にホームページを開設しておくことは必ずやっておく必要がある。

今は簡単にネット上で情報を得られる時代なので、マンションポスティングで配布する宣材にもホームページのアドレスを載せておけば、お客の方でもリフォームする時に情報を得やすくなるのである。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド