ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

売上アップ方法である、集客チラシのマンションポスティングについて

集客チラシを作成し、ターゲットを絞ってマンションポスティングを行うという販促方法は、有益な売上アップ方法となるのである。最近では、若年層を中心として、新聞購読率の低下状況にあるので、以前に比べて新聞折り込みチラシは、有益な売上アップ方法ではなくなっている。
その点、ポストに直接投函される集客チラシは、ほぼ確実に消費者の手に渡るのである。

しかし、ただ手に渡るだけではだめなのである。ポストから取り出しても、即ゴミ箱行きとなるチラシも、少なくないのが現状なのだ。

手に取った後に読んでもらえるチラシ、対費用効果の高い集客チラシについて、ご紹介しよう。まず、デザインについては、視覚的効果を狙おう。

色使いや文字などが見やすいということに加えて、ぱっと見ただけで何のお店なのか、何の商品の紹介なのかといったことが、わかるデザインにするのが、正しい集客チラシなのである。

消費者がポストから取り出した時に、興味をひくチラシにするというのも、売上アップ方法としては重要なポイントとなる。

具体的には、配布チラシにクーポンやノベルティーをつけたり、割引き表示を目立つようにレイアウトし、興味を引く内容にするという方法なのである。

配布するのはチラシに限ったことではなく、ポストに入るサイズのものであれば、パンフレットなどの紙製の広告媒体のほか、ティッシュやマグネットなどもポスティングすることができるのである。

さらに、マンションポスティングを行う際に重要なポイントは、チラシをうつタイミングも挙げられる。例えば、ショップのオープンセールなどのチラシは、早すぎても遅すぎてもチラシの反響に影響がでる。配布するタイミングの見極めは大切なのである。

また、マンションポスティングで、特に反響のでやすい業種については、飲食店やデリバリー全般、エステなどの美容関係、カルチャークラブや習い事、学習塾、クリーニングなどが挙げられる。

また、賃貸マンションの場合には不動産関係、分譲マンションの場合にはリフォーム関係のチラシのポスティングが、対費用効果が大きいのが現状なのである。

公序良俗に反するようなチラシ広告、さらに消費者に悪影響を及ぼしそうな内容のチラシ広告でなければ、ポスティングすることは可能なのである。

ポスティングをする配布先の決め方としては、新規店舗の場合には、その店を中心として円周上に配布するというやり方が一般的となる。

また、通信販売などの実店舗を持たない場合には、その商品に合った見込みエリアが配布先となるのである。

どちらの場合にも、エリア内にあるマンションへのポスティングであれば、集合ポストという性質上、戸建てのポスティングとは異なり、一カ所でチラシ広告を大量に消費することができるというメリットがある。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド