ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

チラシ集客を狙うのであれば、ターゲットと商圏分析を行ったうえで、キャンペーンのネタなどを利用し目玉商品を作る

チラシ集客を狙うのであれば、ターゲットと商圏分析を行ったうえで、キャンペーンのネタなどを利用し目玉商品を作る

チラシ集客は昔から行われている販促活動の一つである

販促チラシを打てば集客力が必ずアップするとは限らなく、ターゲット展開を行う必要が現代のチラシ集客のコツである。

結果キャンペーンのネタなどを展開し訴求性の高いチラシを作成することが重要なのである。

ターゲットの前に必要なのが目的である。何を訴求したいのか不明なチラシは現在でも存在する。

しかしそれではユーザの目に留まることはなく意味のない広告になる。

したがって売りたいのか、問い合わせしてほしいのか、店に来てほしいのかなど目的をしっかりと明確にしたうえでのチラシ作成を心がける必要がある。

チラシ集客を狙うのであれば、次はターゲットを考えるのであるが、店の商圏を超越するターゲットは効果が薄くなる

自動車圏内なのか徒歩圏内なのかしっかりと商圏を確保した上でターゲットを絞る活動を行う必要がある。

同じ商圏内でも女性なのか、男性なのか、家族世帯なのか、マンション住民なのか、商品構成によってターゲットは変わる。

スーパーの安売りを目的としたチラシが高級住宅街の住民に効果がでにくいのが一例である。

新聞折り込みチラシを利用する場合、大きなエリアのくくりでチラシを入れるエリアを指定することができることを利用するため、あらかじめ、どのエリアにどういった層の住民が存在するのかをマーケティングしておく必要が重要である。

商圏とともにターゲットを限定した範囲を絞ることができれば、後はそこに効果的なチラシを展開するのみとなる。

チラシのレイアウトもポイントの一つ

ありきたりのレイアウトを活用したチラシはユーザの目に留まりにくい。

キャンペーンのネタを利用するなど何の商品が今回の目玉なのかをしっかり訴求させる必要がある。

ほかのスペースはその周囲の宣伝であり、最も売りたい商品が売れるレイアウトであれば、それが一番の効果につながる。

チラシ掲載の商品すべてが売れる必要はなく、後は店舗に来店したときに行う販促活動に引き継ぐのが理想である。

あくまでもチラシの用途は客を来店させることにあることを忘れてはならない。

目玉商品に価格や時間の制限を付けるのも効果的

これがキャンペーンのネタになるのであるが、時間限定で半額などキャンペーンを行うことで来店率を高めることができるのである。

もちろんその商圏のターゲットが来店できる環境にある時間帯などを設定することが最低条件となるが、瞬発的な効果を示すことができる方法である。

そして最後に販促活動の成果を分析することである。

この手法で行った効果がどの程度出たのかを分析することで次回の販促活動につなげることができ、繰り返すことでより強固な販促システムが構築される。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド