豊富な実績のご紹介
ポスティング実績紹介

VOICE

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

高級老人ホーム集客方法なら、流通物件から高齢者とジュニア層を特定してチラシプロモーションする方法

配布部数
40000部
反響率
0.08%
シニア層の集客方法なら、流通物件から高齢者とジュニア層を特定してチラシプロモーションする方法

有料老人ホームのチラシ集客は顧客マッチングの接触率が反響率のカギ

古くは江戸時代から続いているチラシ広告は、IT化が進行している現代でも、有効的な販促プロモーションツールとして多くの企業で活用されています。さらに驚くべきことでもありますが、チラシ広告やダイレクトメールという「リアルメディア広告」は、歴史を重ねる毎に需要が右肩上がり伸びているくらい、チラシ市場の広告戦略では欠かせないポジショニングです。

また、IT進化により顧客マッチング率が高まり提供する商品サービスによっては、インターネット広告のほうが有効的なプロモーションが販促結果として適切な場合も多々あります。これは「WEB vs チラシ」の考え方ではなく、企業が提供している商品サービスに対して、反響レスポンス率が高いメディアが、顧客マッチング率が最も高いという重要な指標になります。シニア層のチラシ集客は顧客マッチングの接触率が反響率のカギ

ここで、広告戦略において効果的な広告媒体の特徴について詳細に分解してお伝えします。

反響が多い広告媒体と反響が少ない広告媒体の大きな違い

一般的には広告料金が高いほど、広告効果が高く自社に優良顧客を促してくれると感じることができますが、実際のところはそうでもありません。恐らく多くの広告担当者は感じられていることかと思います。

反響が多い広告媒体と反響が少ない広告媒体の大きな違い

Yahooのトップページバナーに掲載すれば多くのトラフィックを手に入れることが出来ますが、多くの広告担当者は費用対効果を見ると厳しい判断をすることになるでしょう。(メジャー企業以外は、そうそう出稿する企業が少ないと思いますが。)

では、「反響が多く獲得できる広告媒体ってどうゆうの?」と、分解すると「あなたの商品サービスが広告媒体メディアのお客様にとって求めている潜在顧客の比率が高い」という結果なのです。特別なことは無く、お見合いと一緒で潜在顧客層とのマッチング率が極めて高いから、「欲している層にリーチしている=反響UP」の方程式なのです。

逆に、反響が少ない広告媒体(広告手法)などは、そもそも「潜在顧客へ届いていない」のほうが問題定義したほうが改善が早いのです。

富裕層向け高級ケアホーム集客のシニア向けプロモーション方法

高齢者ビジネスにおいて、各社色々な思考から広告戦略を実施しておりますが具体的な定義のもとに広告プロモーションしている企業は少ないかと思います。そこで、都内で初期費用が高額な高級ケアホーム集客方法ですが、

空室率が少なく居住住宅の現在価値から選定できる

まずは、ターゲット層を選定で、当社では持家マンション」を最優先で条件設定をします。

何故なら、”空室率が少なく居住住宅の現在価値から選定してセグメンテーションできる”からです。賃貸住宅や戸建てもターゲット層ではありますが、集客プロモーションでは、予算内で切り分けて顧客リーチ率が高いほうを優先的に分析をすることが成功への圧倒的な近道なのです。

有料老人ホーム入居者獲得向けチラシ集客のGISマーケティングMAP(参考)

空室率が少なく居住住宅の現在価値から選定してセグメンテーションできる

具体的には、竣工年度1980年~2017年度の中で、切り分けて現在価値から〇〇〇〇を選定した条件に該当するマンションにのみ、広告媒体をお届けすることで、今まで以上の優良潜在顧客を釣り上げることが可能になります。

また、ケアホームの当該地周辺エリアには戸建て配布も近隣認知の促進として広告メニューに加えて起きましょう。

(詳細はお問い合わせください)

有料老人ホーム集客の広告プロモーションにおいての重要指標は、チラシ反響率も重要ですが圧倒的に契約率のほうが重要な指標です。レスポンス数が多く取れても、客寄せパンダのような状況にならないようにするためには、居住者が契約できる資産を持っている、事前の集客マーケティングが無ければチラシポスティング実施後に期待外れな結果が出やすくなり、複数回プロモーションを実施しても変化が感じられない状況となるでしょう。

反響率の高いチラシ広告の媒体仕様は?

高額商材の反響率で高い広告媒体仕様と言えば、「ペラもの」チラシ広告でのケースは、もの凄く少ないです。

反響率の高いチラシ広告の媒体仕様は?

反響率の高い=オリジナル」の費用対効果を考慮すると、通常のチラシポスティングの概念からは違った指標分析から一定の結論を導きだすことが重要になるからです。そもそもあなたが、ポストを開けてチラシが複数入っていて、A4、B4(二つ折り)、いつもと違う特殊形状だった場合どう感じますか?

あなたが感じたことが媒体仕様の答えです

もう答えは出てるかもしれませんね。

さらに想像してください。ポストを開けてチラシが複数入っていて、A4、B4(二つ折り)サイズで、一つだけA4サイズあっただけど、ハガキくらいの厚紙だったら、どう感じますか?

あ!って感じたらOKです。

もう思考のギアを上げてもらって、

ポストを開けてチラシが複数入っていて、A4、B4(二つ折り)サイズで、一つだけA4サイズハガキくらいの厚紙あったんだけけど、保存性の高い角2封筒がポスティングされていたらどう感じますか?

なるほど!って感じたらOKです。答えはそうゆうことなのです。

ここで重要なのは、ポストを開封されたあとの広告媒体プレゼン力のみが、家の中まで運ばれ反響を勝ち取れるのです。

※予算を投下できるのであれば、厚みある仕様が望ましいですが、A4チラシでも媒体ビジュアルと内容が良ければ十分レスポンス率が期待できますが、広告商品が高額なほど、見た目が重要です。

マンションポストからチラシ広告や書物を取り出す習慣を思考して媒体仕様を選定

皆さんは、毎日ポストから書物を取り出す際に、きっと「チラシ広告・郵便物(ハガキ)・公共物・不在票」などがあるかと思います。地域によっては、チラシ広告はたくさん郵便ポストに入っているかもしれません。

マンションポストからチラシ広告や書物を取り出す習慣を思考して媒体仕様を選定する

思い浮かべてほしいのですが、ポストからたくさんの書物類を取り出した時に、ドアを開ける前にチラシ広告などを”仕分け”してませんか?

マンションであれば、チラシ専用ゴミ箱など設置されている住宅も多くありますので、「必ず仕分け作業が発生」しています。毎日居住者が郵便ポストからチラシ広告の仕分け作業をしていますので、どのように広告主様の広告を居住者住居までもっていかせるか、もしくは捨てられない仕掛けが、勝負の分かれ道になります。

先ほど、「反響率の高いチラシ広告の媒体仕様は?」でお伝えした通り、ペラものでチラシ効果が見込めなかった場合には新たな工夫が必要になるのです。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド