ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

【保存版】ポスティングの集客方法においての鉄板プロモーション戦略

【保存版】ポスティングの集客方法においての鉄板プロモーション戦略

「負のスパイラル」にハマりやすい企業の典型的なパターン

ポスティングの集客方法において、広告戦略のプロモーション戦略を策定する際に、重要かつ鉄板の思考法とゴール設定をスマートにする仕組化を紹介する。

どんな業種でも基本的なプロモーション手法でマーケティングしながらPDCAを回して効果測定を行うことでCV数を向上させようとするが、そもそも「自社の狙っているマーケット市場はどれくらい?」を認識している企業はどれくらいいるだろうか?

結構なイジワルな質問ですが、相当重要な部分であり、広告予算の策定においても狙うマーケット市場を把握していないと、「とりあえずやってみてブラッシュアップしていこう」的なサイクルになりやすい。

これが、最も「負のスパイラル」にハマりやすい企業の分かりやすい事例の一つだ。

売上げアップの秘訣は自社のマーケット市場を知る

自社商品のマーケット市場を知ることで、「市場・自社・競合」の3つが明確になり、商品自体のポジショニングや売上伸び率の試算も可能となる。

つまり市場規模がわかれば競合他社の広告予算やプロモーション手法・戦略なども調査できるようになるので、差別化が図りやすいのである。

ネット市場のオンライン市場からポスティングのオフライン市場でもリーチ可能市場が想定できることから、どのように網羅性を高めてリーチするかが課題となる。

また、地域性や広告戦略によって反響率が変動するので、広く浅くテストマーケティングしながら実績値を積み重ねて包括的な方向に広告宣伝の戦略策定が理想的である。

マーケット市場規模をどのように見るのか

改めて広告宣伝の目的を明確にしよう。「お客様の目的はたった一つです。売上げをあげること。」この目的達成に向けて広告担当者は日々奮闘しているが、どうしても実務的にイシューからズレやすい。

だからこそ目的のゴールに向かうだめのPDCAのような良いサイクルを明確にすることが重要なのである。

マーケット市場を見るには、いくつか方法がある。

一つ目は、Googleのキーワードツールで自社商品に関するキーワードが世の中で検索されているニーズがあるのか?また、競合他社製品の認知度はどうなのか?を確認しよう。このあたりでおおよそ傾向が見える。次に該当キーワードで関連ワードを見よう。市場に一般的に認知されていればWebからの集客戦略も有効的だと判断できる指標が明確になる。

二つ目は、国勢調査データで、リーチしたいターゲット層の世帯数を把握しよう。特に店舗を構えているような業種は必須と言える。例えば都心の主要エリアに複数展開しているような場合、どこから来店されるかなど、必ず理由があるからだ。

三つ目は、自社の商品は「不特定多数の部量が優先」「特定多数の質量が優先」なのか明確にしよう。

不特定多数の場合は予算内で多くの告知をWeb広告・ポスティングなどで広告宣伝すれば、それなりに成果が出せるであろう。

ところが特定多数でない場合には話が全く異なり、この違いに気が付くかどうかで売上指標が大きく左右するのだ。

プロモーション戦略ならダイレクトマーケティングの集客方法

集客する顧客を特定しないとならない業種は、一般的な軒並み配布では新規獲得できない。分かり切っているが、仮に何かしら集客できても契約までの歩留まりが極めて低いだろう。このあたりは広告宣伝の担当者なら耳が痛い話である。

代表的な業種としては「フィットネス・不動産・ペット・ハウスクリーニング・金融商品・教室・高齢者ビジネス・富裕層」などが、ざっと上がってくる。これらの商材は特定したマンションへポスティングすることが、間違いなく軒並み配布より、今までにない反響率を獲得できる。

理由は、ここであ明確な情報公開しないがしっかりとした裏付けがある。

ポスティングの反響率アップを狙う場合、「ターゲット顧客リーチ率=反響率アップ」が理想の販売促進ではあるが、集客ターゲットをGISポスティングのように比率が高めの丁目優先でチラシ配布しても、商品が高額になればなるほど反響率が低くなるのである。このあたりは広告担当者としては頭が痛いのではないだろうか。

当社が推奨する集客方法として、市場規模の把握で簡単な方法がある。それは全国のマンションを顧客リストと捉えて市場規模を把握する方法である。マンションはそれぞれ単身者用のマンションから2人世帯用、3人世帯用のファミリーマンションまで分かれている。それぞれをマンションごとに相場を組み合わせることで、ダイレクトマーケティングの視点で市場規模の把握が簡単にできる。

例えば、

リフォーム会社が新規集客の広告展開をするときに、「全国の分譲マンションで築20~30年の集合住宅が最初から全てどこにあるか分かっている」と過程したら、どうだろうか?ポスティング特有の視点から、集合住宅に限定して市場規模を把握するとオフラインマーケティングにおいては整理しやすいのである。

保険の集客においては、「ファミリー世帯と竣工年(居住開始)が想定できるから新生児の年齢もおおよそ分かる」としたらどうだろうか?

スポーツクラブの集客方法においては、「マンションに居住している世帯収入が推計値で分かる」となったらどうだろうか?

都心部でオフィス側のためポスティングでリーチしにくいですが「都心部のマンションが全て分かる」と言ったらどうだろうか?

 

広告費の費用対効果とリーチ単価を考察

詳しくはポスティングサービスの一覧で公開しているので、広告戦略の考え方について参考にしてほしい。

いかに簡単にお客様が見つけられることが認識できるハズである。ポスティングはマクロ的な視点でプロモーションも可能だが、ダイレクトマーケティングの視点でDM以上の効果を出すことも可能である。

PPC広告においても検索キーワードで、お客様を想定しているならば、マンションポスティングと言うダイレクトプロモーションでもっと安価にリーチできるのです。

だからこそ、どこよりも圧倒的な成果が出せるし、ビジネスも成功すると考えています。

あなたの顧客リーチ単価はおいくらでしょうか?

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド