ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

広告表現における基礎知識、3つの表現方法は、見た人へ強く訴える内容である

広告表現における基礎知識、3つの表現方法は、見た人へ強く訴える内容である

チラシ広告は、企業やその他利用する側にとって、情報の通知や、商品を購入してもらい、売上に繋げる役目をもっているものである。方法によっては、企業の宣伝効果も高いため、認知度が高くなる方法には、費用も比例して高くなるなどの傾向をもっているのである。

広告表現の基礎知識には、3つの表現方法を活用すると、その効果を期待できる重要ポイントを公開する。

一つ目は、目立つチラシ広告が効果を高くするといえる。

広告は、目立つ事によって、人にも認知してもらえる事になる。

認知してもらいたい内容が、企業名であったり、企業の活動内容などの場合で、いずれの場合にも、独立して目立つもの、あるいは他社と比較して目立つ事によって、認知してもらえる効果が高くなるのである。

認知してもらえるという事は、引いては、口コミなどで、情報が勝手に拡散していく可能性なども秘めている事になるのである。まずは目立つ事で、目にした人の印象に留まる事が必要なのである。

チラシ広告を利用する企業、店舗などは、その数も非常に多く、そのために、似通ったものが存在しているのも否めないところである。

二つ目は、印象に残るチラシ広告である必要性に着目できる。

世の中を見渡すと、広告は数多存在しており、見た人が情報をピックアップしても、その情報が印象として残る必要があるのである。

印象に残らない内容は、たとえ目立った広告であっても、それを利用する、あるいは購入するまでには至らない可能性を有しているといえる。

確実に情報が利用に繋がるには、一人一人の印象に残る必要があるのである。

印象に残る広告表現として、例えば3Dなどの飛び出すタイプのものなどがある。これは視覚的な効果があると同時に、二度見をしてしまったり、サブリミナル効果に繋がる可能性を有している方法でもある。

広告が、テレビ媒体などを利用した場合には、最後に関連の全くない画面を一瞬表示する事により、それが印象に残る効果に繋がるのである。印象に残る方法は、効果の見込める専門的な方法も存在しているため、調査・分析しながら利用するのも、手段の一つである。

三つ目は、わかり易い事が重要なポイントになる。

単純であっても、見て直ぐにわかる、理解ができる内容は、見た人の必要性に直結する事になるのである。

見てすぐにわかるのは、イメージに繋がり易いともいえるのである。

こどもがチラシ広告を目にした時にも、わかり易い内容の場合には、感想が口にのって広まる可能性もあるのである。

広告は、宣伝を兼ねているのも重要なポイントであり、実際の利用にも繋がるものになるといえるのである。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド