ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

有益な広告媒体である、ポスティングと新聞折り込みの違いについて

有益な広告媒体である、ポスティングと新聞折り込みの違いについて

急速なIT化が進み、インターネットが普及した現代において、定期新聞購読をする世帯は減少傾向にある。特に、20代~40代の若い世代では、その傾向が顕著となっているのである。ゆえに、新聞折り込み広告も、以前と比べると反響力がなくなってきている。ただし、指定の宣伝希望日に、一斉折り込みすることができる広告媒体となる。

新聞折り込みとポスティングの違い

新聞折り込みとポスティングの違いについては、新聞折り込み広告が、新聞購読者にしか届かないのに対して、ポスティングのチラシ広告は、新聞購読に関係なく、各世帯のポストに、直接投函することができるという点が挙げられる。

また、新聞折り込みでは不可能なチラシ以外の試供品などを、配布することもできるという点が違いとして挙げられるのである。さらに、ポスティングであれば、ターゲットを絞り込んで配布することも可能であり、柔軟性という点でも違いがある。

インターネット広告も有益な宣伝媒体

前述したように、インターネットが普及した現代においては、インターネット広告も有益な宣伝媒体となっている。ただし、新聞折り込み広告が、新聞購読者にしか届かないのと同様に、ネット利用者にしか宣伝することができない、宣伝媒体となる。また、どうしても、高年齢層への反響力は低くなる宣伝媒体なのである。

その点ポスティングであれば、ターゲットとなるエリアや年齢層の方へ、直接宣伝することが可能な宣伝媒体となる。ゆえに、より多くの反響を期待することができるのである。

若い人の定期新聞購読率が、減少傾向

特に若い人の定期新聞購読率が、減少傾向にあるがゆえに、新聞折り込み広告のおもなターゲットは、主婦や高齢者となる。エリアを指定して、折り込み広告を入れることも可能なのである。ただし、マンション配布や戸建て配布といった、物件指定は不可能なのである。

一方のポスティングは、各世帯のポストに配布するので、単身者や若い人もターゲットとなる。また、新聞折り込み広告よりもさらに細かく、丁目単位で配布エリアを指定することができるし、物件指定も可能なのである。

ポスティングも新聞折り込みも、有益な広告媒体のひとつ

ポスティングも新聞折り込みも、有益な広告媒体のひとつであり、予算やそのチラシを見せたいターゲット、チラシの内容などによって、選択することをおすすめする。両者に共通していえることは、一度きりではなく継続して、二度、三度と広告を入れるということなのである。

実際に、ポスティングでは、一度の投函で効果を実感することは少ない。何回もチラシを目にすることによって、名前を覚えてもらうことができる。また、何回も広告を目にすると、何回も広告を入れられる安心・安全な会社などと認識してもらうことができるのである。手に取ってもらい、まずは知ってもうことから始まり、興味をもってもらうことによって、集客力アップにつながるのである。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド